豊臣秀吉 真田昌幸に関するニュース

真田一族の夢の跡。40枚の写真で綴る隠れた名城・上田城の物語

まぐまぐニュース! / 2016年03月21日01時00分

中には豊臣秀吉が好んだ金にちなんだ金箔瓦もあったことから、豊臣秀吉に臣従していた真田昌幸時代のものである可能性もあるそうです。 北東隅櫓跡 上田城本丸は他の幾つかのお城同様、鬼門除けのために北東隅に切り欠きを設けていました。これで鬼門である北東角を無くそうといういとがあるのです。そのため、北東隅櫓も2つ存在していました。形式は他の隅櫓や現存する西櫓と同様だ [全文を読む]

【歴史群像デジタルアーカイブス】「大坂の陣」関連はじめ39タイトルを新電子書籍ストア「BookBeyond」にて先行独占販売

PR TIMES / 2014年04月07日11時00分

【タイトル一覧】『黒田官兵衛の臣下「黒田二十四騎」随一、黒田節のモデル「母里太兵衛」・「豊臣秀頼」天下人の後継者』(渡辺誠 著)『上杉謙信の生涯「1越後統一・2関東管領・3川中島、対織田」』(安西篤子 著)◆『常勝の秀吉軍の戦略』(大山格 著)『織田信長の上洛戦・桶狭間合戦』(大山格 著)『豊臣秀吉の評価と実像』(宮本義己 著)『「小牧・長久手合戦」両雄の [全文を読む]

11/25(金)eラーニング『戦国武将に学ぶ相続(遺言)事業承継シリーズ「戦国武将に学ぶ相続、遺言」 「戦国武将に学ぶ事業承継」』開講!

DreamNews / 2016年11月25日15時00分

【受講対象者】相続・遺言に興味を持つ高齢者事業承継を考えている企業オーナー【価格】「戦国武将に学ぶ相続、遺言」 通常価格 9,000円(税込)「戦国武将に学ぶ事業承継」 通常価格 9,000円(税込)【講座収録時間】110分 【目次】「戦国武将に学ぶ相続、遺言」・講座ガイダンス・登場人物の説明、真田昌幸・黒田官兵衛・黒田長政・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康・ [全文を読む]

「真田丸」公式サイト終了に悲しみの声多数 台湾では今月放映開始

しらべぇ / 2017年02月03日21時00分

まずは小日向文世演じる豊臣秀吉の死。真田丸での太閤は、すっかり固定イメージが定着したと思われた豊臣秀吉に新たな「可能性」を与えた。普段は陽気で笑っているが、本気になると目から殺気が走る秀吉。これに戦慄を覚えた視聴者は少なくないだろう。また、石田三成(山本耕史)や真田昌幸(草刈正雄)が命を落とした時も、「告別式」と言うべき騒ぎがネット界隈で発生した。そして大 [全文を読む]

主役不在?ツイッターで見る『真田丸』人気キャラランキング

しらべぇ / 2016年07月10日06時00分

L字ワイプの教えに従い水浴びをする石田三成の図 #真田丸 pic.twitter.com/5rVMbDSPvc — びっちー (@bicchee) 2016年7月2日■1位豊臣秀吉(31,259ツイート)朝鮮出兵で、大変な思いで戦っている裏番組で秀吉が開催した大名対抗仮装大会について、史実を調べてツイートした投稿が大量にリツイートされた。仮装パーティーの記 [全文を読む]

【真田丸】石田三成・真田信繁の負け戦 忍城の戦いって?

しらべぇ / 2016年06月12日06時00分

本日放送の第23回「攻略」では、関白・豊臣秀吉が、最後まで敵対した北条氏政・氏直親子を討った「小田原攻め」が描かれる。この戦いには、ドラマの主人公、真田信繁や父・昌幸も出兵した。■難攻不落の小田原城画像出典:Wikipedia北条氏が籠もる小田原城は、難攻不落を誇る名城。1561年(永禄4年)、上杉謙信が率いる10万以上の大軍が1ヶ月包囲した際も守りきった [全文を読む]

真田丸『第20話』解説。秀吉の最後の敵、北条氏はこの時何を企んでた?

まぐまぐニュース! / 2016年05月22日13時00分

昔から豊臣秀吉を冷たい人だと看破し、土壇場の所で石田三成を救う。というか石田三成が北政所に頭が上がらないという伏線は、後の関ヶ原に続いていくんたせろうなあ、と。あと、お兄ちゃんはなにげにハーレム築いていないかという疑惑。#真田丸 — 地雷魚『越天の空』イカロス出版より発売中 (@Jiraygyo) 2016年5月22日 寧様がお辛い一番辛い…#真田丸#丸絵 [全文を読む]

約30年の時を越えたオマージュにファン歓喜! 視聴率19.1%、復活傾向の『真田丸』第18話ざっくりレビュー!!

おたぽる / 2016年05月11日22時00分

さて、第1話の19.9%、第2話の20.1%に次ぐ高視聴率となった、8日放送の第18話はというと、徳川家康(内野聖陽)が上洛したことで、ついに真田昌幸も豊臣秀吉(小日向文世)の傘下に加わることを決意し、上洛することに。だが、信幸(大泉洋)とともに大坂城を訪れた昌幸に冷たく、よりによって徳川家の寄り騎となるよう命ずる……といったストーリーだった。 武田家滅 [全文を読む]

大河ドラマ『真田丸』草刈正雄演じる真田昌幸が二枚舌すぎて面白すぎるwww 「この昌幸いいなぁ」

AOLニュース / 2016年01月13日12時00分

公式サイトの登場人物紹介では、真田昌幸は、「知略軍略に優れ、豊臣秀吉に油断ならない『表裏比興の者』と言わしめた天才武将」と紹介されている。そんな天才武将を演じたのが、二枚目俳優の草刈正雄だ。 特にネット上で話題となったのは、草刈演じる真田昌幸の「二枚舌」っぷりだ。 第1話では例えば真田家が仕える武田家の行く末を案じた妻(演・高畑淳子)に責められるが理路整 [全文を読む]

