兄弟 渡哲也に関するニュース

『十津川警部』渡哲也・渡瀬恒彦兄弟初対決に至るまでの苦労

NEWSポストセブン / 2013年09月08日16時00分

しかも初めての兄弟対決。 2時間ドラマの醍醐味といえば、“いかにも怪しげな”だったり“まさかこの人が”といった登場人物のなかから「誰が犯人か」を推理すること。しかし今回、シリーズ当初からプロデューサーを務める森下和清さんが、番組記者会見で「渡さんには犯人役をお願いしました」と、あっさりと明かしたのだ。「視聴者のかたがたに、渡さんがどんな犯罪者役をやるのか、 [全文を読む]

渡哲也の今…弟・渡瀬恒彦さんの最期を苦しめた肺気腫と闘う

NEWSポストセブン / 2017年03月31日07時00分

最近は兄弟で病気のことを励まし合っていたようです。実は、兄弟の母・雅子さんも肺炎で亡くなっている。もともと呼吸器系に疾患を抱えやすい家系なのかもしれません」(前出・関係者) 最期の演技で、胸に拳銃を向けた渡瀬さんの胸中はいかばかりだっただろうか。 ※女性セブン2017年4月13日号 [全文を読む]

滝沢秀明主演!大河ドラマ「義経」 2017年11月待望のCS初放送!

PR TIMES / 2017年09月15日14時00分

親子・兄弟・主従の絆、情愛、そして裏切り……。800年以上の時を超えて愛されてきた義経が滝沢秀明で再び甦る!特集サイト:https://www.ch-ginga.jp/feature/yoshitsune/【放送情報】11/14(火)スタート (月-金)午後2:00~ ※予定[画像2: https://prtimes.jp/i/7290/63/resize [全文を読む]

「最後のマネジャー」が語る石原裕次郎と石原プロ

NEWSポストセブン / 2017年04月18日11時00分

それに渡さんは感激して、以来兄弟のような絆で結ばれたんです」(芸能関係者) 固い絆は仲川氏をはじめとした石原プロの社員・スタッフたちも同様だった。 「裕次郎さんが人を叱ったり怒ったりするところを一度でも見たことがありません。いつも朗らかで明るく笑っていました。 入社直後、熱心な裕次郎さんファンが事務所に電話をかけてきて、一目見たいってしつこいもんだから、撮 [全文を読む]

がん闘病の渡瀬恒彦が連ドラ復帰 兄・渡哲也と励まし合う

NEWSポストセブン / 2017年02月24日07時00分

兄弟の関係は以前にも増して深まっているんです。渡瀬さんにしてみれば、“兄の分も”という思いもあるのでしょう」(前出・芸能記者) [全文を読む]

V6・岡田「メンバーとも口をきかなかった」嵐・櫻井「嵐はなくなると思ってた」初サシ飲み全文

ガジェット通信 / 2016年12月09日17時30分

岡田が初単独主演を務めた2002年の連続ドラマ『木更津キャッツアイ』の共演をきっかけに、兄弟のように仲良くなったという2人。役名の「ぶっさん」「バンビ」と呼び合う仲で、ドラマが終わって7年が経っても“特別な仲”とコメントする場面もあった。しかし、最近は役名で呼び合っていないことが発覚。現在はビジネス仲良しなのでは? という疑惑から、番組では2人きりのサシ [全文を読む]

50作目迎えた『十津川警部』 過去の撮影警察が来る騒ぎも

NEWSポストセブン / 2013年09月09日07時00分

兄弟でやるのは、どんな気持ちなんでしょうね」 と伊東。自身もこの作品では息子の伊東孝明(42才)と親子共演を実現。本人は「孝明とはもう何度も一緒にやっていますので」とそっけないが、プロデューサーを務める森下和清さんによれば「すごくうれしそうだった」とか。 相棒・渡瀬の印象を聞くと、 「私は『この作品で、渡瀬さんご本人とは会ったことがない』ってよく言うんです [全文を読む]

吉永小百合「多情交遊の履歴書」(1)元親友“暴露本作家”が惜別激白

アサ芸プラス / 2013年08月13日09時59分

「山本學・圭兄弟への思いは相当強かったでしょうね。新劇系の人には弱いから。加藤に対しては『なんて立派な顔の人だろうと思った』と言い、好きだという気持ちは伝わっていたものの、婚約者がいた加藤は困惑していた、と」 [全文を読む]

来場者149万人達成『龍が如く』73時間ぶっ続けゲーム実況のまとめ

ガジェット通信 / 2013年01月06日06時00分

■実況者:recog、わたへ~ ●いきごみ recog(co52263) 「龍が如くの面白さをニコニコ動画を見ている人に伝えたいと思います! と、いうのは建前で、楽しもうと思いますー」 わたへ~(co480543) 「メインはrecogさんに任せて、外からやいのやいの言いたいと思いますー」 (左:わたへ~さん、右:recogさん) ●ゲームの進行状況 『 [全文を読む]

フォーカス