内田樹 結婚に関するニュース

内田樹氏 女性と付き合う時は「ボーっとしているのが一番」

NEWSポストセブン / 2012年02月20日16時00分

現在、『呪いの時代』などがベストセラー中の神戸女学院大名誉教授・内田樹氏には、知的で紳士的な語り口から、女性ファンが数多い。1989年に離婚し、男手一つで一人娘を育ててきた内田氏は3年前に20歳年下の元教え子と結婚した。当代一の人気思想家が“オーバー60”のモテ道を説く。 * * * 蓼食う虫も好き好きといいますか、世の中には色々な女性がいますから、どん [全文を読む]

アラサー女性にかけられた“呪い”から抜けるには? 『うつヌケ』作者に聞く

ウートピ / 2017年03月11日14時30分

“うつヌケ”経験者としてミュージシャンの大槻ケンヂさんや思想家の内田樹さんら著名人も続々と登場します。つらかったら逃げてもいい——田中先生も約10年間、うつで苦しまれていたそうですね。マンガの中で「激しい気温差」がうつを重くしていたと思い当たるシーンがありました。「うつは不安が主役ではなくて外部や環境に要因がある」というのは発見でした。うつの要因がわからな [全文を読む]

結婚するのは何のため? 他人とうまく暮らすには? 結婚生活の不安を解消するQ&A

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月24日11時30分

著者の内田樹さんは、哲学者や思想家というイメージが強いが、合気道の道場兼私塾「凱風館」を開設している武道家でもあり、古参のブロガーでもある。 「Q&A」を一部紹介しよう。 ■「こうすれば結婚できる(あるいはあなたが結婚できない理由)」の章より Q. なかなかいい人が見つかりません。どうしたら自分に合う、良い結婚相手と出会えますか? A. …「もっといい人 [全文を読む]

本が売れない時代に出版社をつくった人たち。右肩下がりの時代だからこそ、できることとは?【著者インタビュー】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月04日06時30分

少し前に内田樹さんの『困難な結婚』(http://ddnavi.com/news/317465/a/) を紹介した。この本は2007年に創業したアルテス・パブリッシングが出版していて、同社は『魂(ソウル)のゆくえ』(ピーター・バラカン)や『はじめての編集』(菅付雅信)などのヒット作を生み出している。しかし会社を作ったのはわずか2名、しかも自分達で登記をして [全文を読む]

内田有紀と交際の柏原崇 杖つくも「内田のお陰で癒し」の声

NEWSポストセブン / 2012年11月21日07時00分

内田さんと一緒に過ごす時間がなによりの癒しになったんでしょうね」(テレビ局関係者) ※女性セブン2012年11 月29日・12月6日号 【関連ニュース】内田有紀&柏原崇 競馬場でiPad片手に楽しそうにデートする走る内田裕也 鬼の形相をした中年女性から追いかけられる橋本治と内田樹が三島由紀夫やピンク・レディーなど語る本樹木希林 DV夫・内田裕也に黒電話受話 [全文を読む]

フォーカス