サラリーマン 人生に関するニュース

サラリーマンが「お金持ち」になるために“特別な才能”はいらない

プレジデントオンライン / 2017年02月09日08時45分

そもそも、知的で真面目なサラリーマンが自分の特性を変えてまで大実業家を目指すことは現実的ではないのだ。本田氏は、「サラリーマンは資産5億円以上の『超富裕層』を狙わないほうが幸せになれる」とアドバイスする。 私たちが目指すべき「お金持ち」とは、ある年は2億円稼いでも次の年には2億円損をする危険のある「一攫千金」的なお金持ちではない。都心のタワーマンションに住 [全文を読む]

定年後の自由時間「立ち往生」しない方法

プレジデントオンライン / 2017年06月03日11時15分

ベストセラー『定年後 50歳からの生き方、終わり方』(中公新書)の著者である楠木新氏は、大手生命保険会社を定年まで勤めた元サラリーマンです。著書では自身の経験を交えながら、定年後の生き方について解説しています。楠木氏が「定年後は在職中から始まっている」といいます。その理由とは――。 ■会社人生には、前半戦と後半戦がある 定年になった時点から眺めてみると、長 [全文を読む]

たとえ困難な恋でも、なぜ女性は諦めないのか?【恋をする意味】

ANGIE / 2015年05月24日15時59分

第一話⇒普通のサラリーマンと結婚することが、いつからあなたの夢になりましたか? 第二話⇒【会社辞めたい】どうして「逃げること」は悪いことだと思われているのか? 第三話⇒「リア充は心が満たされない?」遊んだり買い物したり旅行したくなる理由とは 第四話⇒たとえ困難な恋でも、どうして女性は諦めないのか?【恋をする意味】 [全文を読む]

成功者 地方の「5時半帰宅サラリーマン」は幸せと香山リカ氏

NEWSポストセブン / 2012年01月03日16時00分

(了) 【関連ニュース】痔の予防法 酒、からし、コショウを控えて暴飲暴食しない香山リカ氏 ツイッターには異論を封じ込める機能あると指摘『プロジェクトX』プロデューサーが働く男女の悩みに答える香山リカ 震災復興の威勢良い掛け声が日本人を追い詰めた中西モナが診断された多嚢胞性卵巣 毛深い等男性化進む症状も [全文を読む]

こうすれば「会社が潰れたらどうしよう」という不安は一瞬で消える

まぐまぐニュース! / 2016年09月12日20時00分

ギャンブル漬けのフリーター時代を経て、派遣社員から大手外資系IT企業の部長、そして現在は会社を立ち上げ各地でセミナーを行っているという無料メルマガ『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』著者の佐藤しょ~おんさん。佐藤さんはどのようにして人生を変えていったのでしょうか。メルマガに、人生の転機になったというある「発想のコペルニクス的転回」についてが記されて [全文を読む]

病院死の割合増加と、“植木 等”の関係/川口 雅裕

INSIGHT NOW! / 2015年07月06日16時36分

サラリーマンは、気楽な稼業ときたもんだ」は、1962年にヒットした映画のセリフで、今から約53年前のことだ。現在75~85歳の後期高齢者は当時22~27歳の若手だから、現役時代のほとんどが“気楽な稼業”であったということになる。個人商店や自営業を営む人の割合が低下し、企業に入ることによって安定した収入を得られるようになっていった時代。日々の商売の浮き沈み [全文を読む]

司馬遼太郎のサラリーマンへの応援歌

プレジデントオンライン / 2017年01月21日11時15分

ただし、孔子の教えだけでなく、旧題の『名言随筆サラリーマン』が示す通りゲーテや夏目漱石など古今東西の名言を引用しつつ、会社で生きるサラリーマンたちに贈った人生講話だ。 例えばゲーテなら「涙とともにパンを食べた者でなければ人生の味はわからない」を選んだ。一方、漱石では「運命は、神が考えるものだ。人間は人間らしく働けばそれで結構だ」を挙げる。長年の宮仕えで自分 [全文を読む]

