バイク ヤマハ発動機に関するニュース

ヤマハ発動機は「新3輪」でバイク離れに歯止めかけられるか

NEWSポストセブン / 2014年07月02日07時00分

1980年代に300万台を超えていたことを考えると、「バイク離れ」の深刻度合いはクルマの比ではない。 バイク需要はなぜここまで落ち込んでしまったのか。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏がいう。 「日本では高校生の利用を禁止する運動が起こるなど、安全性やマナーの観点から敬遠され続けたため、二輪車メーカーは国内市場を半ば諦めて新興国で“安物勝負”するばかり。バ [全文を読む]

"要らないけど欲しくなる"バイクの作り方

プレジデントオンライン / 2017年05月12日08時45分

前編「ヤマハの社長がバイクの免許を取った理由」に続き、後編をお届けする。 ■「ヤマハらしさ」を言葉で表現してみろ 現在、ヤマハ発動機の二輪車のラインアップを見ると、14年頃から順次始まったプラットフォーム・モデルの躍進が目立つ。新興国でベストセラーとなっている各種スクーター、先進国向けのRシリーズやMTシリーズと呼ばれるスポーツモデルなど、それぞれに特徴的 [全文を読む]

“国産オートバイ発祥の地・浜松”から新しいバイク文化を発信!「バイクのふるさと浜松2013」開催

PR TIMES / 2013年08月20日15時16分

8月24日(土)10:00~17:00、8月25日(日)10:00~16:00 @浜松市総合産業展示館(静岡県浜松市東区流通元町20−2) 世界を代表するバイクメーカーSUZUKI、HONDA、YAMAHAの創業の地である浜松市は、8月24日(土)、25日(日)の2日間、「バイクのふるさと浜松2013」を開催いたします。 本田宗一郎氏の生誕の地でもあり、「 [全文を読む]

大ヒット呑兵衛コミック『ワカコ酒』の新久千映最新作は、バイク!『すく~~~と!』(藤田一己・原作/白泉社)第1巻が9月29日発売!! バイク女子のわくわく日常ショート。

DreamNews / 2014年09月29日12時00分

大ヒット呑兵衛コミック『ワカコ酒』の新久千映最新作は、バイク!『すく~~~と!』(藤田一己・原作/白泉社)第1巻が9月29日発売!! バイク女子のわくわく日常ショート。大ヒット呑兵衛コミック『ワカコ酒』の新久千映最新作は、バイク!『すく~~~と!』(藤田一己・原作/白泉社)第1巻が9月29日発売!! ■STORYバイクが大好きになってしまった女子大生・トミ [全文を読む]

ヤマハの社長がバイクの免許を取った理由

プレジデントオンライン / 2017年05月12日08時15分

なぜ夜間に教習所へ通ってまで自らがバイクに乗る姿を見せたかったのか――。経済ノンフィクション「企業の活路 ヤマハ発動機」。前後編のうち前編をお届けする。 ■「バイクに乗れないのはやっぱり恥ずかしい」 静岡県磐田市にあるヤマハ発動機の本社から車で約20分、隣の袋井市に同社のテストコースがある。彼らが「袋井」と呼ぶその試験場は1周約6キロメートル。鈴鹿サーキッ [全文を読む]

『しもきた商店街振興組合』と『東京オートバイ協同組合』新規コラボ事業『共生と創造・新しい街づくり=バイクふれあいタウン・下北沢』の啓蒙活動を「下北沢音楽祭」7月5日(土)・6日(日)に実施

@Press / 2014年07月01日15時30分

都内のオートバイ販売店でつくる『東京オートバイ協同組合』(AJ東京、 http://www.tac.gr.jp/ 、所在地:東京都中野区、代表理事:小藤 東洋)は、東京都世田谷区下北沢の『しもきた商店街振興組合』(所在地:東京都世田谷区北沢、代表理事:柏 雅康氏)と、新規コラボ事業『共生と創造・新しい街づくり=バイクふれあいタウン・下北沢』を立上げ、バイク [全文を読む]

