シングル 田原俊彦に関するニュース

謎の男3人が田原俊彦&KinKi Kids堂本剛(&まれに忍者)愛を語る

ソーシャルトレンドニュース / 2016年06月17日16時56分

神田:アイ・アム・忍者マン!(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)■詳細2016/06/19 Sunシエ藤×霜田明寛×神田桂一「田原俊彦&KinKi Kids堂本剛(&まれに忍者)を語る謎のライターたち」リンク:詳細・お申し込みはこちらから(下北沢B&Bサイト)時間:15:00~17:00 (14:30開場)場所:本屋B&B 世田谷区北沢2-12-4 第 [全文を読む]

再ブレイクの兆しの田原俊彦 最近「踊りにキレが出てきた」

NEWSポストセブン / 2012年07月01日16時00分

歌手・田原俊彦(51)の新曲『Mr. BIG』が、7月2日付のオリコン週間シングルランキングで26位に初登場。田原のトップ30入りは、ジャニーズ事務所所属でのラストシングルとなった『KISSで女は薔薇になる』以来、約19年ぶりだ。 『KISSで~』は、現在のところ田原最後の連続主演ドラマとなっている『愛してるよ!』(テレビ朝日系。1993年放映)のエンディ [全文を読む]

キング・カズ 田原俊彦のファン以外知らない曲も全て歌える

NEWSポストセブン / 2012年06月27日07時00分

トシちゃんが独立後に発売したシングルも、カズさんはすべて歌えるはずですよ。コンサートやディナーショーで、ファンじゃないと絶対に知らない曲を、ステージに上がって歌うこともありますからね」(ファンの一人) 現役最年長でひたすらボールを追い続ける、45歳の三浦知良。どんな苦境に置かれてもステージにこだわり続ける、51歳の田原俊彦。頂点を極めた者にしかわからない境 [全文を読む]

田原俊彦、68枚目のシングル「Mr.BIG」発売記念イベントを開催

リッスンジャパン / 2012年06月13日14時00分

6月20日に68枚目のシングル「Mr.BIG」をリリースする田原俊彦が、発売日当日の6月20日に恵比寿・LIQUIDROOMにてリリースイベント『TOSHIHIKO TAHARA Single「Mr. BIG」Release Live』を開催する。田原俊彦 - アーティスト情報デビュー曲「哀愁デイト」から数えて68枚目となる今回のシングルは、作詞に氣志團の [全文を読む]

『金八』脚本家もエール 田原俊彦の俳優復帰はあるか?

NEWSポストセブン / 2016年11月09日07時00分

「歌手としてヒット曲を出したい、という田原の気持ちは独立後も毎年シングルを発売し、ライブやディナーショーを欠かさなかったことからもよく伝わってくる。しかし、ヒット曲を出したいなら、ドラマでメディア露出を増やすことは必ずプラスになる。そんなことは田原自身が重々わかっているはずですが…」(同前) 自身のシングルの売上が10万枚を割った1986年、田原は映画『 [全文を読む]

田原俊彦と近藤真彦の共演可能性 「あるとすれば2014年か」

NEWSポストセブン / 2012年07月11日16時00分

たのきん名義でシングルを出したことこそないものの、『ハインティーンブギ』『グッドラックLOVE』などの“たのきん映画”やバラエティ番組『たのきん全力投球!』などで、ともに活動。1983年8月に大阪球場で行なわれた『たのきん3球コンサート』をもって、たのきんとしての活動は終了した。 その後も、田原俊彦と近藤真彦は、たびたび『ザ・ベストテン』(TBS系)など [全文を読む]

赤西仁がジャニーズ独立してもオリコン2位獲得 2つの考察

NEWSポストセブン / 2014年08月27日11時00分

赤西仁のジャニーズ事務所独立後初のシングル『Good Time』が、2014年8月18日付の週間オリコンランキングで2位を獲得。上々の滑り出しを見せた。2月末にジャニーズ事務所との契約が切れ、そのまま退社していた赤西は、大きな後ろ盾を失ったが、まずはそれなりの結果を残したといえる。 そもそも、なぜ赤西はジャニーズ事務所から独立したのだろうか。芸能関係者が語 [全文を読む]

