試合 ヤマハ発動機に関するニュース

【プロ野球】中村紀洋、松井稼頭央、筒香嘉智、清宮幸太郎…。歴史の目撃者となった元野球少年たち~甲子園球場編

デイリーニュースオンライン / 2017年02月20日17時05分

この試合を球場で目撃し、のちに甲子園に出場。プロ野球でも大成した人物がいた。1人が中村紀洋(元近鉄ほか)。そしてもう1人が松井稼頭央(楽天)。2000本安打を達成した2人のレジェンドだ。 中村は当時11歳(小学6年生)。左翼席からこのバックスクリーン3連発を目撃した。この試合をきっかけに「ホームラン」に大きな憧れを抱くようになり、大阪府立渋谷高校では、2 [全文を読む]

五郎丸「家族とゆっくり過ごせる」とSRでは豪チームを選択

NEWSポストセブン / 2016年03月02日16時00分

その初戦となる2月28日の試合で公式戦デビューを果たし、得意のキックで見事に初得点も記録した。 2月上旬、五郎丸は単身、夏真っ盛りの豪州・ブリスベンに渡った。 「チームの本拠地があるここで家族4人での生活を始めています。到着直後はホテル暮らしでしたが、すぐに家族で住む家を見つけたようです。レッズとの契約はまず1シーズン、向こうへの滞在も約6か月。五郎丸は何 [全文を読む]

五郎丸 豪に出発前、休日に草野球する夢かなう

NEWSポストセブン / 2016年02月20日16時00分

レッズでは、フルバックの定位置争いからチームメートとしのぎを削ることになるが、「ジャージを着られずに帰ってくることもあるそうなんで…」と不安を口にしたものの、「自分にとっては高い壁ですが、乗り越えた時にさらに成長できると思うので、どこまで通用するかわかりませんが、まずは、試合に出られるよう必死に練習したいと思います」と語った。 スーパーラグビーは、南半球 [全文を読む]

ラグビー日本代表の劇的勝利は必然だった!? 五郎丸が語るエディー・ジャパンの快挙の秘密

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月14日06時30分

【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 試合後の会見などを見ても比較的感情を露わにしない五郎丸選手だが、この日記は事実を淡々と積み重ねた記録にとどまらず、彼の心情の動きが読み手にリアルに響いてくる。荒ぶる心や押しつぶされそうな緊張感、ともすれば感激に涙しそうな瞬間など、自身の揺れ動く感情を素直に捉えてそれらに冷静に対処しようとする、熱さとストイックさが [全文を読む]

五郎丸人気続くラグビー 日本W杯向け「国内プロ化」あるか

NEWSポストセブン / 2015年11月23日07時00分

国内では社会人リーグの最高峰「トップリーグ」が行われているが、11月13日からの開幕戦では、当日券を早々と完売させたにもかかわらず、バックスタンドがガラガラの試合が相次ぐなどしたため、日本ラグビー協会が観客動員数の見込み違いを謝罪する事態となった。「企業頼みのアマチュアスポーツの実情をさらけ出してしまった。これまでラグビーはリーグ戦の入場料収入やテレビの [全文を読む]

早実・清宮vs履正社・安田 2020年侍ジャパンの4番は?

NEWSポストセブン / 2017年03月25日07時00分

試合のない早実は紅白戦を行なっていた。清宮ら主力組に対し、控え組のマウンドに上がったのは早実OBで、早大2年の左投手。清宮は第1打席、大学生を相手に右中間スタンドのスコアボード直撃となる特大の一発を放った。「甲子園の試合の前に、これだけのお客さんの前で野球ができるのは幸せなこと。ホームランは追い込まれたあとのストレート。状態は上がってきている」 高校通算 [全文を読む]

静岡市民歓喜!清水エスパルスJ1復帰から見る「スポーツの意義」

しらべぇ / 2016年11月22日10時30分

この試合は日曜日ということもあり、大手家電量販店のテレビコーナーには多くの市民が押し寄せていた。後半ロスタイムの4分間、この店舗はスタジアムと同様の熱気に包まれた。何しろ、わずか1点差である。サッカーにおける「最後の数分」は、まるで永遠のような長い時間だ。だからこそ、試合終了のホイッスルはなおさら胸に響く。その直後に聞こえたのは、安堵の溜め息と拍手、そして [全文を読む]

清宮シフトでマスコミ規制、父親にも屈強ラガーマンがガード

週プレNEWS / 2015年08月25日06時00分

1年生としては1983年の桑田真澄(くわたますみ・PL学園)以来、実に32年ぶりとなる1大会2本塁打をマークし、準決勝で敗退するまで全5試合でヒットを打つなど大物ぶりを発揮した。 入学時から清宮を追い続けるスポーツ紙記者は言う。 「当初は『内角に弱い』と指摘されていましたが、準々決勝ではその内角のボールを弾丸ライナーでスタンドまで運びましたからね。この短 [全文を読む]

裸写真も“流出”!? ラグビー日本代表・五郎丸歩の「ゲイ人気」が急上昇中!

日刊サイゾー / 2015年09月29日13時00分

今後も見逃せないわね!」(同) 次の試合は来月3日のサモア戦。きっと二丁目は、大歓声に包まれることだろう。 [全文を読む]

早実・清宮幸太郎の“大物な”言動は父の教育

WEB女性自身 / 2015年07月30日06時00分

それを試合後に2人で観て、打てた理由、打てなかった理由を自分の言葉でストレートに話す教育をしてきた。また、下級生だからといって、先輩に気を遣っておとなしくしている必要はない、と小さいときから言い聞かせている。素直すぎる物言いは、その結果だ」(スポーツライター) 準決勝・日大三高戦を前に「自分たちの野球をすれば負ける相手はいないと思います。プロ野球のオールス [全文を読む]

フォーカス