エリザベート 帝国劇場に関するニュース

花總まりさまの歌う「私だけに」に しがらみの中を日々生きる世の女性たちの声なき声を学ぶ

おたぽる / 2015年06月18日16時00分

――宝塚ヲタの女医、wojo(ヲジョ)が宝塚の名曲を皆様にご紹介! ヅカヲタ女医の「アモーレ!宝塚ソング」!!【第6回】ミュージカル「エリザベート」から「私だけに」 1996年に宝塚歌劇団雪組にて初演されたミュージカル『エリザベート』の序盤で歌われる名曲。ハプスブルク家が支配するオーストリア=ハンガリー帝国末期の19世紀ヨーロッパを舞台に、皇帝フランツ・ヨ [全文を読む]

東宝ミュージカル『エリザベート』 花總まりさん、蘭乃はなさん、城田優さん、井上芳雄さん、などキャストのウィッグ製作、ヘアメイクプランに技術協力

PR TIMES / 2016年06月21日11時29分

~アデランスの芸能用ウィッグが、上演16年を迎える大ヒットミュージカルに~(公演期間:6 月28 日(火)-7 月26 日(火) 於:帝国劇場 製作:東宝) 株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長 根本 信男)は、6月28日(火)から7 月26 日(火)に帝国劇場(東京都千代田区)において公演予定で、今年で上演16年を迎える東宝ミュー [全文を読む]

ミュージカル連続出演の成河「話をいただいて、一番びっくりしたのは自分」

anan NEWS / 2016年04月01日15時00分

4月開幕のミュージカル『グランドホテル』と6月開幕の『エリザベート』にかける意気込みを語ってくれた。 * * * 「最初に映像をやり始めた時には、こんな世界もあったんだって、世界がひっくり返るような気持ちでした。舞台では、稽古しながら少しずつ積み上げていって、そのなかの最良なものを本番で出していくわけです。でも映像の仕事で、ある監督に言われたのは『ダメだ [全文を読む]

東宝ミュージカル『エリザベート』花總まりさん、蘭乃はなさん、城田優さん、井上芳雄さん、などキャストのウィッグ製作、ヘアメイクプランに技術協力

PR TIMES / 2015年06月04日12時05分

~アデランスの芸能用ウィッグが、上演15年を迎える大ヒットミュージカルに~ 株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長 根本 信男)は、6月13日(土)から8 月26 日(水)に帝国劇場(東京都千代田区)において公演予定で、今年で上演15年を迎える東宝ミュージカル『エリザベート』(製作:東宝)に、ウィッグ製作技術協力として参加します。花總 [全文を読む]

山崎育三郎 人生の転機「モーツァルト!」再々演決定!

Smartザテレビジョン / 2017年05月19日12時00分

ミュージカル「モーツァルト!」は、世界的大ヒットミュージカル「エリザベート」の脚本・作詞を担当したミヒャエル・クンツェと音楽・編曲のシルヴェスター・リーヴァイの黄金コンビによる華やかかつ重厚な音楽劇。「才能が宿るのは肉体なのか?魂なのか?」というテーマをベースに“人間・モーツァルト”夭逝の真相に迫り、‘99年にオーストリア・ウィーンで初めて上演され大ヒッ [全文を読む]

浦井健治×平方元基の恥ずかし(!?)対談「それバラすのやめて~!」

週刊女性PRIME / 2017年09月09日05時00分

’04年ミュージカル『エリザベート』ルドルフ皇太子役に抜擢。以降、ミュージカル、ストレートプレイにかかわらず数々の話題作に出演。『デスノート THE MUSICAL』(東京公演:上演中~9月24日新国立劇場 中劇場)に夜神月役で主演。舞台『ペール・ギュント』(12月上旬~世田谷パブリックシアターほか)、ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』(’18年2月7日 [全文を読む]

城田優らミュージカル界を牽引する4人が考えていること

NEWSポストセブン / 2016年08月14日16時00分

2004年『エリザベート』ルドルフ皇太子役に抜擢。以降ミュージカルからストレートプレイまで、数々の話題作に出演。読売演劇大賞最優秀男優賞など多数受賞。デビュー15周年を迎え、ソロとして初めてのCD『Wonderland』(8月3日、エイベックス)、オフィシャルブック『アシアト』(8月8日、キネマ旬報社)が発売される。また、初めてのコンサートが東京国際フォー [全文を読む]

『王家の紋章』主演に挑む浦井健治 公式本には自作の童話も

WEB女性自身 / 2016年08月05日06時00分

僕を見ていて育ててくださる方たちを大切にしなければ」 04年に東京・帝国劇場でのミュージカル『エリザベート』のルドルフ皇太子役で注目を浴びた。その帝劇の大舞台で8月5日から初めての単独主演に挑む。人気少女漫画が原作の『王家の紋章』で、古代エジプトの少年王・メンフィスに扮するのだ。 「シルヴェスター・リーヴァイさんの楽曲、荻田浩一さんの演出という黄金タッグ! [全文を読む]

地球ゴージャスの新作が’16年新春に公演決定!