原付バイクの需要が激減 このまま消えてしまうのか

NEWSポストセブン / 2016年10月07日07時00分

“原チャリ”の愛称で親しまれ、1970年~1980年代には年間200万台も売れていた排気量50ccの原付バイク(原動機付自転車)。当時、ホンダ、ヤマハ発動機の2大メーカーが激しく販売競争を繰り広げた様は「HY戦争」とも呼ばれたが、その市場はいまや37万台にまで落ち込み、風前の灯火となっている。 そんな中、ヤマハ発動機は主力の『ジョグ』『ビーノ』の生産をやめ [全文を読む]

【東京モーターショー15】ヤマハが流麗な4輪スポーツモデルを出展か?

clicccar / 2015年10月19日08時03分

ヤマハ発動機といえば、バイクやモーターボートといったイメージが強いものの、過去にはトヨタ自動車との共同開発で名車「トヨタ2000GT」を世に送り出したり、同社のスポーツモデルのエンジン生産を担当するなど、自動車事業とも関連が深いことで知られています。 (出展 ヤマハ発動機) 前回の東京モーターショー13では小型パーソナルモビリティ「モティフ(MOTIV)」 [全文を読む]

自転車版のTRICITY、ヤマハ「05GEN」が六本木ヒルズに登場!…「Two Yamahas, One Passion~デザイン展2016~」

インターネットコム / 2016年09月24日06時30分

この合同デザイン展は、楽器をデザインするヤマハと、バイクなどをデザインするヤマハ発動機のデザイン部門が共同で実施するもの。昨年のデザイン展では、楽器デザイナーが提案したバイク「ルート」や、バイクデザイナーのデザインした楽器「RAIJIN」などが公開された。 今回の合同デザイン展では、「05GEN」が展示される。これは自転車版のTRICITYとも言える乗り [全文を読む]

ヤマハバイクモチーフのマイクロコンポーネント発売

インターネットコム / 2015年09月09日02時00分

ヤマハ発動機のバイクをモチーフにしたデザインとカラーになっている。 「MCR-B043」は、ヤマハ発動機のバイクをモチーフにしたデザイン・カラーを採用したマイクロコンポーネントシステム。トップパネルの装飾はエンジンのフィンを、音量調整ノブはラジエターキャップをモチーフにするなど、バイクを想起させるディテールが採用されている。 カラーは、ホワイト、ブラック、 [全文を読む]

ヤマハ発動機、「XSR900」と「XSR900」60th Anniversary を新発売!

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年02月23日20時00分

ABSを標準装備、予約窓口は全国の「ヤマハスポーツバイク取扱店」となる。 <写真:「XSR900」> ■主な特徴 走行モードを選べる軽量3気筒エンジン "クロスプレーンコンセプト"に基づく845cm3の水冷直列3気筒・DOHC・4バルブエンジンを搭載。 コンパクトな燃焼室により素早い燃焼を図り、優れた出力・トルク特性を引き出す。 YCC-T(電子制御スロ [全文を読む]

【東京モーターショー2015】エコでスマートな最新カー一気見せ!(EV編)

FUTURUS / 2015年11月03日23時00分

■ 小型バッテリーで走る「EV CUB」 ホンダ(本田技研工業)が誇るビジネスバイク『スーパーカブ』のEV版が登場! バッテリーは、やはり車体から脱着が可能で、家庭用コンセントを使って充電することが可能だ。 また、搭載位置は車体中央の低位置で、重量配分を最適化。取り回しがしやすく、優れた操作性を実現する。 「扱いやすく経済的」というコンセプトを引き継いだ [全文を読む]

自転車もハイブリッド化へ…「スマホ充電も可能」な電動アシスト付きロードバイク

FUTURUS / 2015年10月06日23時00分

■ ハイブリッド・ロードバイク 「YPJ-R」 これまでヤマハ発動機の電動アシスト付き自転車は、『PAS』というブランドで展開していたが、今回投入するロードバイク型アシスト付き自転車は新しいブランド『YPJ(Yamaha ProJect)』を使う。ヤマハのスポーツバイクを彷彿とさせる3文字のアルファベットは、それだけでも高揚感、スピード感を感じることだろ [全文を読む]

