母親 浅野ゆう子に関するニュース

最愛恋人亡くした浅野ゆう子 結婚反対する母を説得していた

NEWSポストセブン / 2014年11月13日16時00分

女手ひとつで育ててくれた母親(82才)との母娘水入らずの時間。行きつけのコーヒーショップへ豆を買いに行ったり、近所を散歩するなど穏やかな時間をふたりで過ごした。そして神戸の実家を彼女が離れる際、こんなやりとりがあったという。 「玄関先でお母さんがゆう子ちゃんに“ひとりで抱え込まないでね”って。すると、ゆう子ちゃんは“わかった、わかった”と空返事をするだけ [全文を読む]

75歳病院院長が45歳年下妻を射殺した深層心理に迫る(2)週末婚のような夫婦生活

アサ芸プラス / 2014年11月05日09時56分

3人の子供と一緒に葉山で暮らしていましたが、仕事が忙しくなってきたことの他に、『母親と一緒に暮らしているほうが楽しいから』といった理由で離婚を選んだそうなんです。それまでマザコンというイメージはなかったので意外でした」 松本さんの別の知人もこう証言する。 「母親への思いは強い人でした。体調を心配していつでもそばで見られるように、病院に母親の部屋を作って介護 [全文を読む]

浅野ゆう子に言えなかった田宮五郎さん「復帰してプロポーズ」の誓い

WEB女性自身 / 2014年11月20日07時00分

一部では兵庫県に住む浅野の母親(82)が「彼が回復しなければ娘は死ぬまで苦労する。ゆう子の手助けがないと田宮さんはひとりで生きていけない」と反対したことが結婚の障壁となったとも報じられた。だが、田宮さんと親しい知人はこう明かす。「実は、田宮さんには離婚歴があるんです。まだ芸能界に入るずっと前のことです。元妻は中尾彬さんの姪で、モデルをしていたそうです。披 [全文を読む]

上野樹里 オリラジ藤森の「交際暴露」で男性不振から悟りの境地に?

アサ芸プラス / 2015年01月06日09時57分

オリエンタルラジオの藤森慎吾と彼の母親が「おしゃれイズム」に出演した時のことだ。母親が上野についてこんな話を暴露したのだ。 「上野樹里ちゃんとも会ったことがあるの。私が息子のマンションにいた時に、ひょっこり樹里ちゃんが犬を連れてやって来たの」 秘密のはずの交際が公になってしまったのだ。このことがトラウマになり、男性不信に陥ったと言われている。ところが、約 [全文を読む]

バブル期ドラマでサバサバキャラの浅野温子、実生活もサバけ系!ブログに「パック顔」連投

AOLニュース / 2013年04月24日15時50分

一方で、未婚を貫いていた麻子は、隠し子の母親が依頼した弁護士(草刈正雄)と距離を縮めていく...と、リアルに50代になった2人の姿が描かれるという。 【関連記事】 ・浅野温子 公式ブログ(GREE) http://gree.jp/asano_atsuko ・浅野ゆう子「YUKO」 http://www.yuko-asano.com/cgi-local/yu [全文を読む]

『黒革の手帖』悪女役・武井咲が美人すぎ 一方「物足りない」の声も

しらべぇ / 2017年07月21日16時30分

■第一話はこんな感じ東林銀行で派遣社員として働く原口元子(武井)は、母親が遺した借金を返済するため、夜は銀座にあるクラブ『燭台』でホステスとして働いていた。そこに訪れたのが楢林クリニック院長の楢林(奥田瑛二)。元子はわさびが苦手な演技をし、スレていない女性が好みの奥田の懐に入りこむ。一方、銀行でも着々と計画を進めていた。黒革の手帖の中に違法な借名口座を持っ [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

下町が舞台のホームドラマで、水前寺サンと母親役の山岡久乃サンとのユーモラスで丁々発止なやりとりが評判となった。 また、相手役の石坂浩二サンをはじめ、佐良直美サン、沢田雅美サン、岡本信人サンら個性的な役者陣で同ドラマは国民的人気を博した。 そう、水前寺サンこそ、日本のコメディエンヌの先駆けだったのだ。■浅野革命以降 そんな風に、1970年代から80年代半ばに [全文を読む]

フォーカス