著書 芥川龍之介に関するニュース

作家がみんな、読書好きとは限らない? 芥川龍之介から朝井リョウまで、偉大なる作家たちの本に対する想い

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月03日06時30分

今年、著書『火花』(文藝春秋)で芥川賞をとったピース・又吉直樹。今やあらゆるメディアで引っ張りだこもいいところ。テレビ局の間では又吉の争奪戦になっているらしい。空前の又吉ブームである。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら そんな彼が無類の読書好きであることは以前から知られていた。テレビ朝日系列「アメトーーク!」の企画「読書芸人」の回で、又吉は本にのめり [全文を読む]

【レッツトライ!】文系が解いても興味深い!考えさせられる医師国家試験3選

しらべぇ / 2014年11月21日11時30分

夏目漱石は著書『吾輩は猫である』の中で、自身がモデルと思われる珍野苦沙弥先生の日常生活を猫の視点から面白く描いていますし、安部公房は自身の著書『棒』で、「気がつくと私は一本の棒になっていた。」と、ビルから落下する人を他の人を「棒」として表現しました。 「こんな症状を感じたことがある…」と思ってしまった筆者は、不謹慎なのかもしれません。病気とそうでないもの [全文を読む]

「いろんな本が枕もとに高く積まれてあるだけで愉しい」(堀辰雄)【漱石と明治人のことば134】

サライ.jp / 2017年05月14日06時00分

著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。 [全文を読む]

重版決定!!トーチweb連載作品『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』重版のお知らせ

@Press / 2015年10月06日10時00分

著書に『あやかし古書庫と少女の魅宝』(全2巻/一迅社)など。 ■会社概要 社名 : 株式会社リイド社 所在地 : 〒166-8560 東京都杉並区高円寺北2-3-2 代表 : 代表取締役社長 斉藤發司 創業 : 1960年4月 設立 : 1974年11月 事業内容: 出版事業 URL : http://www.leed.co.jp/ 【トーチweb トップ [全文を読む]

又吉直樹「あなたの名前が付いた賞を受賞できたことを嬉しく思います」芥川賞受賞後初のエッセイ

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月04日17時30分

(中略)創作に没頭する瞬間瞬間を積み上げて行き、その都度、脱皮を繰り返すようなイメージで過ごして行こうと思います」―又吉 芥川龍之介の名前が付いた賞を受賞できたことへの思いや、著書である『火花』という言葉が、芥川の『或る阿呆の一生』に出てくることを紹介し、自らの創作にきわめて深い影響を与えた事などを述べている。また、又吉と芥川賞選考委員・川上弘美との対談も [全文を読む]

【変人ばっかり】童貞? 風呂嫌い? あの文豪たちの知られざる意外な一面とは

しらべぇ / 2015年02月14日08時00分

だが、実は学生時代の友人であり小説家である中谷孝雄氏の著書『梶井基次郎』には、こんな逸話を残されているのである。 「男3人で酒をあおり、へべれけに酔っ払った梶井は『俺に童貞を捨てさせろ』と怒鳴りながら、祇園の石段下で大の字に寝て動かない。そこで近くの遊廓へ彼を初めて連れて行ったのである。それ以来梶井は、時々その夜のことを呪うように『俺は純粋なものが分らなく [全文を読む]

タモリ、加藤茶、倍賞千恵子他 感動を呼んだ弔辞の例を紹介

NEWSポストセブン / 2013年01月16日16時00分

仏教への造詣が深く、『見仏記』『マイ仏教』などの著書もある同氏が、弔辞について考える。 * * * 葬儀に欠かせないもののひとつに、弔辞がある。 なにしろ弔辞といえば人生のオチ。映画でいえばクライマックスのようなものだ。クライマックスの出来いかんによって映画はその評価が決まるように、人の人生も弔辞の出来いかんで評価が決まる。私は絶対にそう思っている。 最近 [全文を読む]

「どこへ行くのか判らない船でも、乗っている方がよかった」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば148】

サライ.jp / 2017年05月28日06時00分

著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。 [全文を読む]

