現在 浅野ゆう子に関するニュース

2012年に見る『ロンバケ』、山口智子のハイテンション演技がキツイ理由

サイゾーウーマン / 2012年09月28日13時00分

当時はオシャレな感じがした挿入歌がダサく感じられるなど、時代の流れを感じてしまう部分は多々あったけれど、中でも最大の驚きは、2012年現在に見ると最もキツイのが、山口智子だということだ。 当時は、わりと熱心に見ていた『ロンバケ』。可愛くカッコいいと思っていたはずの山口智子が、今見てみると、テンションがビックリするくらい高い! 結婚式当日に相手が失踪してしま [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

それは他局にも波及し、現在に至るまで、まるでテレビタレントのような「女子アナ」が花形職業になる。「女子アナ」もまた、フジテレビが火付け役だったのである。■カリスマの死去1988年4月、フジサンケイグループの鹿内春雄議長は、ゴルフ中に体調を崩すと、大事を取って入院する。その顔は妙にどす黒かったが、周囲はゴルフ焼けと見ていた。本人もベッドの上で翌月にカラー化を [全文を読む]

放送当時の評価はいまいち!?後から高く評価(注目)されたドラマの名作たち!

日本タレント名鑑 / 2016年02月04日14時55分

しかし、現在のドラマと言えば3カ月クールが基本。気が付いたら終わっていた・・・なんて事も多く、後からじわじわタイプの作品も増えています。 人気作にもそれぞれありますが、今回はそんな「じわじわ評価ドラマ」をいくつか集めてみました。 放送前から好評価。放送中にじわじわ!右肩上がりで伝説の作品に!放送中に話題を呼び、大きく人気が上昇した作品といえば、最近ではやは [全文を読む]

夏休み子どもや若者にぜひ観て欲しい!懐かしの“家族ものドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年07月25日09時55分

子どもたちのトラブルも、昔は反抗期特有のものや非行などが主体でしたが、現在ではいじめ、モンスターペアレンツ、過保護、友達親子など、そのパターンも複雑になってきています。しかしどの時代のドラマも、色々な人の様々な考えや温かさを知ることができるという点では同じです。今回は、少し懐かしいものからすごく懐かしいものまで、ぜひ若い人に観て頂きたいおすすめの家族もの [全文を読む]

浅野ゆう子 恋人・田宮五郎の献身的リハビリで趣味もやめた

NEWSポストセブン / 2014年11月16日16時00分

2009年には現在のマンションを2億円で購入して田宮さんとの同棲生活をスタート、真剣に結婚を考えるようになった。だが、2012年4月、彼は前述の通り、病に倒れてしまう。 くも膜下出血を発症した田宮さんはなんとか一命は取り留めるも左半身に麻痺が、そして脳にもダメージが残ってしまったという。そのため後遺症から感情の抑制が利かなくなってしまうこともあった。 「会 [全文を読む]

Tehuの「残念ながら、アイドルヲタです。」第15回:灘高生がもっとも好きな女性芸能人は「能年玲奈」(Tehu調べ)

週プレNEWS / 2014年01月24日16時00分

あと興味深いのは、B’zやMr.Childrenといった大御所クラスの男性アーティストが現在の高校生からも人気を集めている点です。女性芸能人が今どきの流行を反映したものであるのに対し、男性芸能人のランキングからはトレンドに左右されている印象を受けません。 女性芸能人に対しては“恋愛対象”という視点が入ってくるため、同年代の方が中心になっているのでしょう。 [全文を読む]

浅野ゆう子 くも膜下出血で後遺症の恋人との結婚に母の反対

NEWSポストセブン / 2013年10月03日07時00分

浅野ゆう子(53才)の現在の恋人だ。 昨年4月にくも膜下出血で倒れ、緊急入院した田宮。なんとか一命を取り留め、今年2月に無事退院すると、それからはこの浅野の自宅マンションで同棲、療養生活を送っていた。浅野を知る芸能関係者はこう話す。 「浅野さんは今、真剣に田宮さんとの結婚を考えていて、田宮さんもまた彼女の期待に応えようと懸命にリハビリ生活を送っています」 [全文を読む]

松任谷由実、苗場で初披露の新曲「恋をリリース」とLIVE DVD&Blu-ray3/14同時リリース!10月には帝国劇場に初登場!

