女子アナ 笹崎里菜に関するニュース

「笹崎を強奪すべきだった」フジのアナウンス部を知り尽くす男が語る女子アナ事情

週プレNEWS / 2015年05月21日06時00分

元フジテレビの長谷川豊アナは、フリーに転向するまでの約14年間、間近で女子アナブームを見続けてきた。人気女子アナになるために必要なものとは? ■フジは笹崎里菜を強奪すべきだった! ―長谷川アナは1999年入社で、同期は内田恭子アナと大橋マキアナ。彼女たちは瞬く間にブレイクしましたが、その人気の過熱ぶりを感じることはありました? 長谷川 一緒に働いている分に [全文を読む]

各局夏のイベントは日テレが撮影OK!で笹崎里菜アナの“汗だくMC”に熱視線

週プレNEWS / 2015年09月07日22時00分

今年の夏、女子アナを追い続けるスクープカメラマンたちが熱視線を送り続けた場所があった。 それは日本テレビの夏イベント「超☆汐留(しおどめ)パラダイス!」。日替わりでアナウンサーが出演する「アナトーク!」が連日開催されていたのだ。 「女子アナの注目度が高くなるにつれ、他局では数年前から女子アナの出演イベントが軒並み撮影禁止になっているんです。その点、“汐パラ [全文を読む]

日テレ内定取り消し騒動で就活人気に陰り…気になる裁判の行方は!?

デイリーニュースオンライン / 2014年11月18日13時00分

世間には「ホステスを理由にした内定取り消しは職業差別だ」と、笹崎さんを擁護する声が多いものの、 「(ホステスのバイトが)やましくなければ、履歴書に書いていた」 「女子アナなんだから内定取り消しは当然」 など、賛否が分かれている。とはいえ、全体的な反応としては、 「ありえない内定取り消し」 「非情な会社」 といった声がが中心で、日テレのイメージダウンは免れ [全文を読む]

フジ同期女子アナの残酷な格差 穴馬・山崎夕貴が予想外の人気、ミス慶應出場の細貝は低迷

Business Journal / 2015年06月27日17時00分

笹崎に限らず女子アナという存在はメディアや世間の注目を集めることも多いが、知名度の高さと仕事量が比例するとは限らない。実際、2000年代以降、平井理央、脊山麻理子、紺野あさ美などタレント経験のあるアナウンサーの入社が増えているが、全員が成功したとはいえない。テレビ局関係者は語る。 「女子アナほど、スタートダッシュが重視される職業はほかにないでしょう。普通 [全文を読む]

日テレ内定取り消し騒動の笹崎里菜。卒業式ではファンに渋々サイン

週プレNEWS / 2015年03月29日06時00分

女子アナ内定取り消し騒動を経て、この4月から日本テレビに入社する笹崎里菜さんだ。 当日はあいにくの雨だったが、彼女の近影を撮影しようとマスコミ数社が集まった。 「スポーツ新聞に週刊誌の記者、そして女子アナファンらしき男性も数人いました。キャンパスで笹崎さんの姿を見つけるなり、すぐに周囲を取り囲んでいましたよ。さすがに会社からコメントするなと言われていたみた [全文を読む]

「セントフォース美女アナ軍団」お色気解禁の戦略とは?(1)写真集がバカ売れ!

アサ芸プラス / 2015年03月09日09時55分

屈辱的な内定取り消しから一転、笹崎里菜さんが晴れて女子アナとして日本テレビに入社する。だが、彼女の過去などかわいいもの。イマドキの女子アナは水着姿になって当たり前、お色気発言やチラリな放送事故が頻発しているのだ。その裏には、業界最大手事務所のある戦略があった──。 所属する女子アナは100人以上──。「美女アナ軍団」と呼ばれる芸能事務所「セント・フォース」 [全文を読む]

内定取り消し訴訟の笹崎里菜アナ対応で、日テレ局内が大紛糾!「専属の警備員も……」

日刊サイゾー / 2015年01月29日11時00分

内定取り消しから勝訴で一転、入社の決まった“女子アナの卵”に、日本テレビ局内の反応が二分している。歓迎派と反発派、それぞれの思惑が入り乱れているようだ。 昨年、2015年4月入社のアナウンサーとして内定しながら、ホステスのバイト歴を理由に取り消され、民事訴訟の末に日本テレビ側と和解決着。晴れて今年4月の入社が決まった東洋英和女学院大学4年の笹崎里菜さんだが [全文を読む]

退社報道に揺れる日テレ・水卜麻美アナが愛社精神で断固否定?