渡辺淳一文学館、中国大手出版社が購入「中国人の来館増が期待できる」=『失楽園』など今も中国で高い人気―東京で調印式

Record China / 2016年09月20日17時20分

渡辺淳一の生原稿や著書、写真などを公開、地下のホールでは渡辺作品の朗読会やコンサートなども開かれている。 同館は従来、渡辺淳一の監修を受けて展示替えなどを行っていた。2014年の没後はそれができず運営が行き詰まっていた。大王製紙の岡崎邦弘専務取締役は「海外からの来館客がこの5年間で3倍に増えた。その大半が中国人なのでさらに集客につながる」と期待を込めた。( [全文を読む]

『定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』発刊のお知らせ

@Press / 2016年07月29日17時00分

著書に『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』、『あやかし古書庫と少女の魅宝』(全2巻/一迅社)など。 ■書籍概要 書籍名:定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。 著者:ドリヤス工場 発売日:2016年7月29日 定価:本体850円+税 ページ数:1C/272P 判型:B6判 ■「トーチ」について 更新日:平日ほぼ [全文を読む]

有名男女が巻き起こした“盗作騒動”「五輪エンブレムを撤回した佐野研二郎氏の論理」

アサ芸プラス / 2015年09月12日09時55分

そんな文学界で最も有名な「盗作騒動」作家といえば「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「沈まぬ太陽」など、数々の著書がドラマ化・映画化されたベストセラーで知られる故・山崎豊子氏だろう。 [全文を読む]

トーチwebから『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』刊行のお知らせ

@Press / 2015年09月10日10時00分

著書に『あやかし古書庫と少女の魅宝』(全2巻/一迅社)など。 ■会社概要 社名 : 株式会社リイド社 所在地 : 〒166-8560 東京都杉並区高円寺北2-3-2 代表 : 代表取締役社長 斉藤發司 創業 : 1960年4月 設立 : 1974年11月 事業内容: 出版事業 URL : http://www.leed.co.jp/ 【トーチweb トップ [全文を読む]

不安や焦り…アラサーで行き詰まりを感じたら「眉毛を整えるべき」理由とは

WooRis / 2015年04月06日21時00分

そういう時に、てっとり早く事態を好転させられる方法があったら知りたいですよね! そこで今回は、中国ト筮星相学研究家・林秀靜さんの著書『運の善し悪しは「顔」で決まる! 中国相法』などを参考にしつつ、アラサーになって行き詰まりを感じたら整えるべきアレについてご紹介します! ■眉毛は“31~34才”の4年間に相当! 同著によれば、顔の部位から、何才の時に何が起 [全文を読む]

“世紀の悪法”と呼ばれる理由がわかった!『小説・特定秘密保護法 追われる男』が訴えるものとは

週プレNEWS / 2015年03月03日06時00分

主な著書に、『亡国予算 闇に消えた「特別会計」』(実業之日本社)、『町工場からの宣戦布告』(産学社)などがある ■『小説・特定秘密保護法 追われる男』 産学社 1600円+税 米F35 近く配備開始―。大手の朝夕新聞が1面トップで報じた、自衛隊がアメリカから導入する最新鋭戦闘機「F-35ライトニングⅡ」に関する記事。しかし、昨年施行された特定秘密保護法違反 [全文を読む]

妖怪&怪談ブーム 動乱や災害の前後100年サイクルで来る?

NEWSポストセブン / 2014年10月19日07時00分

江戸の文化文政時代、鶴屋南北の四谷怪談や、幽霊や妖怪の浮世絵を描いた葛飾北斎などによる一大怪談ブームに始まり、明治大正時代の柳田國男、泉鏡花、芥川龍之介、夏目漱石、小泉八雲ら文豪によるブーム、そして現在のブームまで、日本では約100年ごとに怪談が大流行していると、東さんは著書『なぜ怪談は百年ごとに流行るのか』(学研パブリッシング刊)に書いている。「当時、 [全文を読む]

楽天koboストアが配信するWikipedia人物記事にライセンス違反の疑いが浮上

ガジェット通信 / 2012年09月20日20時50分

『青空文庫』(http://www.aozora.gr.jp/ )からの著作権保護期間を満了した登録作品はまだしも、今なお著作権保護期間内の川端康成や司馬遼太郎、有吉佐和子らの著書は9月20日現在で1冊も登録されていません。 今回の『Wikipedia』人物記事配信は「年内20万冊」と目標を高く設定している『koboストア』が直面している課題を浮き彫りにす [全文を読む]

フォーカス