人生 雇用保険に関するニュース

新社会人はスタバに寄ってはいけない

プレジデントオンライン / 2017年05月14日11時15分

今回は、そんな新社会人が考えておくべきお金にまつわる3つのことをご紹介しよう ▼社会人が絶対知っておくべきお金のこと その1<ライフプランを立てない人は必ず浪費する> 結婚、出産、仕事、親からの独立、転職、キャリアアップ、住宅購入など、人生の節目となる出来事を「ライフイベント」という。 新社会人にとって、これからの人生の中で可能性のあるライフイベントには [全文を読む]

絶体絶命! 老後資金が全然貯まらなかった人はどうすればいいか?

プレジデントオンライン / 2017年02月05日11時15分

家族も随伴可だから、夫婦で日本を離れ、海外での生活を体験してみるというのも、これからの人生を再考する上で良い機会になるにちがいない。 厚生労働省の統計など、都道府県別に高齢者の就業率と健康寿命の関係をみると、長野県に代表されるように、有業率が高いほど健康寿命も長いという。 できるだけ長く働くことで安定した収入を得ることができれば、生活の質も向上するし、健康 [全文を読む]

橋下徹"こども保険は現役世代への増税だ"

プレジデントオンライン / 2017年06月14日11時15分

これに対して、僕は人生で成功を収めた人に相応の負担をしてもらう税というものを考えている。日々稼いだお金に対する税というよりも、稼いだお金が積み上がった資産=ストックに対する税。これは日々稼いだお金、生活するためのお金に対する増税ではなく、貯まって余裕のある資産に対する税なので消費を減退させる悪影響も少ないだろう。 具体的には、人生全体できっちりと積み上が [全文を読む]

会社員妻との生涯収入差は1億3500万円でも「働きたくない病」の妻たち6タイプ

プレジデントオンライン / 2017年01月05日09時15分

■働くことは生活の糧であり、人生の糧である 我が家は、夫が会社経営者で、家事も育児も一切、非協力的。私が仕事をすることに関しては「別にあなたが働かなくてもおカネに困らないでしょ」というタイプ。頼りになる祖父母なども近所に住んでおらず、夫から「子どもが3歳になるまで保育園は禁止」と念押しされていたので、子どもが小さい頃は本当に大変だった、ような気がする。 [全文を読む]

「失業給付」自己都合退職による拡充見送り、「追い詰められて辞める人もいる」と指摘

弁護士ドットコムニュース / 2016年12月21日10時00分

「確かに、『自ら』といっても、そこには濃淡があり、人生のステップアップのために本当に自ら辞めていく人もいれば、退職強要、パワハラ、転勤命令、過酷な労働などのために辞めざるをえない状況に追い込まれた人もいるでしょう。 『自己都合』でくくられている中には後者の人も相当な割合を占めるのではないでしょうか。これらの場合、ハローワークの判断で会社都合扱いに変更され [全文を読む]

「AV女優の出演強要被害」問題に川奈まり子が語った1万字の真実

しらべぇ / 2016年05月07日09時00分

自分の中で出演事実に納得できなくなった場合、精神的に追い詰められませんか?世間からはある程度、蔑まれている偏見と差別の対象であることをわきまえながらも、自分自身では納得づくで、覚悟を決めてAVに出演していれば、AVで体験したことは引退後の人生を支える知恵に成り得ると思います。AV出演者にとって、良いことばかり言うスカウトやプロダクションは信用なりませんが、 [全文を読む]

女性は知らないと損!寿退社でも「失業手当」はもらえる

Woman Money(ウーマンマネー) / 2015年02月15日21時05分

女性は人生の選択肢も多いですが、家庭の事情も抱えて退社せざるを得ない場合もあります。 顧問先でそんな女性たちと接してきた税理士の筆者が、知っておいて損はないと思う失業給付について、わかりやすく説明いたします。 ■寿退社でも「失業手当」はもらえる 失業給付制度は、会社の倒産や様々な事情で職場をやめざるをえなくなった人に対して、国が生活支援をする制度です。収入 [全文を読む]

全労済協会が、職場における退職後の生活設計コーディネーターを養成!