週プレNEWS / 2016年10月27日16時00分

『週刊プレイボーイ』の人気連載「女子アナジャーナル」が厳選する、今週の「NGワード」イッちゃった! ヤッちゃった! 女子アナたちのアブなすぎるドッキリ発言を紹介する中で、一番ドキドキさせられたのは…? ■「お菓子を食べるたびに食リポをさせられるのが本当にツラいです(泣)」 岩本乃蒼(NIHON TV) 『日テレ系人気番組NO.1決定戦』の「あのひと言に傷つ [全文を読む]

2016上半期「“TV美女”下ネタ放言」グランプリ(3)有働由美子が玉木宏の低音ボイスに…

アサ芸プラス / 2016年07月10日17時57分

続いては、「女子アナ部門」のノミネートに移ろう。 NHKの看板・有働由美子アナ(47)は、「あさイチ」で、生放送らしからぬ下ネタ放言をまき散らした。 3月25日の放送で、朝ドラ「あさが来た」の出演俳優・玉木宏が独特の低音ボイスで、大詰めを迎えたドラマを解説した時だ。有働アナは上気した表情で、「この声聞いてるとイッちゃいそうで‥‥」 とポツリ。共演の井ノ原快 [全文を読む]

かつての日テレ“朝の顔”葉山エレーヌも異動! 民放各局の女子アナ職は、もはや“永久就職先”ではない?

日刊サイゾー / 2016年06月11日11時00分

夏目三久アナや馬場典子アナはそれを危惧してさっさとフリーになっただけに、もともと女子アナ職は“永久就職先”ではなかった」(女子アナウォッチャー) 他局を見渡すと、フジはいずれも古株だった吉崎典子元アナが12年に秘書室へ、田代尚子元アナが国際開発局へ、14年に阿部知代元アナが15年に報道局へ。テレビ朝日は95年入社の高橋真紀子元アナが11年にコンテンツビジネ [全文を読む]

ミト会入り笹崎里菜アナ 鈴江・エレーヌアナもケアをと助言

NEWSポストセブン / 2015年04月01日07時00分

東洋英和女学院大を卒業し、4月から日本テレビに女子アナとして入社する笹崎里菜さん(22)。銀座のクラブでホステスのアルバイトをした経験があることを理由に「清廉性がない」と採用内定を取り消されたが、法廷闘争を経て1月に和解が成立し入社資格を勝ち取った。 笹崎さんは早くも女子アナ界ナンバーワンの人気者で日テレのエース、水卜麻美アナ(27)に入社前から接近してい [全文を読む]

氷山の一角か?テレ朝”お水バイト”報道の女子大生キャスターで波紋

デイリーニュースオンライン / 2017年02月17日11時46分

決定的な裏付けが出ているわけではないので報道は疑惑の段階に留まっていますが、これから続報が出てくる可能性は高そうです」(芸能関係者) ■これまでにもあった女子アナの“危ない”バイト 女子アナ時代のバイトが話題になるのは、これが初めてではない。過去には日本テレビの笹崎里菜アナウンサー(24)が、過去にホステスのバイトをしていたことを理由に同社の採用内定を取り [全文を読む]

あくびが病気のサイン?生あくびのメカニズムと疑うべき病気|医師コラム

Fuminners / 2016年10月24日10時51分

外部リンク 「眠れない人のためのCD」で、眠れない時間を約1/3に減らせた話 気づかぬうちに平衡感覚に異変…!? 短時間睡眠の悪影響 Facebook Twitterdocument.getElementById("otweet").setAttribute("href", "https://twitter.com/share?url=" + encod [全文を読む]

日テレ退社報道の水卜麻美アナよりあの若手アナのほうが先に辞めそう?

