水着 山口智子に関するニュース

水着姿のキャンギャル 水着審査拒否し合格した後の女優K

NEWSポストセブン / 2016年05月28日16時00分

これから夏にかけて、テレビCMや街角のポスターで目にするようになるのが、水着姿で微笑む美女の姿だ。日本におけるキャンペーンガール(キャンギャル)のパイオニアは前田美波里といわれているが、水着姿のキャンギャルは大きく分けて2種類。1つは繊維メーカーによる「新作水着のプロモーション」のためのモデルである。 後の大女優を数多く輩出したのがユニチカのスイムウェアキ [全文を読む]

「奇跡の16歳」岩崎名美ちゃんが男性誌初グラビアで伸びやかな肢体を解禁

週プレNEWS / 2012年12月04日21時00分

2013年の「東レ水着キャンペーンガール」に選ばれ、ファッション誌『JJ』の専属モデル、女優、リポーターなどもマルチにこなす、イワナミこと岩崎名美ちゃん。現在発売中の『週刊プレイボーイ』で男性誌初となる水着グラビアを掲載し、そのあまりの美しさが各所から大絶賛! 早くも「奇跡の16歳」と呼ばれる、話題の彼女に迫った! *** ―いま発売中の『週プレ』が初めて [全文を読む]

えっ、松嶋菜々子は12万円!大物美女たちのハイレグ水着テレカが急騰中

アサ芸プラス / 2016年08月05日05時59分

今では考えられませんが、ハイレグと言われる大胆な水着で砂浜や海で自慢のプロポーションを披露していた。国会議員の蓮舫もそうですよね」(週刊誌記者) 当時、コレクターアイテムとして隆盛を極めていたのが「テレカ」だが、特に人気のキャンペーンガールたちの水着ショットを使ったテレカはマニアの間では“お宝”とされ、数十万円という目の飛び出るような金額で取り引きされてい [全文を読む]

水着キャンギャルの終焉 背景に企業広告の方針変更

NEWSポストセブン / 2016年05月29日16時00分

1998年から「夢の実現を目指す女性を応援する」というコンセプトに代わり、同年の受賞者の相沢紗世は水着姿にならず、2006年を最後に同賞は休止した。 航空会社も、従来は新人モデルを採用していたが、1999年にはJALが既に大女優となっていた藤原紀香、ANAが芸人の山田花子、JASが故・黒澤明監督と大胆に方針を変えた。 キャンギャル業界を引っ張ってきた繊維メ [全文を読む]

週プレ創刊50周年!で懐かしのオリジナルテレカを追跡…“お宝プレミア”No.1は?

週プレNEWS / 2016年10月22日06時00分

-それでも10万円ですか…非売品パワーすごいですね! 現在、テレカやQUOカードで一番人気のアイドルって誰なんですか? 長尾 トップからいうと武田玲奈ちゃん(水着だと5、6万円で取引)。次に有村架純ちゃん、続いて宮脇咲良ちゃん、生田絵梨花ちゃんといった感じでしょうね。是非、週プレさんには武田玲奈ちゃんのQUOカードを50枚ぐらい出してほしいんですよね!! [全文を読む]

股下85cmのグラマラス女子高生 「年上の男性に憧れます!」

NEWSポストセブン / 2013年01月16日16時00分

水着撮影は恥ずかしさよりも、ちゃんとできるかなって心配が先にきちゃうんです。撮影前日には、下着の跡が付かないようにTシャツ1枚で寝るようにしています」 グラマラス高校生の好みのタイプは? 「年上の男性に憧れます。特にスーツ姿は、キチッとした大人という感じで胸がキュンとしちゃいます」 【プロフィール】 ●いわさき・なみ:1996年10月25日生まれ。東京 [全文を読む]

「根強い“仮面夫婦”説……」不倫報道の山口智子と夫・唐沢寿明の本当の仲とは?

日刊サイゾー / 2012年11月16日09時00分

「06年11月のこと、あるイベント会見前に放送された海外ロケの旅番組で、山口が大胆にも水着姿を披露した。報道陣からそのことについて聞かれた唐沢は『オレは水着どころじゃないのを見てるから』と吐き捨てるように言ったが、目は笑っておらず、イベント後には関係者に『なんで、あんな質問させるんだ!』と、ぶち切れていたという。よほど、夫婦仲について聞かれたくなかったの [全文を読む]

フォーカス