PR TIMES / 2012年02月06日13時00分

約2年ぶり通算41枚目となるニューシングル「恋をリリース」は、脚本:大石静、主題歌:松任谷由実、出演:浅野ゆう子・片岡鶴太郎と今までの昼ドラのイメージに革命を起こす豪華キャストで話題の昼ドラ「鈴子の恋」(1/5スタート)の主題歌として現在OA中。ミヤコ蝶々の生涯を描いたこのドラマにユーミンが書き下ろした新曲は、モータウンサウンドを彷彿させる元気で明るいサウ [全文を読む]

岡田准一に「奇跡のおじさん」と呼ばれるジャニーズ

日刊大衆 / 2017年06月04日15時05分

現在37歳だが、女性が羨む美肌、小さい顔に長い手足と、デビューから22年たった今も、少年のような容姿に変わりはない。2015年放送のドラマ『ほっとけない魔女たち』(フジテレビ系)で共演した大女優の浅野ゆう子らと、トーク番組『ごきげんよう』(フジテレビ系)に出た際には、浅野から「ツーショットを撮られると、絶対に健くんの顔が小さいんですよ」と嫉妬されていた。 [全文を読む]

武井咲、テレ朝看板枠で“不朽の名作”『黒革の手帖』に主演! 女優として一皮むけるチャンス到来か?

日刊サイゾー / 2017年05月22日11時00分

現在放送中の天海祐希主演『緊急取調室』シーズン2は、第5話までの平均が14.2%と絶好調で、今期の連ドラの中ではトップを快走中。7月期の『黒革の手帖』も、当然高い視聴率が求められる。武井は15年7月期に同枠で『エイジハラスメント』の主演に起用されたものの、オール1ケタで平均8.9%と惨敗を喫しているだけに、汚名返上の機会でもある。 『黒革の手帖』は視聴者の [全文を読む]

田中美奈子がバブル期を回顧「機長がコックピットに招待」

NEWSポストセブン / 2016年12月02日07時00分

現在はドラマ『キャリア~掟破りの警察署長~』(フジテレビ系)でノンキャリ刑事の妻を好演中だが、バブル期には『君の瞳に恋してる!』(1989年・フジテレビ系)や『キモチいい恋したい!』(1990年・フジテレビ系)などトレンディードラマに数多く出演し、美脚クイーン、学園祭の女王と呼ばれた。余談だが、この当時田中の瞳には1億円の保険金がかけられているとまことしや [全文を読む]

週プレ創刊50周年!で、レアなバックナンバーの高額ランキングは?

週プレNEWS / 2016年10月20日06時00分

というわけで、最後に週プレバックナンバーの高値ランキングを発表しちゃいたいと思います! (※2016年10月現在、ARATAMA新店での在庫・取扱価格となります) ★第1位 2万4000円 1970年5月12日号(No.18) 内容:今や泣く子も黙る大女優・岩下志麻のギリギリセミヌードグラビア7P。『極道の妻たち』で知られるが、週プレにご登場いただいてたん [全文を読む]

バラエティーの新金脈 大物タレント再発掘ブームのワケ

NEWSポストセブン / 2016年10月04日16時00分

実は現在、テレビ業界にはちょっとした“大物タレントブーム”が来ていて、同番組だけでなく、多くのバラエティーにビッグネームが出演しています。 今年の出演者だけでも、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、志村けんさん、三田佳子さん、なべおさみさん、内田裕也さん、三遊亭円楽さん、野口五郎さん、萩原健一さん、森昌子さん、北島三郎さん、浅野ゆう子さん、中村玉緒さ [全文を読む]