田原俊彦の楽曲に新鋭作家を起用したジャニー喜多川氏の慧眼

NEWSポストセブン / 2014年07月09日16時00分

歌手・田原俊彦(53)の新曲『LOVE&DREAM feat.SKY-HI/Bonita』が、7月2日のオリコン週間シングルチャートで30位に入った。わずか数年前まで、新曲がいずれも100位圏外だったことを考えれば、最近の躍進ぶりは復活を印象付けるものとなっている。そして、8月6日には、デビュー35周年を記念し、全シングル・コンプリート・ベスト・アルバム『 [全文を読む]

田原俊彦、11年ぶりにメジャー復帰の陰で囁かれる元SMAPメンバーの移籍問題

アサ芸プラス / 2017年03月04日09時59分

6月21日にユニバーサルミュージックから、シングルを発表して11年ぶりにメジャーレーベルに復帰する事が決まった田原俊彦。2006年に発表したシングル「ジラシテ果実」以来のメジャーレーベル復帰に、注目が集まっている。「今年でデビュー38周年。8月下旬から10月下旬にかけて全国ツアーも予定しています。再来年のデビュー40年に向けて、懐かしいヒット曲をセルフカバ [全文を読む]

田原俊彦が22年ぶりの快挙達成 全国各地に潜在的ファン多数

NEWSポストセブン / 2015年11月23日16時00分

田原のシングルが4作連続で30位以内に入るのはジャニーズ事務所独立以降初めてのことで、1992年の『思い出に負けない』、『雨が叫んでいる』、1993年『ダンシング・ビースト』、『KISSで女は薔薇になる』以来22年ぶり。当時の田原は毎年ドラマに主演し、CMに何本も出演するなど押しも押されもせぬ超トップスターだった。 自身初のウェディングソングとなった新曲は [全文を読む]

元CHA-CHA木野正人 ジャニーズ合宿所での田原俊彦の思い出

NEWSポストセブン / 2014年08月17日16時00分

田原俊彦が8月2、3日に品川ステラボールで、デビュー35周年記念の『ALL SINGLE’S LIVE』を行ない、2日間で、全シングル69曲を熱唱した。ライブ初日、『抱きしめてTONIGHT』のイントロが流れ、暗転した舞台にライトが当たると、会場から大歓声が上がった。元CHA-CHAで、田原のバックダンサーや振付師を長年にわたり務めていた木野正人(45)が [全文を読む]

田原俊彦35周年ライブ 過去の映像にファン歓喜で田原苦笑い

NEWSポストセブン / 2014年08月14日07時00分

デビュー35周年を迎えた歌手・田原俊彦が8月2、3日に品川ステラボールで、『ALL SINGLE’S LIVE』を行ない、デビュー曲『哀愁でいと』から最新曲『LOVE&DREAM feat. SKY-HI / Bonita』まで、シングル全69曲を2日間ですべて熱唱した。 スペシャルイベントならではの憎い演出も、際立っていた。初日はシングル発売順で奇数曲を [全文を読む]

田原俊彦が「行方不明」と冗談めかす「のおちん」の復活は?

NEWSポストセブン / 2014年07月05日07時00分

6月24日に東京・お台場のZepp Tokyoで行なったスペシャルライブでは、『抱きしめてTONIGHT』『ハッとして!Good』『悲しみ2ヤング』『原宿キッス』など17曲中15曲がシングルという豪華な構成だったが、盛り上がったのは歌だけではない。ライブのMCで、田原はジャニーズ事務所所属時代のバックダンサーについて触れた。 「“のおちん”も腰痛めちゃって [全文を読む]

53歳でも現役! デビュー35周年に突入した“プレイボーイ”田原俊彦がノリノリで下ネタ連発!