所有をやめよ。人生が変わるから。

経済界 / 2016年11月25日10時04分

愚痴っぽい人間に変わったエリートサラリーマン お金持ちのタイプが変化していると気付いたのは、ここ数年のことかもしれない。 何年か前、私は大学を出てすぐに勤めた会社に、今も勤めている友人と食事したことがあった。 いい大学を出て大会社に入り、順調に出世する。働いている人たちの3人に1人が非正規社員で、年収が200万円にも満たない、いわゆるワーキングプアが給与所 [全文を読む]

◆電子書籍特別セール実施!!◆iPhone,iPad電子書籍アプリ『会社を辞めずに年収3000万円』が本日より6月末まで期間限定120円!!

DreamNews / 2015年05月29日18時00分

株式会社オープンアップスが、iPhone,iPad電子書籍アプリ『会社を辞めずに年収3000万円』を本日より6月末まで期間限定120円にてセールを実施!!株式会社オープンアップス(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:加藤秀樹)がiPhone,iPad電子書籍アプリとして開発販売を行った『会社を辞めずに年収3000万円』が、本日より6月末まで期間限定120 [全文を読む]

◆2014年10月29日(水)付けで、6.9万DL突破!!◆iPhone,iPad電子書籍アプリ『会社を辞めずに年収3000万円』大好評配信中!!

DreamNews / 2014年10月29日12時30分

☆『会社を辞めずに年収3000万円』https://itunes.apple.com/jp/app/hui-shewo-cimezuni-nian-shou3000wan/id571566863?mt=8――――――――――――――――――――――どんなに景気の悪い時代にも、お金持ちはいる!平凡なサラリーマンだった著者がアパート経営で年収三〇〇万円が年収三 [全文を読む]

◆2014年9月12日(金)付けで、6.7万DL突破!!◆iPhone,iPad電子書籍アプリ『会社を辞めずに年収3000万円』大好評配信中!!

DreamNews / 2014年09月12日12時00分

☆『会社を辞めずに年収3000万円』大特価100円!!https://itunes.apple.com/jp/app/hui-shewo-cimezuni-nian-shou3000wan/id571566863?mt=8――――――――――――――――――――――どんなに景気の悪い時代にも、お金持ちはいる!平凡なサラリーマンだった著者がアパート経営で年収 [全文を読む]

iPhone,iPad電子書籍アプリ『会社を辞めずに年収3000万円』が2014年9月8日(月)付けで、AppStore iPhoneブックランキングにおいて1位を獲得!!

DreamNews / 2014年09月08日12時30分

◆◇iPhoneブックランキング1位獲得!5,000名様限定100円にてセール中◇◆会社を辞めずに年収3000万円~年金対策、結婚資金、教育資金…など、経済的な自由になる方法~https://itunes.apple.com/jp/app/hui-shewo-cimezuni-nian-shou3000wan/id571566863?mt=8アプリ定価1, [全文を読む]

[ナレッジソサエティ]起業家講師による起業家対象セミナー開催、軍師『黒田官兵衛』に学ぶ!冴え渡った知略を現在に120%活かす戦略とコツ

DreamNews / 2014年08月14日09時00分

起業家向け会員制シェアオフィス・コワーキングスペース「KSフロア」を運営する株式会社ナレッジソサエティ(本社:東京都千代田区、取締役社長:久田敦史 http://www.k-society.com)は、「起業家が起業家を支援する」というコンセプトのもと、2014年9月19日(金)に「今後の起業家・サラリーマンの生き方を示す」セミナーを開催します。2014年 [全文を読む]

