最近 井岡一翔に関するニュース

WBA世界ライトフライ級王者・井岡一翔「5階級制覇でも4団体統一でもいい。行けるところまで行く!」

週プレNEWS / 2013年06月09日06時00分

■圧倒的な強さなら文句も言われない ―最近は判定だと「消極的」、相手がランク下位だと「ラクな相手を選んだ」と、コアなボクシングファンが世界チャンピオンに求めるハードルが高くなっていると思うのですが、そういった批判はどのようにとらえていますか。 井岡 正直、いい気はしませんよ。ただ、第三者の声は大切だと思うし、批判もひとつの意見だと受け入れていくしかない。 [全文を読む]

“井上越え”のプロ5戦目戴冠は目前! “中京の怪物”19歳・田中恒成が新たな伝説となるか

週プレNEWS / 2015年05月24日11時00分

「ここ数年、大晦日に大きな試合がたくさん行なわれるじゃないですか? 最近、“自分もあそこに参加したい”と思うようになってきました」 ミニマム級には、現IBF王者の高山勝成もいる。日本選手として初めて主要4団体のベルトをコンプリートしたベテランだが、田中が戴冠を果たした暁(あかつき)には「ぜひ統一戦を」と呼びかけている。これには田中本人も「やれるなら、是非 [全文を読む]

「注目はリングサイド!?」ボクシング統一戦開催の裏でくすぶる暴力団との癒着問題

日刊サイゾー / 2012年04月23日08時00分

最近は暴力団追放の機運が強まったことでそうした印象はなくなっているというが、「若い頃から応援してきた井岡の晴れ舞台、当日になれば来場する連中がいることは防げないのでは?」と同関係者は心配する。 また、八重樫所属の大橋ジムの後援者からは「東京でやればそうした心配もないのに、わざわざ大阪でやるのは、もしかすると世話になった暴力団関係者の手前、譲れなかったので [全文を読む]

興毅・大毅は引退したのに……日本ボクシング界に受け継がれる“亀田流”と統括団体「WBA」のザル運営

日刊サイゾー / 2016年03月29日00時00分

そのため最近、井岡が口にしている「他団体との統一戦」も、他団体王者から同等に見られていないため、実現の可能性は低い。 [全文を読む]

Gカップの爆乳にKOされたプロボクシング世界王者・井岡一翔 谷村奈南はどこまで本気?

日刊サイゾー / 2016年01月21日09時00分

11年8月にリリースした1stアルバム『NANA BEST』を最後にCDは出しておらず、ここ最近は目立った音楽活動はしていない。 その一方で、持ち前のグラマラスボディーを生かすべく、10年10月に1st写真集『奈南』(ワニブックス)を刊行。以後、4冊の写真集を出しており、すっかりグラドルと化した感がある。いまや、めっきりその名を聞く機会も少なくなっているが [全文を読む]

ロマゴンとの対戦も…最速世界王者を達成した田中恒成の噂される次回ビッグマッチは?

週プレNEWS / 2015年06月10日06時00分

最近、大晦日(おおみそか)にボクシングが盛り上がっているのを見て、自分も参加したいという意識が強くなってきました」と強者との対戦に前向きだ。 勢いに乗る田中からすれば、ベテラン高山を食って新旧交代を印象づける絶好の機会。しかし、スタミナ旺盛な高山攻略はひと筋縄ではいくまい。 今回のイエドラス戦では、過剰な減量の影響なのか、中盤に失速するシーンも見せた。その [全文を読む]

「朝刊スポーツ紙にガチスクープなし!?」井岡・ソンミ交際報道の裏で、某夕刊紙 VS スポニチ勃発か

日刊サイゾー / 2013年01月22日12時10分

朝刊とは似て非なるものですよ」(同) 最近のスポーツ紙には、テレビ番組の内容やタレントのブログを紹介しただけの記事も見受けられるようになっている。新聞不況は、記事の内容にも大きな影を落としているようだ。 (文=鈴木雅久) [全文を読む]

「朝刊スポーツ紙にガチスクープなし!?」井岡・ソンミ交際報道の裏で、某夕刊紙 VS スポニチ勃発か

日刊サイゾー / 2013年01月21日12時00分

朝刊とは似て非なるものですよ」(同) 最近のスポーツ紙には、テレビ番組の内容やタレントのブログを紹介しただけの記事も見受けられるようになっている。新聞不況は、記事の内容にも大きな影を落としているようだ。 (文=鈴木雅久) [全文を読む]

「朝刊スポーツ紙にガチスクープなし!?」井岡・ソンミ交際報道の裏で、東スポ VS スポニチ勃発か

日刊サイゾー / 2013年01月20日12時00分

朝刊とは似て非なるものですよ」(同) 最近のスポーツ紙には、テレビ番組の内容やタレントのブログを紹介しただけの記事も見受けられるようになっている。新聞不況は、記事の内容にも大きな影を落としているようだ。 (文=鈴木雅久) [全文を読む]

フォーカス