著書 古市憲寿に関するニュース

高橋源一郎(小説家)×古市憲寿(社会学者)が、京都精華大学で対談 ― 2月16日(土)岡本清一記念講座『現代における「自由」とは何か』 ―

@Press / 2013年01月29日10時30分

小説はもとより、随筆、評論、翻訳など、その著書は限定されず多岐にわたる。 2010年よりTwitterにて「午前0時の小説ラジオ」を不定期で放送中。 <古市憲寿 (ふるいち のりとし)> 社会学者。東京大学大学院博士課程在籍。有限会社ゼント執行役。 慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員。 若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者 [全文を読む]

【ネットニュース編集者によるイニシャル鼎談】羽生結弦の“結婚報道”がPVを稼ぐ理由

デイリーニュースオンライン / 2016年01月27日17時00分

著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/ プロフィール ライター/編集者 中川淳一郎 一橋大学商学部卒業後、博報堂CC局で企業のPR業務を担当。2001年に退社しフリーライターに。『テレビブロス』編集者、企業のPR活動、ライター、雑誌編集などを経て『NEWSポストセブン』など様々な、ネットニュースサイトの編集者とな [全文を読む]

「ハーフ劣化」発言の古市憲寿 過去に「子供は汚い」、他人と違うオレ演出

Business Journal / 2016年01月10日07時00分

古市氏のこうした発言に対して、『正直な発言で面白い』『こういう人がいてもいい』という意見がある一方、『社会学者なのに社会性が欠如している』と厳しい目を向けたり、同氏の著書『だから日本はズレている』(新潮社)をもじって、『だから古市はズレている』と批判する人もいます」(週刊誌記者)●「人を見下している」「目立ちたいだけ」 慶應義塾大学から東京大学大学院に進 [全文を読む]

電車にベビーカーで乗ると白い目で見られる社会。古市憲寿氏が提唱する“保育園義務教育化”とは?

週プレNEWS / 2015年10月31日06時00分

しかし社会学者の古市憲寿(のりとし)氏は、景気悪化や年金破綻、下流老人など私たちの将来を脅かす根っこにこの問題があると、著書『保育園義務教育化』で指摘する。初めての“保活”に直面する週プレNEWSライターが古市氏を直撃した。 ―本の中でも「子供より猫が好き」と言ってはばからない古市さんですが、待機児童問題に関心を持ったきっかけは? 古市 確かに、僕はもと [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】“保育園落ちた”絡みで水道橋博士、古市憲寿さんの本を絶賛「完全に見直した」

TechinsightJapan / 2016年03月17日18時45分

お笑い芸人の水道橋博士が社会学者・古市憲寿さんの著書『保育園義務教育化』についてツイッターで絶賛している。国会でも取り上げられた「保育園落ちた日本死ね!」のブログをきっかけに読んだところ、感銘を受けたようだ。フォロワーからも「参考になった」「これぐらいしてもいいなっしー!」と共感するコメントが寄せられた。 古市憲寿さんと言えば、『ワイドナショー』などバラエ [全文を読む]

古市憲寿氏「ハーフ劣化」発言にみるニュースサイト『J-CAST』との混ぜるな危険感|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年01月08日12時00分

著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/ [全文を読む]

大反響!働くママ達がドラマ「37.5℃の涙」で本気泣きした納得の理由

BizLady / 2015年09月26日12時00分

<『37.5℃の涙』を読んだ時、急に実感を持って「子ども」をめぐる世界の異様さに気づいたのだ> と著書『保育園義務教育化』で語っています。そして、『37.5℃の涙』が、同著を書くことにもつながったのだそう。 母と子が孤立した状態において、母親のメンタル状態や経済状態は、悲しいほどに子どもに向けらます。何かのきっかけで正気を失ったママ達の心理が、『37.5 [全文を読む]

古市憲寿氏 保育園義務教育化で安全で豊かな日本になると提唱

NEWSポストセブン / 2015年08月02日07時00分

若手社会学者・古市憲寿さん(30才)は、著書『保育園義務教育化』(小学館)で、保育園をすべての子どもが通うものとすれば日本社会が変わっていくと説いている。 果たしてこの政策で日本のママたちは幸せになれるのだろうか。4人の子を持つ親でもある保育ジャーナリストの猪熊弘子さん(50才)と古市さんが、保育園義務教育化の是非とこれからの保育、日本のあり方を語り合った [全文を読む]

古市憲寿氏「ビルの中に保育園建設するための制度を」と提案

NEWSポストセブン / 2015年07月28日16時00分

『保育園義務教育化』(小学館)の著書を持ち、これからの保育園の新しいあり方を提案する若手の社会学者、古市憲寿さんに改善策を聞いた。「日本はひとりっこ政策をしてこなかったけど、実質的にしているのと同じ。女性が子育てをしにくい環境をつくっているのは国や社会であることに気づいてほしい」。そう語る彼が提唱する「保育園義務教育化」――その仕組みとはどうなっているのか [全文を読む]

乙武洋匡著『社会不満足』(中央法規出版)の刊行を記念して「乙武洋匡×家入一真トークショー」開催します

DreamNews / 2014年11月12日17時00分

著書に『だいじょうぶ3組』『ありがとう3組』(講談社)、『自分を愛する力』(講談社現代新書)、『プレゼント』(中央法規出版)など。 □本書の体裁四六判・並製 本文1色304頁定価●1,512円(本体1,400円+税)発行日●2014年11月11日発行・発売●中央法規出版株式会社ISBN:978-4-8058-5073-2 【本件に関するお問い合わせ】〒11 [全文を読む]

渡辺謙の不倫報道は何かが違う?超大物に漂う”違和感の正体”

デイリーニュースオンライン / 2017年04月03日08時12分

主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。 [全文を読む]

なぜイケメン夫を捨てて?フジ秋元優里アナが選んだ“番組関係者”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月21日21時00分

主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。 [全文を読む]

KYすぎる社会学者・古市憲寿へ向けられる非難の嵐

デイリーニュースオンライン / 2016年06月24日08時05分

主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

東京都の保育園運営 0才児1人当たり1か月に50万円かかる

NEWSポストセブン / 2016年02月29日16時00分

園庭が広くて、家からも近くて、なんて叶わないっていうご意見もありました」(石川さん) 認可保育園の数を増やすのではなく、小規模保育園の数を増やす、ベビーシッターの数を増やすなどの提案が出されたり、社会学者・古市憲寿さんは著書『保育園義務教育化』(小学館刊)で、保育園を義務教育化することで、誰でも無償で通える制度を打ち出すなど、プランはいくつもあるのに、いず [全文を読む]

幻冬舎plusで出版社発の音声コンテンツ販売を開始! 第1弾は國分功一郎さんの特別講義

PR TIMES / 2014年10月03日16時08分

著書に『スピノザの方法』(みすず書房)、『暇と退屈の倫理学』(朝日出版社)、『ドゥルーズの哲学原理』(岩波書店)、『来るべき民主主義』(幻冬舎新書)、『哲学の自然』(太田出版、中沢新一氏との共著)、『社会の抜け道』(小学館、古市憲寿氏との共著)、『哲学の先生と人生の話をしよう』(朝日新聞出版)、訳書に、『マルクスと息子たち』(デリダ、岩波書店)、『カントの [全文を読む]

フォーカス