作風 芥川龍之介に関するニュース

全国の校歌・社歌を4時間演奏する「芥川也寸志の団体歌」4月16日に田端で開催。

DreamNews / 2017年02月28日09時00分

伊福部とのエピソードは多々あり、有名なものも多いので省略するが、昭和24、5年当時の音楽専門誌を読むと、芥川を「伊福部の後継者」と評しているものもあり、これは卒業作品である『交響管弦楽のための前奏曲』(1947)等の作品の作風についてと、卓越した管弦楽法の技術についての双方からの評価であると推察される。 ただし、伊福部音楽の直接的影響は、2つ目の管弦楽作品 [全文を読む]

室内合唱団「日唱」による芥川也寸志個展開催!2017年6月9日(金)渋谷にて

DreamNews / 2017年05月23日18時00分

伊福部とのエピソードは多々あり、有名なものも多いので省略するが、昭和24、5年当時の音楽専門誌を読むと、芥川を「伊福部の後継者」と評しているものもあり、これは卒業作品である『交響管弦楽のための前奏曲』(1947)等の作品の作風についてと、卓越した管弦楽法の技術についての双方からの評価であると推察される。 ただし、伊福部音楽の直接的影響は、2つ目の管弦楽作品 [全文を読む]

坂口安吾もヒロポン常用者だった!? 薬物を大量摂取していた作家5選!

tocana / 2016年03月26日08時00分

【4】萩原朔太郎 現代にも通ずるポップな作風の詩人として知られる萩原朔太郎も薬物との関係が取り沙汰される。だが、史実としてはあからさまには語られていない。それでも『猫町』(岩波文庫ほか)という小説では、薬物中毒の主人公が街を散歩していたら、猫だらけの街に迷い込むという世界が描かれる。小説の主人公と、作者が同一人物とは限らないが、何らかの体験、知見をベース [全文を読む]

重版決定!!トーチweb連載作品『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』重版のお知らせ

@Press / 2015年10月06日10時00分

水木しげるの絵柄、間、雰囲気を再現した作風で人気マンガやアニメの パロディ作品を数多くてがけており、近年は商業誌でオリジナル作品も発表している。 なお当人とは一切無関係。著書に『あやかし古書庫と少女の魅宝』(全2巻/一迅社)など。 ■会社概要 社名 : 株式会社リイド社 所在地 : 〒166-8560 東京都杉並区高円寺北2-3-2 代表 : 代表取締役社 [全文を読む]

<落語界に「立川談志賞」の創設を>ピース又吉の芥川賞受賞で考える「賞」の重要性

メディアゴン / 2015年07月25日07時00分

もちろん、菊池寛賞受賞作が菊池寛の作風を伝え、芥川賞受賞作が芥川龍之介の作風を伝えるわけではない。ただ、その名を冠した賞を作ることで、何年たってもその賞にふさわしい何者かが選ばれ落語界に刺激を与え続ければ、これにまさる(中興の祖としての)存在感はないのではないか。毎年、談志家元の命日に合わせて開催される有楽町読売ホールでの「談志祭り」。それに花を添え息長く [全文を読む]

『定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』発刊のお知らせ

@Press / 2016年07月29日17時00分

某巨匠の絵柄、間、雰囲気を再現した作風で人気マンガやアニメの パロディ作品を数多くてがけており、近年は商業誌でオリジナル作品も発表している。 なお当人とは一切無関係。著書に『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』、『あやかし古書庫と少女の魅宝』(全2巻/一迅社)など。 ■書籍概要 書籍名:定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの [全文を読む]

二階堂ふみ主演『蜜のあわれ』が描く、エロスとタナトスの相克ーー石井岳龍監督の新境地を探る

リアルサウンド / 2016年04月01日06時10分

叙情的な作風として知られる室生作品の映画化といえば成瀬巳喜男、今井正といった名匠によって何度もリメイクされた家族ドラマの名作『あにいもうと』が思い浮かぶが(個人的には秋吉久美子が主演した1976年今井正版が印象深い)、この作品はまったく趣が異なる。金魚の化身である少女・赤井赤子と、70歳になる老作家・上山、そしてかって作家を愛していた女性・田村ゆり子の幽霊 [全文を読む]

キュートな丸いお尻がこんにちは! 二階堂ふみ主演のエロチックファンタジー『蜜のあわれ』を吸い尽くしたい

おたぽる / 2016年03月29日17時00分

現在21歳になる二階堂のぴちぴちした魅力を、室生犀星の故郷である北陸ロケによってしっとりとした文芸的な香りを漂わせる官能ロマンに仕立てたのは、パンクかつアナーキーな作風で知られた石井岳龍監督。『ヒミズ』(12)で当時17歳だった二階堂を発掘した園子温監督は、『地獄でなぜ悪い』(13)で永井豪の人気コミック『あばしり一家』のセクシーヒロイン・菊の助そっくり [全文を読む]

「その学部って、何を学ぶの?」 ~文学部編~

マイナビ進学U17 / 2016年03月25日12時02分

大学における研究対象という意味で「文学」を簡単にまとめると、「特定の作品や作者を探求したり、同じ時代の違う地域での作風の違いを研究する学問のこと」となります。■文学部では何を学ぶの?文学部で学ぶ内容は、主に哲学、歴史学、文学の3つに大きく分かれます。哲学は、紀元前のギリシャで生まれた歴史の長い学問です。もともと哲学の意味は、「知を愛すること」です。「正義と [全文を読む]

トーチwebから『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』刊行のお知らせ

@Press / 2015年09月10日10時00分

某巨匠の絵柄、間、雰囲気を再現した作風で人気マンガやアニメの パロディ作品を数多くてがけており、近年は商業誌でオリジナル作品も発表している。 なお巨匠当人とは一切無関係。著書に『あやかし古書庫と少女の魅宝』(全2巻/一迅社)など。 ■会社概要 社名 : 株式会社リイド社 所在地 : 〒166-8560 東京都杉並区高円寺北2-3-2 代表 : 代表取締役社 [全文を読む]

フォーカス