Smartザテレビジョン / 2015年05月11日13時16分

エリザベート」('10年)、「ロミオ&ジュリエット」('11年、'13年)、「4Stars」('13年)、「ファントム」('14年)、そしてことしの6月から東京・帝国劇場でキャストを一新して上演される「エリザベート」への出演を経て、新たな色を吹き込むべく地球ゴージャス最新作の主人公に挑む。 また、宝塚歌劇団屈指の実力派として「ファントム」「オーシャンズ1 [全文を読む]

岸谷五朗・寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」2016年、14作品目となる待望の新作は、城田優・蘭寿とむ 等、超豪華メインキャストが集結!!

PR TIMES / 2015年05月11日12時27分

まずは、ドラマ・映画でも活躍を続けながらも、その圧倒的な華と歌唱力で、ミュージカル界でもスターの座を確立している城田優が出演決定!『エリザベート』(10)、『ロミオ&ジュリエット』(11・13)、『4Stars』(13)、『ファントム』(14)、そして今年の6月から帝国劇場でキャストを一新して上演される『エリザベート』への出演を経て、新たな色を吹き込むべ [全文を読む]

古川雄大らの副音声解説付きミュージカル「黒執事」

Smartザテレビジョン / 2016年09月29日12時13分

そして'15年、主演に帝国劇場ミュージカル「エリザベート」のルドルフ役などを務める、ミュージカル界の新たな“プリンス”古川雄大を迎え「―地に燃えるリコリス」を再演。この公演の模様がWOWOWで放送される。 オリジナル副音声解説には、セバスチャン役の古川雄大、グレル役の植原卓也、劉役の荒木宏文、ドルイット子爵役の佐々木喜英のキャスト4人が登場。舞台裏の様子 [全文を読む]

帝劇ミュージカル「モーツァルト!」WOWOWにて放送決定!!

PR TIMES / 2016年05月02日10時58分

1999年、オーストリア・ウィーンで初演された本作は、世界的大ヒットミュージカル「エリザベート」の脚本・作詞、ミヒャエル・クンツェと音楽・編曲、シルヴェスター・リーヴァイによる作品。本作も世界中で上演され、日本では2002年の初演から何度も再演されてきた大ヒットミュージカルだ。日本版の訳詞・演出は宝塚歌劇団理事の小池修一郎。 初演から12年、ヴォルフガン [全文を読む]

井上芳雄&山崎育三郎「モーツァルト!」が今夏初放送

Smartザテレビジョン / 2016年05月02日07時00分

'99年、オーストリア・ウイーンで初演された本作は、世界的大ヒットミュージカル「エリザベート」の脚本・作詞、ミヒャエル・クンツェと音楽・編曲、シルヴェスター・リーヴァイによる作品だ。 本作も世界中で上演され、日本では'02年の初演から何度も再演されてきた大ヒットミュージカルだ。日本版の訳詞・演出は宝塚歌劇団理事の小池修一郎。 初演から12年、ヴォルフガン [全文を読む]

SixTONES松村北斗 TEAM NACSが好きで共演したいと語る

NEWSポストセブン / 2016年01月19日07時00分

あがり性で人前に出たくないキャラなんですが、昨年ミュージカル『エリザベート』を経験したので、ファンの皆さんのぼくの歌に対するハードルが上がったように思います(笑い)。ジャニワでもミスしたらすぐ『インフルエンザですか?』ってダメ出しのお手紙がきちゃうんです。心が弱いぼくなのでヘコみますが、緊張感をキープして千秋楽まで乗り切りたいですね」 ※女性セブン2016 [全文を読む]

「超あげまん」説が浮上も...前田敦子、尾上松也との破局にファンから同情の声

メンズサイゾー / 2015年12月24日17時00分

それまで尾上の出演舞台を観劇している場面を何度か目撃されていた前田だが、6月末の帝国劇場の『エリザベート』を最後に姿を見せなくなったという。 何度か元サヤに戻りかけたこともあったというが、結局は溝が埋められずに別々の道を歩むことになったようだ。 この破局報道に対し、ネット上のファンからは以下のような声が上がった。 「可哀想に...結局は売名に利用されただけ [全文を読む]

結婚寸前だった前田敦子と尾上松也 仕事優先で6月末に破局

NEWSポストセブン / 2015年12月23日16時00分

そんなすれ違いから、6月末に別れてしまったんです」(芸能関係者) 前田は、6月末の帝国劇場の『エリザベート』を最後に、松也の出演舞台会場に一切、姿を見せなくなったという。 「お互いを嫌いになって別れたわけではないので、元サヤに戻りかけたこともありました。破局後も、たまに食事に行ったりしていたようですし…。松也さんはまだ30才で、歌舞伎役者として大成するには [全文を読む]

フォーカス