ひとり 渡哲也に関するニュース

半沢直樹で注目の倍賞美津子 木村拓哉「最高の女性」と絶賛

NEWSポストセブン / 2013年09月24日07時00分

その後、ひとりの娘を出産したが、猪木が経営していた飼料会社やレストランが経営不振に陥り、生活は困窮。そんなときに映画『恋文』(1985年)での共演で出会った萩原健一(63才)とたちまち恋に落ちた。当時38才の倍賞。その2人の中を写真週刊誌に報じられ、1987年、倍賞は猪木と離婚した。 2人の男との大恋愛が終わった矢先、彼女を病魔が襲った。1997年4月、直 [全文を読む]

渡瀬恒彦さん死去 『ちりとてちん』草若の名台詞を思い出す人も

しらべぇ / 2017年03月16日10時00分

(画像は『東映マネージメント』公式サイトのスクリーンショット)スターがまたひとり、テレビから姿を消す。『仁義なき戦い』シリーズや『十津川警部』シリーズ、『ちりとてちん』(NHK)などで知られる俳優の渡瀬恒彦さん(72歳)が14日に多臓器不全で死去していたことがわかった。突然の訃報に、ネットでは驚きと悲しみの声が広がっている。■15年から癌と闘病も帰らぬ人に [全文を読む]

振り幅大きい刑事を演じ分ける舘ひろしに「定年なし」評

NEWSポストセブン / 2016年03月16日07時00分

一方、25年前、尾崎を窮地に陥れた記事を書いた張本人、新聞記者の板垣が、もうひとりの軍団重鎮神田正輝。さらに尾崎が勤務する青梅中央署の署長が徳重聡という布陣である。さっそく、第一話で尾崎と板垣、因縁のふたりが再会、至近距離ですれ違う場面は、約40年前のドラマ『大都会 闘いの日々』で石原裕次郎と渡哲也がすれ違いざまに向き合う場面を彷彿とさせた。この『大都会 [全文を読む]

裕次郎、渡哲也…浅丘ルリ子が語る昭和大スターとの交遊録

WEB女性自身 / 2015年05月05日07時00分

父の反対もあって結婚はできませんでしたが、愛した人のひとり。今でも仲よしですし、共演もしていますよ」【高橋英樹】「日活デビュー直後の英樹の面倒を見ていたの。英樹は私がいなくても、『高橋です。お食事させてください』と、私の家に勝手に出入りしていたのよ!」【渡哲也】「渡くんのデビュー当時は、緊張してセリフも全然言えずじまい。そりゃそうよね。いきなり石原裕次郎さ [全文を読む]

「ついに"お年玉"なしに!」お宝映画公開と新年会で判明した石原プロの苦境

日刊サイゾー / 2012年01月13日08時00分

とはいえ、その配り方は豪快で、札束を持った舘が上座に立ち、行列を作った出席者1人ひとりに手渡しで1万円を配っていた。昔はどさくさにまぎれて1人で数回並ぶ出席者もいたり、その模様がワイドショーで堂々と放映されていた。最近では、芸能界において、現金のおおっぴらなやりとりがあまり好ましくないムードになったのを受け、ワイドショーではその映像を使わなくなったが、"お [全文を読む]

フォーカス