祭り 八坂神社に関するニュース

お稚児さんの選び方は?京都通しか知らない「祇園祭」完全ガイド

まぐまぐニュース! / 2016年07月15日14時00分

しかし武士達はこの祭りを邪魔しようとしていました。祭の直前に武士達から神事取りやめの命令が出されます。それまで600年ほど「祇園会」(ぎおんえ)は神事として行われてきました。しかし、約30年ぶりに町民の手による神事なしの「祇園祭」を強行したのです。これこそが八坂神社の神事とは別に山鉾巡行が完全に町民のものとして行われるようになった祇園祭の発祥です。祭当日 [全文を読む]

京都の風物詩「祇園祭」。氏子らが7月にキュウリを食べない理由

まぐまぐニュース! / 2016年07月09日23時00分

祇園囃子の稽古も始まり、京都市中心部はお祭りムードが一気に高まります。2日は山鉾巡行の順番を決めるくじ取式が行われます。このように連日色々な行事が続いていきます。 一般には、7月17日(前祭・山鉾巡行と神幸祭)と24日(後祭・山鉾巡行と還幸祭)がクライマックスです。簡単に言うと、山や鉾と呼ばれる山車(だし)が街をパレードするのが山鉾巡行です。 前祭(さきま [全文を読む]

京都の人は見に行かないって本当? 祇園祭の不思議

anan NEWS / 2016年07月09日20時00分

その装飾にはペルシャ絨毯やゴブラン織の布などが使われ、和のお祭りなのにどこかエキゾティックで魅力的。 「宵山期間は、美しい山鉾を間近に見られます。この時期は、山鉾町内の民家も祭りを盛り上げるべく、秘蔵の家宝を表から見えるような場所に飾るなどして、地域が一体化して神様を迎える準備をします。オススメは7月12日、13日の“鉾曳き初め”。一般の方でも鉾が引ける行 [全文を読む]

祭りのプロに聞いた日本三大祭りの観覧ポイント

WEB女性自身 / 2014年06月22日07時00分

日本の夏は、祭りの季節。なかでも圧巻なのが日本三大夏祭りだ。そこで、30年間にわたり日本・世界の祭りを撮影してきた祭り写真家の芳賀日向(はがひなた)さんに、その見どころと観戦ポイントを教えてもらった。 青森県青森市《青森ねぶた祭》ねぶたの起源は、夏の厄を人形に乗せて川に払い流す七夕祭りの「灯籠流し」とも言われている。針金の骨組みに和紙を張り、鮮やかな色を施 [全文を読む]

ご利益いっぱい祇園さん!5分で知る八坂神社の見どころ

Walkerplus / 2016年09月08日14時05分

日本3大祭りの一つ、豪壮かつ華麗な祇園祭は、869(貞観11)年の疫病流行の際、八坂神社の神にお祈りしたことが始まりで、地元では“祇園さん”の名で親しまれている。境内には平忠盛のエピソードが残る忠盛燈籠や、縁結びの神様・大國主社、美の神様で知られる美御前社(うつくしごぜんしゃ)などがあり、全国から参拝者が訪れる。 ■ 文化財 <西楼門(重要文化財)>東大路 [全文を読む]

【世界のお祭り】京都「祇園祭」こんな楽しみ方はいかが?

TABIZINE / 2017年05月23日10時00分

京都・八坂神社の祭礼である祇園祭は、1100年もの歴史をもち、日本三大祭りのひとつにも数えられています。2017年の祇園祭の日程や、行事・神事の内容については、京都市観光協会などで詳しい情報が得られますので、ここではとっておきの祇園祭の楽しみ方をご紹介したいと思います。 鉾町をめぐって御朱印を集めてみる 山鉾が組み上がってから宵山までの間(前祭14日~16 [全文を読む]

ド派手な“女装美人”が歌って踊って、お札をばらまく!? 300年以上もの歴史を持つ奇祭にいってみた!

デイリーニュースオンライン / 2015年07月26日11時00分

神奈川県戸塚市に“女装美人”たちが登場する変わったお祭りがあるそうです。 何でも知る人ぞ知る奇祭ながら、最近にわかに注目度が高まっているとか。実際に参加してみるべく、いざ戸塚へ! 平成27​年八坂神社祭礼お札まき(戸塚) お祭りで日本を盛り上げる団体「オマツリジャパン」のメンバーと一緒に神社の境内へ向かいました。なんと平日にも関わらず、10人以上が参加! [全文を読む]

ついに参加者1万人突破!無料ハイキング祭り開催 10月31日(土)限定 「第1回 歴史を感じる 大和路を歩く 山の辺の道」 第2回~第4回 ガイドと歩く旅を同時発売

PR TIMES / 2015年10月28日11時24分

第1回ルート:春日大社一の鳥居(10:00~11:00集合スタート)→ささやきの小みち→新薬師寺(各自昼食)→白毫寺→八坂神社→寺尾池→崇道天皇陵→円照寺→かきうち菜果園(ゴール) ※雨天決行■第2回~第4回のコース名:「歴史を感じる大和路を歩く 山の辺の道ハイキング」 旅行代金 おひとり様 2,980円●第2回コース番号:08T05A2出発日:12月9日 [全文を読む]

ついに参加者1万人突破!無料ハイキング祭り開催 10月31日(土)限定 「第1回 歴史を感じる 大和路を歩く 山の辺の道」 第2回~第4回 ガイドと歩く旅を同時発売

@Press / 2015年10月28日10時45分

第1回ルート:春日大社一の鳥居(10:00~11:00集合スタート)→ささやきの小みち→新薬師寺(各自昼食)→白毫寺→八坂神社→寺尾池→崇道天皇陵→円照寺→かきうち菜果園(ゴール) ※雨天決行■第2回~第4回のコース名:「歴史を感じる大和路を歩く 山の辺の道ハイキング」 旅行代金 おひとり様 2,980円●第2回コース番号:08T05A2出発日:12月9日 [全文を読む]

150 年ぶりに大船鉾が巡行、約半世紀ぶりに後祭が復興!今年の夏、「祇園祭」が本来の姿に

@Press / 2014年06月25日19時00分

日本三大祭のひとつ「祇園祭」はおよそ1100 年前の平安時代前期(9 世紀)から続く京都・八坂神社のお祭りで、毎年7月1日から31 日まで、1ヶ月にわたって京都市内の中心部で行われる京都の夏の風物詩です。その歴史の長さ、豪華さ、規模の大きさは世界でも有数で、『京都祇園祭の山鉾行事』はユネスコ無形文化遺産へ登録されています。なお昨年は85 万人の人出で賑わい [全文を読む]

全国唯一の「唐造り」の名城!九州の玄関口、小倉城を満喫するために知っておきたい3つのこと

GOTRIP! / 2016年06月30日02時00分

加えて、現在は小倉祇園太鼓で有名な「祇園祭(ぎおんまつり)」は、かつては大変華やかな装飾が施された山車が引かれる祭りだったのだそう。 ジオラマをよく見ると、宣教師らしき外国人の姿や華美な山車などもあり、当時の様子が細部まで表現されていることが分かります。 大人も乗ることができる豪華な造りの大名かごは、スイッチを押すと動き出します。 まるで本当にかごで移動 [全文を読む]

フォーカス