増田寛也 都知事選挙に関するニュース

自民党都連の命令書に猪瀬直樹氏「北朝鮮じゃないんだから」 親族が小池氏を応援したら除名処分!?

ガジェット通信 / 2016年07月13日14時30分

元総務相の増田寛也氏、元防衛省の小池百合子氏、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏、元日弁連会長の宇都宮健児氏が有力候補として挙がっているが、自民党は増田寛也氏の推薦を決定。自民党衆議院議員の小池百合子氏が立候補すると分裂選挙となるが、自民党東京都連が7月11日に配布した文書が話題になっている。 都知事選挙における党紀の保持について というもので、党として増田寛也 [全文を読む]

争点は「都政の透明化」 若狭勝衆院議員インタビュー

Japan In-depth / 2016年07月17日23時15分

自民・公明の推薦を受けた元岩手県知事・元総務相増田寛也氏、自民党で元防衛相小池百合子氏。そして野党統一候補、ジャーナリスト鳥越俊太郎氏だ。小池氏は現職衆議院議員だったが、自民党の推薦は得られなかった。その小池氏に対し、自民党東京都連は7月11日、「都知事選挙における党紀の保持について」と題する文書を党員に配布。党として増田寛也氏を推薦するとした上で、他候補 [全文を読む]

菅官房長官が発した「小池都知事の政治的抹殺」指令

日刊大衆 / 2016年12月13日18時00分

実際に出馬した増田寛也氏(元総務相)にしても、やはり総務大臣時代の人脈から絞り込みました」(菅氏に近い関係筋) つまり、都知事選は“菅人脈”VS小池氏という構図だったわけだ。「菅氏は、街頭演説に立つ機会こそ少なかったものの、選挙中、夕方以降は業界団体の締めつけに奔走していました」(前同) [全文を読む]

小池塾 反対するなら刺客立てるとの都議会への牽制

NEWSポストセブン / 2016年11月04日07時00分

それを誰よりも分かっているからこそ、小池氏は都知事選挙という〈第1ラウンド〉で「自民党」を敵と位置づけて増田寛也元総務相との戦いを勝ち抜き、〈第2ラウンド〉ではオリンピック会場問題や豊洲新市場問題で「都の役人」らを槍玉にあげてきた。小池側近が語る。「知事は、オリンピック会場問題でも豊洲新市場でも落とし所を探っている。五輪ボート会場では埼玉の彩湖を候補から [全文を読む]

マツコ・デラックスが小池百合子に共演NG宣言した理由...7年前のコラムで小池のことを「権力志向のホステス」

リテラ / 2016年08月04日11時30分

7月31日に行われた東京都知事選挙で増田寛也に圧倒的大差をつけて当選した小池百合子新東京都知事。この小池百合子人気にあやかろうと、週が明けてからメディアはこぞってそのご機嫌とりに必死だ。あるひとりの超人気タレントを除いては。 そのタレントとは、マツコ・デラックス。選挙翌日の8月1日に放送された『5時に夢中!』(TOKYO MX)のオープニングトークでは都知 [全文を読む]

小池新都知事も「子宮全摘」のサバイバー! 新しい都政の難題をどこまで克服できるのか?

ヘルスプレス / 2016年08月01日23時04分

「都民ファースト」「女性活躍のために」「東京大改革」「たった一人の戦い」「透明な都政」「強いリーダーシップ」「都議会の冒頭解散」などをスローガンに掲げた巧みな戦術で、元総務相の増田寛也氏やジャーナリストの鳥越俊太郎氏らの猛追を退けた。 だが、初の女性都知事に上り詰めた小池氏の前には、財政難、利権疑惑、子育て支援、保育所待機児童、少子高齢化、防災、テロ対策 [全文を読む]

小池氏の勝因とメディアの課題

Japan In-depth / 2016年08月01日10時39分

2位の増田寛也候補に100万票以上の差をつけた。選挙期間中、有力3候補の街頭演説会を中心に取材して当然の結果だった。長年、国政にしろ地方にしろ、選挙取材をしていると、民意の“勢い”を感じる時がある。例えば小泉郵政選挙の時などは典型的な例だった。うねりというか、有権者の期待が一気に高まって熱気となり、それが次々と相手候補を粉砕していく。それは現場にいると、数 [全文を読む]

【速報】東京都知事選「小池百合子」氏が当選!史上初女性の都知事誕生!

秒刊SUNDAY / 2016年07月31日20時15分

今回過去最多の新人21人が立候補しており、自民党の推薦で「増田寛也」氏野党の推薦で「鳥越俊太郎」氏が出馬していた。その結果小池百合子氏が女性初の都知事となった。ー当選の理由今回当選をきめた理由としては、小池さんは無党派層をおさえたという点が挙げられていた。また自民党/公明党内でも支持を集めていたとしている。今回の当選で史上初女性の都知事が誕生する。小池百合 [全文を読む]

悪夢が現実に! 都知事選は小池百合子が圧勝、2位の増田寛也、3位の鳥越俊太郎に大差

リテラ / 2016年07月31日18時55分

2位の増田寛也にもダブルスコアに近いような大差をつける勢い、3位の鳥越俊太郎とはさらに大きな開きがあるとの情報も流れ、このままいくと投票締め切り直後に当確が出るのではないかと言われている。 投票率が非常に高いことはすでに報道されているが、浮動票のほとんどは小池に流れているようだ。今回の都知事選は、ワイドショーが連日のように大きなニュースにする、まさに"テレ [全文を読む]

「政治とカネ」の問題はどこへ? パパママ有権者の関心は「保育」と「教育」 株式会社コズレ、2016東京都知事選挙に関するアンケートを実施

DreamNews / 2016年07月28日17時00分

●候補者支持率No1は小池百合子候補だが、決めかねている有権者が20%近くいる 「どの候補者を支持していますか?」と質問をしたところ、「小池百合子」候補が41%と一番支持されており、続いて「増田寛也」候補と答えた方が20%、「鳥越俊太郎」候補と答えた方が10%という順番になりました。 また、「分からない・決めていない」と答えた方が21%と、この浮動層の投票 [全文を読む]

鳥越氏の出馬は”反日”の策略?中国人が見た東京都知事選

デイリーニュースオンライン / 2016年07月27日14時05分

現在、メディア側から大きく報道されている都知事候補は、元防衛大臣で「都議会の冒頭解散」、「五輪などで発生する恐れのある利権追及チーム」を公約に掲げる小池百合子氏(64)、元岩手県知事で自公連立政権の推薦を受ける増田寛也氏(64)、野党4党が推薦するジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)の3名で、いずれも次期都知事の有力候補と言われています。確かに全員知名度 [全文を読む]

<無知か?暴論か?>続出するテレビに出る人たちの「びっくり発言」

メディアゴン / 2016年07月16日07時30分

【参考】<選びようがない都知事選>76歳の記者・鳥越俊太郎、クールビズ・小池百合子、単なる官僚・増田寛也憲法で保障された基本的人権を無視し、一族連帯責任を記した時代錯誤と受け取れる文書を天下の公党が正式文書で出して、その責任者が根拠もなく「報道が間違っている」と言い張り、さらにとんちんかんな弁明を続けるのはいかがなものでしょうか。未だこの文書は取り消されて [全文を読む]

フォーカス