梅宮アンナ クラウディアに関するニュース

【エンタがビタミン♪】梅宮アンナ「男に車から突き落とされた」激白 「私は“ドM”」にパパの胸中は?

TechinsightJapan / 2016年07月27日23時21分

恋多き女性の多い芸能界において、特に破滅的な恋愛に傾倒するタイプと言えば真っ先に思い浮かぶのが梅宮アンナ。恋愛の数だけ強烈な修羅場もくぐってきた梅宮アンナが、またしても過去交際していた男性との間に起った仰天エピソードを明かした。 『バラいろダンディ(TOKYO MX)』に出演した梅宮アンナが「オトナが知るべきニュースランキング」で紹介されたある事件にがっつ [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「梅宮アンナ」(1)娘が家から出たらパパがボケちゃう

アサジョ / 2016年03月26日09時57分

●ゲスト:梅宮アンナ(うめみや・あんな) 1972年、東京都生まれ。街でスカウトされ、19歳で芸能界デビュー。女性誌「JJ」「CLASSY」「VERY」などの専属モデルとして人気を博し、ハーフモデルの先駆けとなる。90年代半ばより、タレントとしてテレビドラマやバラエティ番組、イベントなどに幅広く出演。01年に一般男性と結婚し、翌年に女児を出産するも、03年 [全文を読む]

今の梅宮アンナに魅力はない。長女との「別居」騒動に、子を産んだだけで「母親」になれるとは限らない現実を見る

messy / 2016年02月20日17時00分

14歳の長女との別居生活を大々的にネタにした梅宮アンナ。まず2月9日、アンナは『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で、ひとり娘の百々果さんと「別居している」と公表。昨秋からアンナは都内のマンションで部屋を借りて一人暮らしをし、百々果さんはアンナの実家で祖父母である梅宮辰夫(77)とクラウディア(77)と生活するスタイルをとったという。理由を「別居という距離 [全文を読む]

子供を置いて不倫相手の元へ? 糾弾される梅宮アンナの生き方

messy / 2014年03月24日18時00分

「恋多き女」と呼ばれるタレント・梅宮アンナ(41)。視聴者のウケは決して良くはないが、なぜか芸能界に長くいる。父で俳優・事業家である梅宮辰夫(76)の威光、つまり親の七光りによって、労せず芸能界に生息していると見る向きも多いだろう。過去には交際相手の羽賀研二(52)とのペアヌード写真集をリリースして世間を騒がせたり、プロ野球・元中日ドラゴンズの立浪和義(4 [全文を読む]

魔窟・銀座の「みかじめと愛欲」60年戦争(6)口説けないなら番組に出す

アサ芸プラス / 2017年07月24日17時55分

梅宮アンナの母であるクラウディア夫人のことだ。 さらに大門もまた、離婚直後にキックボクシングのカリスマだった沢村忠と婚約して話題となるが、結婚までには至らなかった。 そんな昔話だけでなく、今なお、いいオンナを巡るバトルは健在であると奥澤は言う。「何年か前に銀座から六本木に進出したオーナーは、あまりにも六本木の店から女の子を引き抜いたものだから、開店日に双方 [全文を読む]

絶品定食屋の「豚キムチ炒め定食」

ぐるなび / 2016年09月26日14時10分

9月25日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系、午前09時55分~)では、番組の中で紹介された芸能人行きつけの絶品グルメを特集した中で、梅宮辰夫さん、梅宮アンナさん、梅宮クラウディアさん、白鳥久美子(たんぽぽ)さん、川村エミコ(たんぽぽ)さんが「菱田屋」(東京都目黒区)を訪れた。 京王井の頭線駒場東大前駅東口から徒歩2分ほどにある同店、番組では駒場の東 [全文を読む]

梅宮アンナの異常な子育て論が「虐待親の自己弁護」と大ヒンシュク!

アサジョ / 2016年02月19日09時58分

ひとり娘との大ゲンカなどが原因で、父・梅宮辰夫宅での三世代同居をあきらめ、別居状態にある梅宮アンナ。今月発売したエッセイに綴られた私生活に対しては世間から「育児放棄」との声もあがっている。夕刊紙の取材でそんな声に反論しているアンナだが、子育て中の女性誌ライターが憤慨した様子で語る。「アンナさんが取材で語っている内容は、虐待親の自己弁護に聞こえてしまいます。 [全文を読む]

あの人とあの人は親戚だった?意外と知らない芸能人同士の血縁関係!?

日本タレント名鑑 / 2015年06月10日15時15分

梅宮辰夫さん、クラウディアさん夫妻の娘、梅宮アンナさん。従妹に梅宮万紗子さん、再従兄に高橋克典さんがいます。 柄本佑さんは、妻が安藤サクラさん、父が柄本明さん、母が角替和枝さん、弟が柄本時生さん、義父が奥田瑛二さん、義母が安藤和津さん、義姉が映画監督の安藤桃子さん、と親戚中が芸能人です。芸能一家出身と芸能一家出身との結婚は、なんだかとてもワクワクしますね [全文を読む]

フォーカス