週プレNEWS / 2014年06月25日06時00分

『ハッとして!Good』『悲しみ2ヤング』『抱きしめてTonight』など往年の大ヒットソングから、25日に発売される両A面シングル『LOVE&DREAM feat.SKY-HI』『Bonita』まで、全17曲のライブを行なった。 1980年に『哀愁でいと』でデビューしたトシちゃん。53歳になった現在も“プレイボーイ”ぶりは健在だった。 ライブ前に行なわれ [全文を読む]

田原俊彦の新たな魅力、阿木燿子氏が16年ぶりに引き出すか

NEWSポストセブン / 2017年05月28日16時00分

1986年、阿久悠氏とのコンビでシングル『ベルエポックによろしく』『あッ』、アルバム『目で殺す』を担当。デビュー以来、『あはははは!』と明るく笑うイメージの強かった田原から『男らしさ』という新たな一面を引き出しました」 曲は大ヒットこそしなかったが、田原は翌1987年に雑誌『an・an』で「寝たい男」調査の1位に輝き、ドラマ『ラジオびんびん物語』で初めての [全文を読む]

ユニークな選曲や行進曲のイメージじゃない曲も!? センバツ高校野球 入場行進曲の歴史

日本タレント名鑑 / 2017年03月17日08時55分

1986年(58回)の岩崎良美さんの『青春』は、ヒットシングル『愛がひとりぼっち』のカップリングで、高校野球を扱ったアニメ『タッチ』のエンディングテーマとなっていました。1990年(62回)の相川恵里さんの『約束』はこの年大阪で開催された『国際花と緑の博覧会』のテーマソングでした。ちなみにこの曲は相川さんにとってのラストシングルでした。 ゴダイゴ、SPE [全文を読む]

田原俊彦がメジャー復帰できたのは宇多田ヒカルのおかげ?

アサ芸プラス / 2017年03月05日17時59分

今年の同日にユニバーサルミュージックからシングルをリリースすることになった。「ユニバーサルミュージックは、昨年3月にKAT‐TUNを脱退し、ジャニーズ事務所を退社した田口淳之介とも2年間の専属契約を結んだばかり。実はユニバーサルミュージックにはジャニーズタレントが誰も所属していない貴重なレコード会社なので『元ジャニーズ』が所属するにはうってつけなんですが、 [全文を読む]

田原俊彦…元ジャニたちの「辞めて正解」

NewsCafe / 2017年03月05日07時00分

今月は12日に『スカパー!音楽祭2017』(スカパー!)に生出演しますし、25日にはBS12で密着ドキュメンタリーも放送されるなど、準備も着々です」 ユニバーサルミュージックは、やはりジャニーズの元タレント、田原俊彦(56)を6月にニューシングルでメジャー復帰させることで話題を呼んでいる。 「田原の方は、シングル発売までにイベントや握手会を開催したり、夏か [全文を読む]

田原俊彦「電話ください」中森明菜に呼びかける

日刊大衆 / 2017年03月03日12時05分

「80年代、ともにトップアイドルとして活躍していた田原俊彦と中森明菜ですが、田原は今年、11年ぶりにメジャーレーベルからシングルを発売することを発表。中森も昨年、7年ぶりにステージに立ちました。やはりお互いに意識するところがあるんでしょうね」(芸能誌記者)――二人の共演が見たい! [全文を読む]

田原俊彦、聖子、明菜が同レーベルに、夢の共演実現するか

NEWSポストセブン / 2017年02月28日16時00分

『哀愁でいと』でデビューしてからちょうど37年が経つ今年6月21日、ユニバーサルミュージックからシングルを発売することになった。 デビュー時からポニーキャニオンの看板として活躍してきた田原は1997年11月21日、マークパンサー作詞の『EASY…LOVE ME…』でガウスエンタテインメント移籍第1弾を発表。その後、インディーズと行き来していたが、今回は20 [全文を読む]

フォーカス