次回作 北野武に関するニュース

北野武、初日を迎えた『アウトレイジ 最終章』は「かなりの自信作です」

マイナビニュース / 2017年10月07日15時30分

仲代達矢さんには500円で出てもらおうという作戦でいきますよ」と笑いを交えながらも次回作の構想を明かしていた。 [全文を読む]

北野武『アウトレイジ』は完結も「またオールスターで…」と構想明かす

マイナビニュース / 2017年09月26日10時00分

次回作は「小説(『アナログ』)を書いたら当たってしまったので、純愛映画をやろうと思っています」と明かしながら、「失敗すると思うので、バイオレンスの映画に戻ろうと画策しています」と話していた。 その北野監督から「アドリブには困りました」と冷やかされた西田は、頚椎亜脱臼と胆のう炎摘出手術のために4カ月間入院した後に本作の収録に臨んだという。「塩見くんも脳出血で [全文を読む]

大森南朋「嫉妬、恨みつらみ」を経て『アウトレイジ』に参戦

CinemaCafe.net / 2017年09月25日20時34分

次回作は自身の小説を原作にした“純愛映画”を準備中だといい、「ヨーロッパ行くと『たけしはバイオレンス映画に最近興味はないのか?』って言われるんだけど、(次回作は)失敗すると思うので、またバイオレンスに戻ろうと画策している」と不敵な笑みを浮かべていた。 関東「山王会」vs関西「花菱会」の巨大抗争後、裏社会のフィクサーである張会長を頼り、韓国に渡った大友(ビー [全文を読む]

北野武、次回作は自らの純愛小説を映画化!「バイオレンスに疲れた」【第74回ベネチア国際映画祭】

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月09日23時08分

現地時間9日、第74回ベネチア国際映画祭にて映画『アウトレイジ 最終章』の公式記者会見が行われ、北野武監督は「バイオレンスばっかり撮っているのも相当疲れてきたので、今度は優しい映画を撮ろうと準備に入っています」と語り、次回作として自身が書き下ろした純愛小説「アナログ」(新潮社)を映画化することを明かした。 本作は北野監督が裏社会にうごめく男たちの仁義なき戦 [全文を読む]

映画「シュールな男」2015年9月29日19時~ TOHOシネマズ日本橋にて特別上映舞台挨拶を実施します!

DreamNews / 2015年09月28日17時00分

次回作に人気ゲームシリーズの実写化「劇場版 忍者じゃじゃ丸くん」(主演・杉原勇武)が控えている。◆渋江譲二(しぶえ・じょうじ) 1983年生まれ。 長野県諏訪市出身。 テレビ好きが興じて18歳で上京し映像制作の専門学校に入学するが、魔がさして俳優になる。 2003年ドラマ『美少女戦士セーラームーン』でデビューし、『仮面ライダー響鬼』、『砂時計』『ホタルノ [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(4)「3-4×10月」の衝撃場面

アサ芸プラス / 2012年10月12日10時54分

とはいえ、「出してください」とは言えず、次回作のオファーをじっと待っているという。 【関連記事】 たけし&石橋、関西芸人「排除」と断言! 「監督・北野武」その男、鬼才につき(6) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性 白竜「北野監督の俺への演出は23年前と同じ」 「監督・北野武」その男、鬼才につき(3)テレビの「たけし」とは別人 「監督・北野武 [全文を読む]

「全員悪人 完結。」と言ってはみたものの......北野武監督『アウトレイジ ビヨンド』の先に何かがある!?

日刊サイゾー / 2012年09月27日08時00分

先日行われた「第69回ベネチア国際映画祭」の公式会見で、記者から「次回作は?」と聞かれ「3本目も撮れということになりそうなので、台本を書いておいた」と発言。同事務所の森昌行プロデューサーも慎重な言い回しながら「(続編は)今回が、どの程度の成績かによる。シリーズものでは『3』があると分かると『2』はビデオで見ちゃうから。現時点で『3』製作の意思はないという建 [全文を読む]

