著書 三橋貴明に関するニュース

三橋貴明氏「日本経済復活のため、中国は不要と断言せよ」

NEWSポストセブン / 2017年02月07日16時00分

新刊著書『中国不要論』(小学館新書)が話題の経済評論家・三橋貴明氏に話を聞いた。 * * * 一部の新聞やテレビなどの大手メディアや数多くの言論人の中には、『日本経済は中国に依存している。だから、中国を刺激してはいけない』などというレトリックを使うが、明らかなミスリードである。対中輸出依存度は2.8%に過ぎない。そもそも、日本は中国に依存などしてはならない [全文を読む]

中国GDP成長率6.9%と発表も実際は-2~3%と三橋貴明氏

NEWSポストセブン / 2016年03月21日07時00分

著書多数。 ※SAPIO2016年4月号 [全文を読む]

日韓問題は永遠に解決しないと理解し幻想を破棄すべき

NEWSポストセブン / 2017年04月08日11時00分

近著に『世界同時 非常事態宣言』(渡邉哲也氏との共著・ビジネス社)、『中国不要論』(小学館新書)など、他著書多数。 ※SAPIO2017年5月号 [全文を読む]

大使一時帰国は戦争一歩手前、国交断絶も辞さない怒りの表明

NEWSポストセブン / 2017年04月05日16時00分

近著に『世界同時 非常事態宣言』(渡邉哲也氏との共著・ビジネス社)、『中国不要論』(小学館新書)など、他著書多数。 ※SAPIO2017年5月号 [全文を読む]

グローバル化が遅れた日本こそが世界の経済覇権を握る

NEWSポストセブン / 2017年01月24日11時00分

近著に『2017年 アメリカ大転換で分裂する世界 立ち上がる日本』(徳間書店)など、著書多数。 ※SAPIO2017年2月号 [全文を読む]

三橋貴明氏 「少子高齢化は日本経済を救う要素になる」

NEWSポストセブン / 2017年01月21日07時00分

近著に『2017年 アメリカ大転換で分裂する世界 立ち上がる日本』(徳間書店)など、著書多数。 ※SAPIO2017年2月号 [全文を読む]

緊急出版!トランプ大統領誕生を予言した著者が2017年の世界情勢を徹底分析『第45代アメリカ大統領誕生トランプ!―世界が変わる 日本が動く』グローバリスト、グローバル企業、中国への制裁が始まる!旋風

DreamNews / 2016年12月19日10時00分

著書に『余命半年の中国経済』『儲』(ビジネス社)、『これからすごいことになる日本経済』『パナマ文書』(徳間書店)『完全にヤバイ! 韓国経済』(三橋貴明氏との共著、彩図社)、『これからヤバイ世界経済』『大恐慌情報の虚と実』(同共著、ビジネス社)など多数。(著者)渡邉哲也〈価格〉1,000円+税 〈発売日〉2016年12月7日 〈出版元〉ビジネス社著者への取材 [全文を読む]

「世界経済黒書2017」を大胆予測 『世界大地殻変動でどうなる日本経済―瀕死の欧州と米国、無理心中する中国と韓国』 国際情勢に精通した著者と経済評論家が日本生き残りの為の緊急提言

DreamNews / 2016年11月11日10時00分

著書に『余命半年の中国経済』『儲』(ビジネス社)、『これからすごいことになる日本経済』『パナマ文書』(徳間書店)『完全にヤバイ! 韓国経済』(三橋貴明氏との共著、彩図社)、『これからヤバイ世界経済』『大恐慌情報の虚と実』(同共著、ビジネス社)など多数。(著者)宮崎正弘 渡邉哲也〈価格〉1,300円+税 〈発売日〉2016年11月10日 〈出版元〉ビジネス社 [全文を読む]

三橋貴明氏「日本の観光政策は韓国を反面教師とすべき」

NEWSポストセブン / 2016年02月26日07時00分

著書多数。近著『中国崩壊後の世界』(小学館新書)が話題。 ※SAPIO2016年3月号 [全文を読む]

日本人の韓国離れ「李明博氏の竹島上陸が主因」と三橋氏

NEWSポストセブン / 2016年02月14日16時00分

著書多数。近著『中国崩壊後の世界』(小学館新書)が話題。 ※SAPIO2016年3月号 [全文を読む]

韓国で中国人客増加も日本人客激減 高級ホテルに深刻打撃

NEWSポストセブン / 2016年02月10日07時00分

著書多数。近著『中国崩壊後の世界』(小学館新書)が話題。 ※SAPIO2016年3月号 [全文を読む]

ベストセラー『中国崩壊』著者による、中国経済本の最新刊!『余命半年の中国経済 これから中国はどうなるのか』中国バブル経済崩壊で次に起こるのは「中国不動産マーケットの暴落」と予測

DreamNews / 2015年10月26日10時00分

主な著書に『ヤバイほどおもしろ楽しい台湾見聞録』、『仁義なき世界経済の不都合な真実』(三橋貴明との共著)、『儲』(以上、ビジネス社)、『中国壊滅』、『ヤバイ中国』(以上、徳間書店)、『日本人が知らない世界の「お金」の流れ』(PHP研究所)などがある。(著者)渡邉哲也(価格)1,300円+税 〈発売日〉2015年10月21日 〈出版元〉ビジネス社著者への取材 [全文を読む]

台湾観光協会推薦!歴史や経済を交えて台湾をまるごと楽しむ新感覚ガイドブックが登場 『ヤバイほどおもしろ楽しい台湾見聞録』

DreamNews / 2015年01月06日09時00分

著書に『これからすごいことになる日本経済』(徳間書店)『儲』『完全にヤバイ! 韓国経済』(三橋貴明氏との共著、彩図社)、『大恐慌情報の虚と実』(同共著、ビジネス社)など多数。 (著者)渡邉哲也(価格)1,000円+税 〈発売日〉2014年12月25日 〈出版元〉ビジネス社 《 お問い合わせ先 》 株式会社ビジネス社 広報担当:松矢 〒 162-0805東京 [全文を読む]

韓国経済の生殺与奪権は日本が握っていると投資銀行家が指摘

NEWSポストセブン / 2012年10月07日07時00分

人気ブロガーの「ぐっちーさん」こと、投資銀行家の山口正洋氏が初の著書『なぜ日本経済は世界最強と言われるのか』を上梓した。なぜ日本経済は世界最強なのか。 今や日本人の、日本経済に対する評価は著しく低い。「日本は名目GDP(国内総生産)で中国に抜かれた。中国経済にどんどん飲み込まれて、きっと生活は貧しくなる」と、多くの人は思い込んでいる。 「かつて日本はGDP [全文を読む]

フォーカス