芥川龍之介 永井荷風に関するニュース

重版決定!!トーチweb連載作品『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』重版のお知らせ

@Press / 2015年10月06日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『濹東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美南 [全文を読む]

「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」、第III期いよいよ刊行開始!最新刊は太平洋戦争前夜までを描いた超絶技巧の作家たちの傑作・名作ぞろい!

PR TIMES / 2017年03月10日14時24分

」 【『近現代作家集 I』収録作家・作品一覧】 久生十蘭「無月物語」 神西清「雪の宿り」 芥川龍之介「お富の貞操」 泉鏡花「陽炎座」 永井荷風「松葉巴」 宮本百合子「風に乗って来るコロポックル」 金子光晴「どくろ杯(抄)」 佐藤春夫「女誡扇綺譚」 横光利一「機械」 高村薫「晴子情歌(抄)」 堀田善衞「若き日の詩人たちの肖像(抄)」 岡本かの子「鮨」 【書誌 [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』公式サイト更新! リリース直前プロローグを実装!! 一部文豪のボイス公開のお知らせと初公開の文豪もご紹介!

PR TIMES / 2016年10月17日15時20分

芥川龍之介(CV:諏訪部順一) 太宰治(CV:中村悠一)泉鏡花(CV:神谷浩史) 夏目漱石(CV:鳥海浩輔)宮沢賢治(CV:代永翼) 萩原朔太郎(CV:野島健児)中原中也(CV:柿原徹也) 江戸川乱歩(CV:斉藤壮馬)森鴎外(CV:大川透) 島崎藤村(CV:立花慎之介)尾崎紅葉(CV:緑川光) 中島敦(CV:石川界人)北原白秋(CV:花江夏樹) 志賀直哉( [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』公式サイト更新! リリース直前プロローグを実装!! 一部文豪のボイス公開のお知らせと初公開の文豪もご紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月17日15時00分

芥川龍之介(CV:諏訪部順一) 太宰治(CV:中村悠一)泉鏡花(CV:神谷浩史) 夏目漱石(CV:鳥海浩輔)宮沢賢治(CV:代永翼) 萩原朔太郎(CV:野島健児)中原中也(CV:柿原徹也) 江戸川乱歩(CV:斉藤壮馬)森鴎外(CV:大川透) 島崎藤村(CV:立花慎之介)尾崎紅葉(CV:緑川光) 中島敦(CV:石川界人)北原白秋(CV:花江夏樹) 志賀直哉( [全文を読む]

だいだい10ページ。”史上最も肩のこらない文学入門” 中島敦『山月記』を読む

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月27日11時00分

今回は特別に、『山月記』をだいたい8ページくらいの漫画で読んでみよう! 有名すぎる文学作品収録作品 太宰治『人間失格』 中島敦『山月記』 梶井基次郎『檸檬』 森鴎外『舞姫』 坂口安吾『桜の森の満開の下』 フランツ・カフカ『変身』 宮沢賢治『注文の多い料理店』 永井荷風『ぼく東綺譚』 泉鏡花『高野聖』 夏目漱石『三四郎』 アンデルセン『雪の女王』 芥川龍之 [全文を読む]

トーチwebから『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』刊行のお知らせ

@Press / 2015年09月10日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『ぼく東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美 [全文を読む]

芥川龍之介らが眠る霊園巡り “墓マイラー”が推奨ルート紹介

NEWSポストセブン / 2013年07月22日07時00分

近くの慈眼寺には生前激しい論争を繰りひろげた谷崎潤一郎と芥川龍之介が眠る。谷崎の墓が芥川に背を向けているのがおかしい。芥川の墓はほぼ正立方体で、愛用の座布団と同じサイズだとか。 ほかにも染井霊園には幣原喜重郎や若槻礼次郎ら元首相や、言文一致体の小説を初めて書いた二葉亭四迷、詩人で彫刻家の高村光太郎と妻の智恵子、岡倉天心などそうそうたる人たちが眠る。 もうひ [全文を読む]

国会図書館HPでアクセス数首位を独走中の「エロエロ草紙」とは

NEWSポストセブン / 2013年03月27日16時00分

そして、ここでも芥川龍之介や夏目漱石、永井荷風といった大作家の名作はもちろん、『平治物語絵巻』のような歴史的資料を抑えてアクセス数1位を記録したのだ(『エロエロ草紙』のダウンロード数は1万1749。2位は芥川の『羅生門』で1万163)。 国会図書館サイトでのアクセス数でも、『地球全図』や『古事記』を突き放し、月間2万5738アクセスで首位を独走中だ。 大衆 [全文を読む]

ハヤシライスの語源はHashed beef with Riceが転訛したもの?

NEWSポストセブン / 2013年01月23日07時00分

森鴎外が愛し、中国へ派遣される芥川龍之介は壮行会を開き、太宰治が処女作品集出版記念会を開くなど、数々の文豪に愛されてきた精養軒を、作家の山藤章一郎氏が訪れ、開業以来のメニュー・ハヤシライスについて綴る。 * * * 冬の某日、上野公園と精養軒を訪ねた。平日の正午前、背中にバッグを背負った男女の老輩がぞろぞろと美術館をへめぐっていた。精養軒も年配が目立った [全文を読む]

フォーカス