チャレンジ精神&攻めの姿勢…フジテレビが私たちを夢中にさせたころ

WEB女性自身 / 2016年06月19日06時00分

視聴率は初回こそ10%超えしたものの、その後は低空飛行を続け、 月9 の平均視聴率の史上最低記録を更新するといわれている(6月10日現在)。ペリーさんが続ける。 「月9といえば、フジテレビの看板ドラマ枠。キラキラと星のように輝くトレンディドラマを生み出してきました。でも、そのほとんどが、ストーリーには重きを置いていませんでした。実際、『物語を覚えている?』 [全文を読む]

『ベルセルク』三浦建太郎が受けた『スター・ウォーズ』の衝撃!<1>

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月18日11時00分

以後シリーズ化し、約半世紀経った現在も続いている。 [全文を読む]

あの女優に感謝すべき?「大奥」主演が米倉涼子から沢尻エリカに代わった理由

アサ芸プラス / 2015年12月13日09時58分

その証拠に、発表の時点で沢尻以外のキャスティングが誰も公表されていませんでしたからね」(芸能事務所関係者) 12月9日現在でも、ホームページには沢尻以外のキャストの名前はなく、なぜか沢尻がエキストラと映っている動画が“撮影快調!”とでも見せかけたいかのように掲載されている。 もしこの話が本当ならば、沢尻は高部に感謝してもいいかもしれない。 [全文を読む]

山本耕史 堀北との新居マンションに元カノが住んでいて大変

NEWSポストセブン / 2015年11月12日16時00分

昨年9月に上原さんの夫が自殺した時も彼女のことをすごく心配していたそうです」(前出・芸能関係者) そして現在、その山本と上原は“一つ屋根の下”で生活している。冒頭のマンションに上原が引っ越したのは、今年4月のことだった。 「旦那さんと大阪で暮らしていた上原さんですが、彼が亡くなった後、ひとりで東京に戻ったんです。いつまでも夫との思い出の地に留まっては、前に [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、アイドル確立の70年代

アサ芸プラス / 2015年09月08日17時58分

現在のアイドルシーンの原型は、すべて70年代に生まれたと言えるだろう。そもそも「アイドル」という呼称が南沙織・天地真理・小柳ルミ子の「新・三人娘」が揃った71年に発生したものだし、翌72年にはアイドル発掘番組「スター誕生!」から森昌子がデビュー。これに桜田淳子・山口百恵が続いて「中3トリオ」として爆発的な人気を誇った。 72年から73年にかけては、麻丘めぐ [全文を読む]

“月9”の影響力に変化有り!?街からОLを消した伝説のドラマ枠の過去と未来【パート1】

日本タレント名鑑 / 2015年07月30日11時55分

現在では15%前後と、全盛期に比べると落ち込み気味ではありますが、今でも「月9出演」「月9主演」が俳優の“ハク”になるのは間違いありません。今回は、その時代時代の背景とともに、月9ドラマの華麗なる歴史を紐解いてみましょう。 フジテレビの月曜9時は日本一の視聴率枠実はこの枠、月9ドラマがスタートするまでは、人気コメディアン萩本欽一さん担当のコメディ番組を長く [全文を読む]

斎藤工が“ワケあり”外商員役でバスローブ姿にコスプレも!

Smartザテレビジョン / 2014年12月11日18時15分

葉鳥は紳士の中の紳士で、中卒でテーラーにでっち奉公に入るも、その確かな仕事を見込まれて富久丸百貨店に転職し、“伝説の外商員”と言われる現在の地位を築く。顧客は国内外の超VIPばかりで、その後継者として静緒たちが競わされている。 ほか、旧士族の家柄の名士夫人・倉橋和子(くらはし・かずこ)役で浅野ゆう子、芦屋在住の病院長夫人・鶴顕子(つる・あきこ)役で高畑淳子 [全文を読む]

フォーカス