ベストアルバム 田原俊彦に関するニュース

「引きこもり廃人」「健康器具収集癖」中森明菜、復活報道に隠された“奇行”私生活とは?

サイゾーウーマン / 2014年11月12日13時00分

先日は8月リリースの2枚のベストアルバムが25万枚の売り上げを突破したこと、また11日発売の「女性自身」(光文社)と「週刊女性」(主婦と生活社)は、そろって明菜の近況を報じた。特に「週女」では、年内にも神奈川・横浜で復活コンサートを行うのではとしているが――。 「明菜が表舞台から姿を消してから、すでに4年以上になります。しかしベストアルバムのヒットを受けて [全文を読む]

田原俊彦がメジャー復帰できたのは宇多田ヒカルのおかげ?

アサ芸プラス / 2017年03月05日17時59分

宇多田が移籍したのは、ユニバーサルが宇多田に相談せずにベストアルバムをリリースしたから。これに宇多田は激怒し、自身のブログに『そのbestは買う必要はないよ、と言いたい』とまで書きつづったほど。会社として稼ぐ方法を考えることは大事ですが、行き過ぎはいけません」(音楽プロデューサー) 田原は宇多田に対して感謝すべきなのかもしれない。 [全文を読む]

SMAP解散騒動 独立で芸能界を「干される」のは本当か?

NEWSポストセブン / 2016年01月20日07時00分

また独立直後にデビュー15周年記念のベストアルバムを発売した頃には、『夜もヒッパレ一生けんめい。』(日本テレビ系)『ドリフ大爆笑』(フジテレビ系)など多くの有名番組に出演しています。“干される”と簡単に一言で言われますが、中居ら4人が独立したからといって、テレビから全く消えるとは考えられないのではないでしょうか」 では、田原ら“先人たち”が芸能界で苦労した [全文を読む]

本人不在でも人気健在! 中森明菜、ベストアルバム大ヒットで注目される「復活」の可能性

メンズサイゾー / 2014年09月14日12時00分

しかし、本人が休業中ということもあって今回のベストアルバムは派手なプロモーションがなかった。 だがアルバムのバカ売れを受けて、レコード会社は宣伝体制を急遽変更。発売から2週間を過ぎてから新聞に全面広告を入れ、さらに発売から約1カ月後の9月10日の朝日新聞朝刊にもカラーの1面広告を打つなど、遅まきながら本腰を入れてきた状況だ。 こうなってくると、がぜん気にな [全文を読む]

アルバムヒットの中森明菜にテレビ各局から“復帰オファー”が殺到中! 田原俊彦と共演も!?

日刊サイゾー / 2014年08月14日11時00分

また、ベストアルバムとカバーアルバムの同時トップ10入りは、“花の82年組”で同期の小泉今日子が88年12月26日付で、ベスト『Best of Kyong King』(7位)、カバー『ナツメロ』(10位)で記録して以来、25年8カ月ぶりとなります。まさに快挙ずくめで、往年の歌姫の底力を見せつけた格好です」(スポーツ紙記者) 現在、体調不良のため2010年1 [全文を読む]

フォーカス