ひふみ投信が「オーナー経営者」に投資する理由

Forbes JAPAN / 2017年03月12日09時30分

日本の企業のサラリーマン化が進み、10年以上経営を続けるのはオーナー経営者がほとんどである。だから、必然的に長期的な視点ではオーナー経営者への投資比率が高くなることになる。私が運用をしている「ひふみ投信」でオーナー経営者の比率が高いのにはそのような背景がある。2017年になったと思ったら、もう12分の2が過ぎた。今年をどう過ごすか考えているうちに、あっとい [全文を読む]

超合理主義エリートサラリーマンが転生したのは、幼女!? 2017年1月よりTVアニメ放送『幼女戦記』がコミカライズ!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月26日17時30分

【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 2013年2月22日、東京でサラリーマンをしていた主人公。彼の主な仕事は、人の首を切ることだった。一部の天才や秀才には敵わないが、次期部長への道もほぼ確定しており、彼の人生は順風満帆であるかのように思えた。しかし彼にリストラされた社員からの逆恨みで、駅のホームから突き落とされ、彼の人生はあっけなく幕を閉じる。 [全文を読む]

<お水と課長と工場のオヤジ>やしきたかじん人気を支えたファン層を考える

メディアゴン / 2014年12月30日04時11分

やしきたかじんは、サラリーマンにも人気があった。「サラリーマンにも」と言うのは、一番人気は、女性、それもたかじんの歌の歌詞に出てくるような人生経験の豊富な化粧姿の美しい自由業の女性達、すなわち「お水の女性たち」である。それに次ぐのが、「普通のサラリーマンたち」である。上司に反発したいのにできない中堅どころのサラリーマン。中間管理職というしがらみでよれよれの [全文を読む]

中高年スタートアップは成功率が高い? ステキな「人生二毛作」モデル

Forbes JAPAN / 2016年07月11日17時00分

サラリーマンを辞め、Uターンで地元に戻った時、都会にないものがたくさんあることに気づく。そのひとつが切り株だった。山から汚れた切り株を集めてきては磨き上げ、ウェブサイトで販売。はっきりした四季がある日本では年輪もきれいにつく。それが海外で評判を呼び、シンガポールやドバイの富裕層やハイブランドから注文が入るように。皿や台、メダルなど使い方は様々だ。映画にもな [全文を読む]

プロフェッショナルインタビュー:岸 勇希(前編)

ガジェット通信 / 2012年09月17日18時00分

元々商売人の家系で、親戚の多くが中小企業の経営者で、サラリーマンが一切いない環境でした。そういう環境で育ったことも今の自分には資産になっているような気がします。 ちなみに車のエピソード、大人になってから知ったんですが、実は心配で仕方なかった父が、僕に気付かれないようにこっそり後ろから尾行して、家に着くまで見守っていたそうです。ちょっと笑えますよね。うちの親 [全文を読む]

かつて窓際サラリーマンだった著者が、「定年男子」に 『老後不安がなくなる定年男子の流儀』 お金のプロが解き明かす第2の人生が充実するコツの数々!!

DreamNews / 2017年06月02日09時00分

本書はごく普通の窓際サラリーマンとして定年を迎え、その半年後に起業し成功を掴んだ著者が、定年を迎えた男性を「定年男子」と呼び彼らに向けて、定年後に働くことの意義、定年起業のススメ、また、実際に自身が経験した“しくじり”や“成功法則”に至るまでを紹介した1冊です。一般的には、定年後のサラリーマンのセカンドライフについて、「再雇用が一番安全、安心」「定年後の転 [全文を読む]

「偉い人とアポがとりたければ朝イチ指定」「マンネリ脱出には早朝デート」結果はすべて”朝”で決まる!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月20日06時30分

【人気連載マンガ】アニマルサラリーマンたちの、シュールで、世知辛い、資本主義会社員デイズなショートコメディ♪ だがしかし、これまた「言うは易く行うは難し」で、早起きを習慣化するのは案外ハードルが高い。一体、早起きにコツはあるのだろうか? そんなお悩みにヒントを与えてくれるのが『人生の勝負は、朝で決まる。「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣』(千田琢 [全文を読む]

フォーカス