卒業 追憶に関するニュース

【伊福部昭生誕100年記念CD】 「絃楽オーケストラで聴く日本の巨匠」 水戸博之指揮、オーケストラ・トリプティーク第3回演奏会 (2015年1月1日・スリーシェルズより発売)

DreamNews / 2014年11月19日09時00分

北海道立大麻高等 学校を経て、東京音楽大学音楽学部作曲指揮専攻(指揮)及び同大学大学院指揮研究領域を卒業。これまでに指揮を広上淳一、汐澤安彦、田代俊文、加納明洋、三河正典、ピアノを奥山優香、北島公彦、米田栄子、野田清隆、音楽理論を伊左治直の各氏に師事。2007~2012年東京音楽大学給費特待奨学生。在学中、井上道義指揮者講習会にて優秀者に選出。同講習会主催 [全文を読む]

【音で味わう日本の美】 伊福部昭生誕100年記念「絃楽オーケストラで聴く日本の巨匠たち」 9月13日(土)東京・浜離宮朝日ホールにて開催

DreamNews / 2014年08月21日10時00分

北海道立大麻高等学校を経て、東京音楽大学音楽学部作曲指揮専攻(指揮)及び同大学大学院指揮研究領域を卒業。これまでに指揮を広上淳一、汐澤安彦、田代俊文、加納明洋、三河正典、ピアノを奥山優香、北島公彦、米田栄子、野田清隆、音楽理論を伊左治直の各氏に師事。2007~2012年東京音楽大学給費特待奨学生。在学中、井上道義指揮者講習会にて優秀者に選出。同講習会主催リ [全文を読む]

こんな豪華な夜はもう二度とない!武部聡志 Original Award Show ~Happy 60~

PR TIMES / 2017年03月01日09時38分

アレンジャーとしての手腕を発揮した「卒業」が代表曲の一つとなった斉藤由貴。デビューの頃に武部がバンドリーダーとして、レコーディングメンバーとして苦楽を共にしてきた久保田利伸。23年前からその才能を見出し、今やJ-POPを代表するシンガーとなった平井堅など、序盤から内容の濃いステージが展開されていく。ア・カペラで聴かせるゴスペラーズ、先輩ミュージシャンとし [全文を読む]

柄本佑が伝説のエロ雑誌の名編集長に!?

Smartザテレビジョン / 2017年05月23日13時04分

高校卒業と同時に工場に就職した後、上京してグラフィックデザイナーを目指す。しかし、ひょんなことからエロ雑誌業界の世界に入り込んでしまい、やがて写真家・荒木経惟とのコンビで80年代を席巻した伝説のエロ雑誌「ウィークエンド・スーパー」「写真時代」などの名編集長となってゆく――。本作の監督と脚本を務めるのは冨永昌敬監督。長らく映画化を熱望していた表題作「素敵なダ [全文を読む]

世界に革命を起こした稀有な写真家・ロバート・フランクーー彼が信頼したドキュメンタリー監督が明かす素顔

週プレNEWS / 2017年04月29日15時00分

NYU映画学科を卒業した後、音楽ビデオやコマーシャルの編集会社Assemblageを設立。NYを拠点に多くのミュージシャンやアーティストの映像編集を手がけ数々の賞を受賞。89年以降、ロバート・フランクの映像を編集し続け、2010年に初監督した長編ドキュメンタリー映画『Windfall』がトロント映画祭にてプレミア上映され、ニューヨークのドキュメンタリー映画 [全文を読む]

降旗康男監督「成功した人の話を撮るのは映画ではないと思う」

NEWSポストセブン / 2017年04月23日16時00分

1957年、東京大学文学部仏文学科を卒業した降旗は、東映に入社する。監督の道に進んだのは、意外な理由だった。「僕には宮仕えはできないと思っていたところ、東映は芸術職・技術職で採用されると仕事がないときは会社に行かなくてもいいという話を知り、これはいいと思いました。給料が結構よかったですしね。 当時は就職難でコネの時代で、私も叔父のコネもあって就職できまし [全文を読む]

岡田准一&宮崎あおいの”2ショット”は?記者落胆の日本アカデミー賞

デイリーニュースオンライン / 2017年03月07日08時00分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

岡田准一、宮崎あおいとの結婚に障壁か?二人の仲を阻む”包囲網”

デイリーニュースオンライン / 2016年10月26日08時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

地曳いく子×槇村さとる著『ババア上等!余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo!&Don’t』(集英社)7月26日発売。おしゃれ更年期の大人女子の悩みをカリスマスタイリストとおしゃれ大好き漫画家が解決

DreamNews / 2016年07月26日15時00分

文化学院専門課程美術科卒業。「non・no」をはじめ、「MORE」「SPUR」「Marisol」「eclat」「Oggi」「FRaU」「おとなスタイル」などのファッション誌で30年以上のキャリアを誇るスタイリスト。現在はスタイリングのみならず、洋服のプロデュースからTV、ラジオと幅広く活躍中。著書に『50歳、おしゃれ元年。』(集英社)、『50歳ファッション [全文を読む]

日本ミステリーの源流・島田荘司が仕掛ける完全新作映画作品『幻肢』制作記念!島田荘司特別対談同席権を開放!!

PR TIMES / 2014年01月29日19時36分

京都大教育学部卒業。京大大学院教育学研究科在学中の87年に『十角館の殺人』で作家デビュー。新本格ムーブメントの旗手として注目を集める。92年、『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。両作品を含めた「館シリーズ」の人気は衰えを知らず、いまなお現代本格ミステリーを牽引しつづけている。また2009年には新たな代表作ともいえるホラーミステリー『Anot [全文を読む]

フォーカス