息子 渡哲也に関するニュース

松田優作「死神を連れた演技」

アサ芸プラス / 2013年01月31日10時00分

「警察に追い詰められる健さんのもとに、妻と息子がいるんです。刑事が息子に『あれはお前の父親だな』と問うと、息子は『知らないおじさんだ』と言うんですよ。それで一時は逃れますが、結局は撃たれてしまいます」 [全文を読む]

真田丸 秀吉演じる小日向文世らの「名古屋弁」の面白さ解説

NEWSポストセブン / 2016年05月18日16時00分

しかし、息子の言葉を聞いたなか本人は「藤吉郎が助かるんなら、私、喜んで行くぜーも」「なんだしゃん、私、楽しいような気がしてきた」「私、喜んで行かせてもらうでなも」とにこにこ。息子の願いをあっさり受け入れる。 「ぜーも」も「なんだしゃん」も「もらうでなも」などハイクラスの名古屋弁を三連発。すらすら出てくる山田昌。秀吉の言葉を借りれば「さすがはお袋さまだぎゃー [全文を読む]

50作目迎えた『十津川警部』 過去の撮影警察が来る騒ぎも

NEWSポストセブン / 2013年09月09日07時00分

自身もこの作品では息子の伊東孝明(42才)と親子共演を実現。本人は「孝明とはもう何度も一緒にやっていますので」とそっけないが、プロデューサーを務める森下和清さんによれば「すごくうれしそうだった」とか。 相棒・渡瀬の印象を聞くと、 「私は『この作品で、渡瀬さんご本人とは会ったことがない』ってよく言うんです。渡瀬さんが私服で来たのを1回も見たことがなくて、家を [全文を読む]

1.5億マグロ釣った漁師 父も過去に最高額マグロ釣り上げた

NEWSポストセブン / 2013年01月19日07時00分

息子はその1週間、プレッシャーで気が気じゃなかったんじゃないの? 4日に誰かがそれ以上のマグロを揚げれば、アウトだから」(薫さん) 過去の例を見ても、222kgのマグロは決して大きなほうではない。しかし、4日の漁でマグロが1本も揚がらず、大間から初競りにかけられたのは大輔さんのマグロを含めて4本だけだった。 世界各国からこの日、市場に並んだマグロの数は約 [全文を読む]

深作欣二「仁義なき戦い」の脚本に一目惚れ

アサ芸プラス / 2012年12月25日10時00分

【関連記事】 「仁義なき戦い」40年目の壮絶秘話(1)「顔のシワ作り」に励んだ松方 深作欣二、息子・健太の間で壮絶なバトル 深作欣二「蒲田行進曲」風間は撮影直前に指名 深作欣二「蒲田行進曲」素人、平田満への気遣い 深作欣二、萩原健一に「Vシネマみたいな台本だよ」 [全文を読む]

フォーカス