英語 追憶に関するニュース

岡田准一が恐れる「ディエンスのトラウマ」

日刊大衆 / 2017年04月12日15時05分

『Can’t Get Enough』の聞きどころは、英語の歌詞が多く、さらにファルセット(裏声)を多用しているところ。あまりに英語の歌詞が多かったため、レコーディングスタジオには、英語の発音指導の先生も来ていたという。通常のレコーディングは、録音ブースにアーティストが一人で入るが、今回はメンバーと一緒に先生もブースに入り、少しずつ発音指導を受けながら歌っ [全文を読む]

なぜこんなところに日本の桜が? ウズベキスタンに咲く「追憶の桜」

まぐまぐニュース! / 2016年04月12日19時00分

劇場の外壁にはプレートがはめ込まれ、ロシア語、日本語、英語、ウズベク語でこう記されている。 1945年から1946年にかけて極東から強制移送された数百名の日本国民が、このアリシェル・ナヴォイー名称劇場の建設に参加し、その完成に貢献した。 劇場周辺の庭には染井吉野や枝垂れ桜、八重桜など30本の桜が植えられ、春には美しい花を咲かせる。ナヴォイ劇場だけでなく、 [全文を読む]

米ペット霊園にハチ公像登場 不思議な“縁”が紡ぐ物語

Japan In-depth / 2016年10月11日11時00分

1930年代、渋谷駅で上野教授を待つハチ公を毎日目撃していたという母の思い出話をまとめ、 去年、英語で本を出版した由美さん。彼女にはハチ公物語という素晴らしい実話をもっと海外に広めたいという願いがあった。東大の教授から、このニュージャージー州の霊園はハチ公銅像建設にふさわしい場所なのか調査を依頼された由美さんは、すぐさまこの霊園に魅了される。82年の建設以 [全文を読む]

世界各地のアートと人々を朝食でつなぐ。「Art & Breakfast」プロジェクトのダイジェスト本【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2016年08月25日20時00分

【書籍情報】 『Midori Mitamura Art & Breakfast』 発行元:circle gallery & books インスタレーション作品・撮影:三田村光土里 デザイン:丸山晶崇(circle-d) 言語:日本語・英語 オールカラー/58ページ/A5判 発刊:2016年8月 価格:2,000円(初版300部) 【展覧会情報】 「あいち [全文を読む]

ポン・ジュノ監督Netflixオリジナル映画「オクジャ(Okja)」韓国・ソウルでクランクイン

Wow!Korea / 2016年04月28日15時42分

アン・ソヒョンほか、デヴォン・ボスティック (「The 100 / ハンドレッド」)、リリー・コリンズ (「白雪姫と鏡の女王」)、ピョン・ヒボン (「グエムル 漢江の怪物」)、シャーリー・ヘンダーソン (「アンナ・カレーニナ」)、ユン・ジェムン (「母なる証明」)、チェ・ウシク (「Set Me Free (原題)」)、スティーヴン・ユァン (「ウォーキン [全文を読む]

デジタルハリウッド大学公開講座:大ベストセラーコミックが遂に初実写化!監督とプロデューサーが語る、映画『るろうに剣心』のすべて

PR TIMES / 2012年07月23日13時52分

ITビジネス・英語/留学・クリエイティブを学ぶ、デジタルハリウッド大学では、8月22日、23日、24日先行公開、8月25日より公開となる映画『るろうに剣心』を担当された監督:大友啓史氏と、プロデューサー:久保田修氏をお迎えし、「監督とプロデューサーが語る映画『るろうに剣心』のすべて」と題し、公開講座を開催いたします。 『るろうに剣心』の原作は、「週刊少年ジ [全文を読む]

フォーカス