PR TIMES / 2015年01月28日19時14分

勤労者にとって定年退職は、いつか訪れる人生の節目であり、第2の人生のスタートでもあります。全労済協会では、長寿社会において、長期にわたる退職後の豊かな生活をサポートするための活動として、2015年以降も継続して「退職準備教育研修会(コーディネーター養成講座)」を開催いたします。(2015年度は、東京開催6月、大阪開催11月に開催予定。)また、当講座で使用す [全文を読む]

パワハラ被害で退職、その後の生活を守るために

JIJICO / 2014年09月13日12時00分

では、そのような場合でも、できるだけ今後の人生のために損しないようにするためには、どのようにすれば良いのでしょうか。 誰かに相談し肉体面・精神面をケアすることで鬱病の発症を防ぐ まずは、絶対ひとりで悩まないことです。パワハラを受けた人がメンタル不調に陥り、鬱病などを発症するケースも多発しています。そうなれば、たとえ会社を辞めたとしても、その後の仕事や生活 [全文を読む]

意外に多い!「失業手当」を50代会社員の4割が経験ずみ

しらべぇ / 2016年10月27日20時00分

・合わせて読みたい→これはひどい...20代の4人に1人は人生に絶望している現実(取材・文/しらべぇ編集部・谷葦夫)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数) [全文を読む]

産休・育休中の「赤字」は避けられない 給付金や免除があってもキツいって本当?

ウートピ / 2016年08月26日15時31分

出産は人生の一大イベントと張り切って205万円の出費になってしまったAさんですが、実は産休・育休で「浮くお金」や「もらえるお金」があるのです。〈これまでのストーリー〉【記事一覧はこちら】妊娠2年前からのお金計画“出産ビンボー”にならないために現在38歳、大手メーカーに正社員として勤めるAさん。32歳で結婚、34歳から2年間の不妊治療を経て36歳でめでたく妊 [全文を読む]

無理はNG!「妊娠・出産」を機に仕事を辞めるメリットとデメリット

BizLady / 2016年04月30日22時00分

しかし“妊娠・出産”、その後に続く育児は女性にとって、やはり人生の一大イベントでもあります。「多忙な仕事と両立していけるのか?」「ゆったり子育てをしてみたい……」など、様々な考えが頭に浮かんでくるかと思います。仕事を辞めれば、時間もたっぷり持てるため、ゆとりを持って出産や育児にも専念できると考えることもできます。しかし、一度仕事を辞めてしまえば、今後の再就 [全文を読む]

夢を売るビジネスに挑戦する男(下)~プロ野球選手のセカンドキャリア その3~

Japan In-depth / 2016年01月10日14時29分

−出会い新しい人生を見出さなければならなくなった22歳の若者は、すでに企業人として世で活躍を始めていた巨人育成同期の川口寛人(30)らに、“その後”について相談した。焼肉店の雇われ店長を勧めてくれた知人の誘いを受け、勤め始めた。プロ野球OBには、飲食店経営で成功している人間もいたので、興味を持っていた。店頭での接客の仕事、牛肉の部位など必死で覚えた。しばら [全文を読む]

働く女性だからこそ!将来へのリスクに必要な備え

JIJICO / 2015年11月12日10時00分

働く女性であれば職場での責任も全うし、何があっても自分の人生をしっかり歩めるようなリスクへの備えが必要です。しかし、万が一の備えが必ずしも「保険商品」ではありません。例えば、みなさんの給与から天引きされているお金で最も比率の大きいものはなんでしょうか。税金でしょうか。いいえ、実は社会保険料です。 健康保険、雇用保険、年金保険に加え40歳以上であれば介護保険 [全文を読む]

目標を叶えたいなら「絶対口にしてはいけない」NGワード5つ

WooRis / 2014年01月20日15時00分

以上、目標を立てて前向きに人生を進む上で、“口にしないほうがいい言葉”をご紹介しましたが、いかがでしたか? 基本的には言い切りの形で目標を立てると、実現に結びつきやすくなります。曖昧な表現で、目標さえも曖昧にしないように今年はしたいですね。 【関連記事】 ※ 私はもらえない?妊娠・出産時の失業保険でよくある勘違い3つ ※ 後からでも遅くない!生活を左右す [全文を読む]

フォーカス