​ヤマハ発動機創業60周年記念カラーモデル「マジェスティ S XC155」60th Anniversaryを限定発売

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年08月06日16時30分

2015年8月5日〜2016月4月末日の間の期間限定予約による受注生産で、予約窓口は全国の「ヤマハスポーツバイク取扱店」で行う。 「マジェスティ S XC155」60th Anniversary は、鮮やかなイエロー地に"スピードブロック"模様をあしらい、1970年代から80年代の北米のレースで活躍したヤマハマシンのイメージを再現。「マジェスティ S XC [全文を読む]

ヤマハ「 E-Vino」登場で電動バイクマーケットは花ひらくのか

FUTURUS / 2015年08月01日17時28分

ヤマハ発動機は5年ぶりとなる電動バイクの新車 E-Vino(イーヴィーノ)を発表、8月20日より発売する。新車といっても名前から分かるように人気の原付スクーター Vino(ヴィーノ)の電動版。デザイン、フレームはまったくそのまま、駆動系を内燃機からモーターに置き換えた公式コンバートEVモデルといってもよいだろう。E-Vinoについて詳しく見ていきたい。 ■ [全文を読む]

楽器とバイクが融合するとこうなる!ヤマハの「project AH A MAY」

FUTURUS / 2015年03月25日17時29分

楽器を手がけるヤマハと、バイクを手がけるヤマハ発動機がお互いの分野のデザインをするというこのプロジェクトから、これまでにない楽器2台とバイク2台が生まれた。これらは先日フランスで行われた『第9回サンテティエンヌ国際デザインビエンナーレ2015』にも出展された。 ■ バイクのヤマハが手がけた楽器 ヤマハ発動機は、2人で演奏するマリンバ『FUJIN』と、球体 [全文を読む]

楽器とバイクの魅力を語る「ハルカ、延時成実のトーク&ミニライブ」

@Press / 2017年04月07日14時00分

株式会社ヤマハミュージックジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林和徳)とヤマハ発動機販売株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:大浜利和)は、ヤマハ銀座ビル1F/ポータルで現在開催中の共同企画展示「エレキギター「REVSTAR」×バイク「XSR900」」にあわせ、4月23日(日)楽器とバイクの魅力を語る「ハルカ、延時成実のトーク&ミニライブ [全文を読む]

ビジネスファーストで機会損失をさせないインフラ構築を―ヤマハ発動機のデジタル施策とITインフラ戦略

EnterpriseZine / 2017年03月22日06時00分

■クラウドファーストでBCP対応を目指す バイクや楽器のグローバルブランドとして知名度の高い「ヤマハ」。他にも災害にも強いとして注目されるスクール用の「FRPプール」や産業用の「産業用無人ヘリコプター」など、“発動機”の技術を中心としながら多方面に事業を展開している。さらに特筆すべきは、その海外での強さだろう。売上げのほぼ9割がアジアや北米を中心とする海 [全文を読む]

国際的に権威ある独デザイン賞を受賞 エレキギター『REVSTAR』、エレクトリックバイオリン『YEV』、音を奏でる電動アシスト車椅子いす『&Y01』が「iFデザインアワード」を受賞

PR TIMES / 2017年02月14日12時37分

[画像2: https://prtimes.jp/i/10701/65/resize/d10701-65-526779-1.jpg ][画像3: https://prtimes.jp/i/10701/65/resize/d10701-65-368556-2.jpg ][画像4: https://prtimes.jp/i/10701/65/resize/d1 [全文を読む]

ららぽーと磐田 全館ポイントアップデー&レインボーフェスタ開催

@Press / 2016年09月13日16時00分

開催日程:9月17日(土)・18日(日)開催時間:11:00~16:00開催場所:グリーンステージ開催内容:地元団体による演奏やダンス参加団体:・静岡こども福祉専門学校 音楽サークル ・袋井特別支援学校磐田見付分校 ・中泉保育園 ・南部中学校 吹奏楽部 ・向陽中学校 吹奏楽部 ・豊田中学校 ブラスバンド部 ・城山中学校 合唱部 ・磐田南高等学校 吹奏楽部 [全文を読む]

フォーカス