アサ芸プラス / 2016年09月25日09時59分

笹崎アナは女子アナとして日テレ入社が認められた。 最近では、その美貌と水商売で培ったオヤジ転がしテクを武器に、「言われるほど悪いコじゃない」と局内の幹部や大御所芸人などにも気に入られ、人気女子アナとして活躍を見せていたのだが‥‥。「とはいえ、局内にはいまだに笹崎アナに対してアレルギー反応を起こす社員も多く、腫れ物扱いですからね。野心の強いコだから、本人もい [全文を読む]


日テレ・笹崎里菜 銀座で培ったフェロモンテクがいよいよ全開!(4)“はれもの”扱いから徐々に周りの信頼が…

アサ芸プラス / 2016年04月14日05時57分

まずは特番バラエティでの出演が増えていくことになるでしょう」(日テレ関係者) フジテレビのカトパンこと加藤綾子アナ(30)の退社によって、女子アナ人気ランキングは戦国時代に突入。今のところは日テレの先輩である“ミトちゃん”こと水卜アナの強さが際立っているが、笹崎には新世代の女子アナ像を確立して、次世代の天下を担ってほしいところだ。 本格攻勢は今年秋の改編時 [全文を読む]

日テレ・笹崎里菜 銀座で培ったフェロモンテクがいよいよ全開!(3)“はれもの”扱いから徐々に周りの信頼が…

アサ芸プラス / 2016年04月13日05時57分

これまで、夜の店で働いていた過去が噂された人気女子アナは何人もいたが、ここまで堂々としたケースは初めてである。社内の批判的な声に加え、マスコミの注目度も高く相当なプレッシャーになっていたはずだ。「逆に日テレ側がかなり気を遣っています(笑)。例年、同局新人アナは8月の24時間テレビで画面デビューすることが通例。しかし、昨年は6月の段階で人気番組『1億人の大質 [全文を読む]

日テレ・笹崎里菜 銀座で培ったフェロモンテクがいよいよ全開!(2)入社前の騒動から見る強心臓ぶり

アサ芸プラス / 2016年04月12日05時57分

この度胸のよさやブレない芯の強さは、まさに新世代の女子アナ像を予感させるものでしたね」(芸能評論家・小松立志氏) さらに笹崎アナ側は、入社後に干されるなどの待遇面での不利がないように、「他の女子アナと同じような待遇を保障する」 という条項を、日テレ側に認めさせているのだから大したものである。 [全文を読む]

日テレ・笹崎里菜 銀座で培ったフェロモンテクがいよいよ全開!(1)笑点で小遊三師匠を相手に…

アサ芸プラス / 2016年04月11日05時57分

秋の改編では、局が「本指名」するという、「オヤジ殺し」な一挙手一投足を余すことなく身体検査したぞ! 華やかな女子アナ界で、今最も注目の若手といえばこの人、日本テレビの笹崎里菜アナ(23)だろう。今年度で入社2年目を迎え、いよいよ本領を発揮し始めたようだ。 本格的ブレイクの予感が“確信”に変わったのは3月13日の日テレの看板番組「笑点」でのこと。レギュラー陣 [全文を読む]

好調で無風状態の日テレアナ アキレス腱は「男子アナ」

NEWSポストセブン / 2016年03月29日07時00分

今回の改編は女子アナたちにとって「大人事異動」となりそうだ。とはいえ、「春の嵐」が吹き荒れる各局とは対照的に磐石で、人事にも変化がない「無風」状態なのが視聴率2年連続三冠王の王者、日本テレビだ。日テレの営業部門関係者がいう。 「今年も視聴率、広告収入とも快調です。順調すぎて週刊誌ネタがなくて申し訳ないほど(笑い)。この春の番組改編もほとんどない」 主な女子 [全文を読む]

フォーカス