芸者 祇園に関するニュース

“スタジオ芸者”に注意…海外メディアが解説する京都の芸者事情

NewSphere / 2014年07月22日11時49分

日本の芸者は、「Geisha」という英単語があるほど、世界的に有名な日本文化の一つである。しかし、1928年の8万人をピークとしてその後は減り続け、現在は1000人程度であるという(中国CCTV)。 【京都の芸者】 豪デイリー・テレグラフ紙は、“日本一誇り高い”京都・祇園の芸者について紹介している。 京都の芸者は、新米のころは舞妓と呼ばれる。少なくとも5年 [全文を読む]

モルガン財閥の大富豪に惚れられた「日本人女性」波乱の半生

まぐまぐニュース! / 2016年06月23日19時45分

黄色人種の日本人芸者を妻にして帰国したジョージに対してアメリカ社交界が交際を拒否したのです。当時アメリカでは移民の受け入れを規制していて特に日本からの受け入れを厳しくしていました。そのことによって日本ではその当時のアメリカの移民法を排日移民法と呼んでいました。 2人はアメリカで生活することを諦めて、ヨーロッパに向いました。やっとパリで2人が自由な生活を得た [全文を読む]

泣ける京都の桜物語。京で愛される桜に隠された5つの感動エピソード

まぐまぐニュース! / 2016年03月17日19時00分

京都では夜な夜な毎晩のように祇園に通い芸者遊びに興じていたといいます。 妻ヨネは関雪を貧しい時から支えたのは多くの京都の人達の温かな援助だったとその恩を忘れませんでした。関雪が大枚をはたいて建築物を買ったり毎晩のように祇園で散在している間もヨネは倹約に努めました。そして、ヨネの発案で貧しい時良くしてくれた京都の人のためにと大正10年に桜の苗360本を京都市 [全文を読む]

創業200年、熱海「古屋旅館」で温泉と料理、そして「熱海芸妓」を愉しむ夜

IGNITE / 2015年07月09日20時36分

話は飛ぶが、芸者といえば京都の祇園、先斗町を思い浮かべる方がほとんどではないだろうか。実は、熱海は全国でも屈指の芸者町なのだそうだ。こちらの古屋旅館では熱海芸妓を呼ぶサービスも行っている。 花代は芸妓1名2時間で23,100円。最近では家族旅行や女性のグループにも呼ばれることがあるそうだ。旅館の予約の際に芸妓を呼びたい旨伝えれば宿の方で手配をしてもらえる [全文を読む]

みのもんた「京都の景観保護は遅すぎて花街の風情は過去のものに…」

アサ芸プラス / 2014年10月04日09時56分

まだ京都は芸妓さんたちが頑張っているから、芸者文化が残っている。その点、東京は花街の風情どころか、芸者さんが見当たらない。皆、男たちはキャバクラで遊んでいるもの。都々逸なんて、もう誰もわかんないだろうね。 「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」 最高じゃないか。そういう“風情ある遊び”が失われていくのは寂しいよね。 ◆プロフィール みのもんた 19 [全文を読む]

木村拓哉に隠し子!? 業界騒然の怪文書と、井上公造氏をめぐる16年前の“奇妙な符合”とは

日刊サイゾー / 2017年02月19日12時00分

A4サイズの紙1枚に書かれた怪文書の内容はかなり昔のもので、キムタクが2001年、一部で報じられた京都・祇園の芸者と「肉体関係があった」とする証言を持ち出し、「こちらの関係はすでに終わったのですが、もうひとり同時進行で交際されていた女性は一切、公にされないままだったのです」とある。つまり、キムタクが二股不倫をしていた疑惑があるというのだ。 怪文書には当時 [全文を読む]

ローラ以外も! ハリウッドデビューしていた意外な人物とは

日刊大衆 / 2017年01月09日23時00分

世界恐慌の頃に祇園の置屋に売られた少女さゆりが、厳しい修行を経て人気芸者へと成長していく物語を描いた同映画。桃井かおり(65)や渡辺謙(57)といったベテラン俳優が出る中、舞の海は関取役として出演。「宮城山」という四股名で、正攻法で勝ち抜く人気力士という役どころは、まさしく舞の海にぴったりだろう。この頃には相撲を引退しタレントとして活躍していたが、元小結の [全文を読む]

恋愛は究極の贅沢品? 江戸の男性が「遊郭」に惹かれた理由とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月05日06時30分

そこで、本来は歌や楽器担当の「芸者」や、格子越しに手招きして客を呼ぶ「散茶」という格下の遊女を相手にする者が増えた。その結果「太夫」は、吉原では消滅、島原では存続し伝統と格式を守りぬいたが、往時の勢いはなかったようだ。また、お手頃価格ゆえ、この頃は、深川、浅草、祇園といった非公認の花街も、大変な賑わいを見せた。遊びの内容も、洗練された至高の恋を味わう仕掛け [全文を読む]

江戸時代中期の日本の俳人、画家の与謝蕪村。2015年は、与謝蕪村生誕300年にあたる。『与謝蕪村 300年の風景』(著者:みのごさく)を4月27日にキンドル電子書籍としてリリースいたしました。

DreamNews / 2015年05月22日18時00分

もも尻の光りけふとき蛍哉 これは、祇園の芸者小糸との別れのうたといわれる。 また、蕪村は、望郷の詩人であった。その魂のうめき声である望郷の念が結実したのは、 「春風馬堤曲」であり、教科書にもとりあげられている。 春風や堤長うして家遠し 春情まなび得たり浪花風流(なにわぶり) ■ 目次 まえがき 毛馬のひと 旅のひと 京のひと これぞ蕪村の句 艶のひと 馬 [全文を読む]

早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(6)

アサ芸プラス / 2012年08月08日10時54分

そこに居合わせた芸者や舞妓は、同性でありながら、誰もが喜和子に惚れたという。さらに酒豪で鳴る喜和子と勝新は店がハネても飲み足りず、決まって喜和子がホテルの前で勝新にせがんだ。 「ウチの部屋で飲まない?何にもしないからさ」 加藤は喜和子の言い草に、それは男のセリフだろうと苦笑した。 「喜和子の葬儀は文学座の稽古場でやったんだけど、お棺の横に舞台で使った三味線 [全文を読む]

フォーカス