病気 渡哲也に関するニュース

渡哲也の今…弟・渡瀬恒彦さんの最期を苦しめた肺気腫と闘う

NEWSポストセブン / 2017年03月31日07時00分

渡瀬さんを苦しめたのは呼吸器系の病気である肺気腫だった。肺気腫とは、酸素を取り入れる細胞が壊れ、肺機能が低下した状態をいう。 「去年の秋頃から呼吸が苦しくなり、運動などはできない状態になっていたのです。2月に『9係』のクランクイン会見に臨んだ時は、もう歩きながら話すことは困難で、座ったり立ったままだから受け答えができた。会見中に共演者が涙を流す場面がありま [全文を読む]

嵐・櫻井翔、堀北真希との「熱愛完全否定」は不自然!? 異例の対応を怪しむマスコミ増加中

サイゾーウーマン / 2015年03月03日12時45分

二度も入院しているのに「病気じゃない!」と。B 俺はガンだって聞いたけど。芸能人ってスポンサーの都合とかもあるから、準備が整うまで発表できなかったり、いろいろ面倒なんだろうけど、サッチーの場合は「とにかくマスコミが気に入らないから」というオーラをつい感じてしまう。C 同じく重病説だと、渡哲也も年末からちょっと騒々しいですね。B 映画版『西部警察』の制作がス [全文を読む]

渡瀬恒彦「兄貴程度の芝居しかできなかったら消えていた」

NEWSポストセブン / 2017年03月24日16時00分

「ずっと病気していたから、もっとやつれているかと思っていたんですけど、いつもの温和な恒さんでした。口元はちょっと微笑みを浮かべているようで……。その顔を見た途端、涙がポタポタと出てきて……。絶対に人に弱みを見せないのが、渡瀬恒彦の美学。それを知ってるからこそ見舞いに行けなかった。もう一度一緒に飲みたかった」 葬儀は兄・渡哲也ら10数人の親族のみで静かに営ま [全文を読む]

がん闘病の渡瀬恒彦が連ドラ復帰 兄・渡哲也と励まし合う

NEWSポストセブン / 2017年02月24日07時00分

渡瀬さんは入院せず、通院しながら小康状態のがんと向き合っているそうです」(芸能記者) 昨年4~6月放送の「9係12シーズン」では、渡瀬は病気を共演者に伏せたまま撮影に臨んだ。「自分の口から(病気のことを)話したことはないです。週刊誌に出たから否定はしませんが、あえて自分からしゃべることではないと思っていた」と語った渡瀬。「現場で弱音は一切なし。本当に痛くな [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第1回・松方弘樹」(2)弘樹のイメチェンを図れ!

アサ芸プラス / 2016年10月18日05時57分

渡哲也の病気降板を受け、NHK大河ドラマとして初の「途中で主演交代」の事態に見舞われた。74年の「勝海舟」である。メイン脚本家の倉本聰は、親友の中島貞夫に相談する。「誰かいない?」「弘樹ちゃんだったら都合つくかもしれないぜ」 中島は66年の「893愚連隊」(東映)から94年の「首領を殺った男」(東映)まで、最も多くの松方主演作を撮った監督である。時代劇スタ [全文を読む]

渡哲也の窮地救った妻 病室に1カ月間泊まり込んで献身看病

WEB女性自身 / 2015年07月30日06時00分

法要終了後に彼の病気のことが明かされました。入院した6月10日、すぐにカテーテル手術を受けたそうです。入院期間は7月11日までの31日間でした」(芸能関係者)「奥さんの適切な判断が渡さんの命を守ったといえますね」と語るのは、渡が入院していた病院の関係者。「まさに早期発見・治療でしたので、手術は1時間30分ほどで成功しました。CCU(心臓血管疾患集中治療室) [全文を読む]

あの役まで!大名優・松方弘樹が演じた「意外な歴史人物」3選

しらべぇ / 2017年01月27日10時00分

ところが渡さんが病気治療で降板し、その後釜として松方さんに役が回った。大河ドラマにおいて子役から成人の役者にバトンタッチすることはよくあるが、成人同士はあまりない。だが、ドラマの迷走はそれで終わらなかった。NHK社内の労使問題がドラマの制作現場にまで波及し、スタッフの間で温度差が生じてしまったのだ。以上、俳優松方弘樹が演じた「意外な歴史人物」をいくつかご紹 [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(4)「孤独のグルメ」は松重豊以外に候補が…

アサ芸プラス / 2016年09月13日05時57分

同じ東映組でも、渡哲也が病気療養で途中降板したNHK大河ドラマ「勝海舟」(74年)を引き継いだ松方弘樹は違っていた。「NHKはモノを作るところじゃない」 最後まで不満タラタラだったが、ここで共演した仁科明子(現在は亜希子)と不倫から再婚へと発展している。 不祥事による交代は、現在の高畑裕太を見てもわかるが、中村獅童は飲酒運転事故で「ハゲタカ」(07年、N [全文を読む]

忠臣蔵、白虎隊、五稜郭!懐かしの年末番組『年末時代劇スペシャル』を振り返る!

日本タレント名鑑 / 2016年01月16日09時55分

1990年は田村正和さん(病気のため、途中降板・実弟の田村亮さんが代役)主演の『勝海舟』と、ここまで5作連続で幕末もの。やhあり幕末好きは多いようです。 年末時代劇の陰りと迷走 時代劇自体が下火だった80年代ですが、『忠臣蔵』『白虎隊』と非常にスタートダッシュも良かったため、一気に「年末は幕末時代劇」という習慣が根付きましたが、実際のところ4作目5作目は少 [全文を読む]

半沢直樹で注目の倍賞美津子 木村拓哉「最高の女性」と絶賛

NEWSポストセブン / 2013年09月24日07時00分

そして、そのことを同じ病気を患い人工肛門を着けていた渡哲也(71才)と同じように自ら公表したのだった。それは彼女がこんなポリシーで生きてきたからだ。 「泣きたいときはひとりで泣いて、ひとりで決断して、自分の傷は自分でなめて治す」 どんなネガティブなことも、自分の身に起こったすべてのことは自分で消化するしかないという考えなのだ。 約2か月の入院を経て退院する [全文を読む]

松田優作「死神を連れた演技」

アサ芸プラス / 2013年01月31日10時00分

渡は同作の前年、大河ドラマ『勝海舟』を病気で降板したため、撮影当時はまだ快癒していなかったと思います。しかし、その死相漂うごとき不健康さが、破滅的なアウトロー役にぴったりハマった。まるで肺病患者のような青白い顔で魅せる凄みは、非常にインパクトがありました」 特に印象的なのが、「死んだ妹の遺骨をかじるシーン。供養のためにかじったのでしょうが、鬼気迫る表情に思 [全文を読む]

フォーカス