“いい人だけど悪役”ピエール瀧が語る「人生を生きるヒント」

文春オンライン / 2017年10月08日17時00分

実は次回作も悪役を演じることが決まっているそう。 「顔に正義感がないからですかね? お腹ぽっこりの赤ちゃん体型だから、どんな悪役をしても憎まれないんでしょうか? でも、悪役はのびのびできて楽しいです。どうせやるなら極端なほうがいい。パンクバンドと同じです。想像の範囲の外、徹底的なほうがおもしろい。そういう意味ではベクトルのふり幅が違うだけで、悪役っていうの [全文を読む]

西田敏行、北野武監督の「台本変えようか」の言葉に感謝

スポーツ報知 / 2017年10月07日13時31分

次回作については「恋愛ものを撮って、客観的にバイオレンス映画見直しす。(バイオレンス映画を)日本の役者オールスターズで(作りたい)。このバイオレンス映画に出てない人は、あまり認められていないという風な追い込み方をして、全員車代だけで出てもらう。仲代(達矢)さんも500円で出てもらい」と冗談交じりにプランを明かした。 西田は、撮影初日に塩見三省(69)との [全文を読む]

北野武監督、次回バイオレンスは“国内俳優勢ぞろい”「仲代さんに500円で…」

スポニチアネックス / 2017年10月07日12時39分

同作で完結となるが、次回作は「恋愛もの」を撮ると話している北野監督。「恋愛ものを息抜きではないけど撮って、客観的にバイオレンス映画を見直す。次に(バイオレンス映画を)やるときは日本の役者オールスターズで」と構想について言及し、「このバイオレンスの映画に選ばれていない役者は認められていないという追い込み方をして、全員クルマ代だけで出てもらう。仲代(達矢)さ [全文を読む]

北野武“顔面世界遺産”12人引き連れ「アウトレイジ」堂々完結宣言!

映画.com / 2017年09月26日16時00分

次回作として、自身が書いた純愛小説の映画化を検討しているというが、「きっと失敗するだろうから、そのときはバイオレンス映画に戻ろうと画策している」と不敵な笑みを浮かべていた。 西田は頸椎(けいつい)の亜脱臼、胆のう摘出手術を乗り越えてのシリーズ続投に「(撮影の)初日は、皆さんに抱えられながらの現場入りでした。北野監督に支えられ、お気遣いいただいて、花菱会を盛 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】キンコン西野の作品、美大生はどう見る? “絵が上手いと思う有名人”ランキング

TechinsightJapan / 2016年11月20日19時58分

彼は13日に『キングコング西野 オフィシャルダイアリー』で“クラウドファンディング”の説明とともに作品は“超分業制”であることを再確認しており、「キンコン西野の絵が1000万円で売れた!」と報道された件について「『えんとつ町のプペル』はスタッフ全員で作った作品なので、売り上げは次回作『ぼくらは時計台で恋をする(仮)』の制作費に回します」という。 [全文を読む]

日本の映画・ドラマ界を支えるいぶし銀!名脇役と呼ばれる俳優たちの共通点とは?

日本タレント名鑑 / 2015年05月09日10時55分

水谷豊さんの人気作品『相棒』、2時間ドラマから連続ドラマとなり、次回作からは相棒も4代目、今年で15年目の長寿番組となりました。人気になる作品には主演やヒロイン、敵役だけではなく、ドラマに奥行きを持たせる名脇役が必ず存在します。プレシーズン1話から出演しているライバル刑事役の川原和久さん(53)、プレシーズン2話から監察医・その後は鑑識として出演されている [全文を読む]

吉永小百合『ふしぎな岬の物語』日本アカデミー賞主催者の“ゴリ押し”実らず無冠の裏事情

日刊サイゾー / 2015年03月04日13時00分

嵐の二宮和也と親子役で初共演するなど話題性も高いだけに、受賞対象作品の上映期間を大手各社でうまく“調整”して、次回かその次の日本アカデミー賞では各賞を総ナメにしそう」(同) 次回作が絡む賞レースでは、小百合の礼賛記事が各メディアに躍ることになりそうだ。 [全文を読む]

10億円突破の『アウトレイジ ビヨンド』続編製作への意外なキーパーソンは“謎の出演者”!?

日刊サイゾー / 2012年11月14日13時00分

おそらく、昔からのタニマチさんなんでしょうが、まさか本物のヤクザじゃないだろうなって現場で話題になりました」(同) もしかしたら、次回作にも出演しているかも? [全文を読む]

フォーカス