大坂の陣400年丸の内夏の陣 真田幸村と戦国武将たち

@Press / 2015年07月30日16時00分

真田幸村をはじめ、豊臣秀吉や徳川家康など名将たちの甲冑レプリカ(全6体)や東京では初となる「真田丸」復元ジオラマを展示します。さらに、丸ビル4階丸の内ロフトによる戦国グッズショップも登場します。 また同期間中、丸ビル1階のMarunouchi Cafe × WIRED CAFEでは、真田幸村をイメージしたオリジナルメニュー「海老とオリーブのペンネ 怒りん坊 [全文を読む]

次期NHK大河『真田丸』に豪華キャスト続々! 局内では「『花燃ゆ』早く終われ」の声も!?

日刊サイゾー / 2015年03月15日09時00分

堺さん演じる真田幸村の父親である真田昌幸役には草刈正雄さん、兄の真田信之役には大泉洋さん、豊臣秀吉には小日向文世さん、寧々役には鈴木京香さん、茶々役には竹内結子さん、豊臣秀吉の部下として、あの『半沢直樹』ではライバル役を演じた片岡愛之助さんも登場するので、盛り上がらないわけはありません。あとは“三谷組”常連の山本耕史さんをはじめ、豪華キャストが決まってるよ [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

豊臣秀吉(1537年-1598年9月18日) 戦国一の出世頭、太閤秀吉は遅咲きの印象がありますが、40歳の1577年には、信長から命ぜられた中国攻めの端緒となる播磨平定に道筋をつけて、信長から褒められています。 大河ドラマ『軍師官兵衛』で官兵衛が奔走していた、秀吉を姫路城に迎えて、小寺政職らを説得して押さえ込んだ、あの辺りです。近年雲海で有名な、但馬の [全文を読む]

『真田丸』最終回を10倍おもしろく見る方法!

日刊大衆 / 2016年12月17日16時00分

はたして、脚本家の三谷幸喜氏がどんな奇想天外な「策」を仕掛けてくるのか!? 主役・真田幸村(信繁)を演じる堺雅人は、どんな熱演を見せてくれるのか!? 大人気大河ドラマ『真田丸』の、感動必至の最終回を10倍面白く見るための“10のポイント”を一挙蔵出しする!(1)“最後の戦国武将”幸村の「武士の誇り」を堺雅人が熱演する「主役ながらずっと、昌幸や豊臣秀吉(小日 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】掛川城が豊臣政権の「アキレス腱」だった理由

GOTRIP! / 2016年11月29日04時00分

もちろん豊臣秀吉は家康に面と向かって「お前を関東に押し込める」とは言っていません。「関東のほうが広いから、そこで悠々自適にやれ」とでも言ったはずです。 ですが当時の関八州は伊達、上杉といった強豪と秀吉の若い頃からの戦友に事実上包囲され、家康はじっと身構える羽目になりました。 ・家康包囲網 東海道の一拠点である掛川城。ここは秀吉の直臣である山内一豊が城主を [全文を読む]

ドラマ『真田丸』をもっと楽しめるようになるイベントが滋賀にあるらしい!

マイナビ進学U17 / 2016年09月01日12時01分

■石田三成という武将の魅力を再発見させてくれる『真田丸』皆さんは大河ドラマ『真田丸』を見ていますか? 主人公の真田信繁も、お父さんの昌幸も、豊臣秀吉も徳川家康も、みんな生き生きとしていて個性が豊かですね。『真田丸』を見て、日本史に興味を持った人も増えているのではないでしょうか。そんな中で、ひときわ注目を集めているのが石田三成です。言うまでもなく、戦国時代の [全文を読む]

天下分け目の関ヶ原の合戦まで待ったなし! 信繁も景勝も儚くて格好良かった『真田丸』第33話「動乱」レビュー!!

おたぽる / 2016年08月24日20時00分

豊臣秀吉(小日向文世)の死去後、ちょっとまったりした雰囲気もあったが、ここに来てテンポアップ! 関ヶ原の合戦に至るまでのフラグがしっかりと見えてきたし、なにより主人公・真田信繁(堺雅人)の熱い演技も素晴らしかった大河ドラマ『真田丸』(NHK総合)。視聴率も18.0%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と、SMAP騒動に巻き込まれた先週から、大体普段どおりの数字 [全文を読む]

NHK『真田丸』の配役に張り巡らされた、俳優たちのリアルな「裏」人間関係

Business Journal / 2016年07月14日07時00分

豊臣秀吉の重臣である大谷吉継を演じているのが、藤原紀香との結婚が話題の片岡愛之助。その愛之助の育ての母である高田美和は、89年のドラマ『風雲!真田幸村』(同)で、秀吉の側室である淀の方(茶々)を演じているのだ。『真田丸』では、竹内結子が演じている役だ。 吉継も茶々も、豊臣家を描く上では重要な役割だが、役柄だけでなくリアルな親子関係も『真田丸』には盛り込ま [全文を読む]

コメディ多めの息抜き回と見せかけ、重大フラグ乱立! そしてあの“ナレ死”も回避!?『真田丸』第26話「瓜売」レビュー!

おたぽる / 2016年07月05日21時00分

豊臣秀吉(小日向文世)の朝鮮半島・明の出征がいよいよ開始したものの、派手な戦闘が描かれることもなく、肥前名護屋に集められた大名たちによる愉快な仮装大会が今回のメイン――と書くと「お、息抜き回かな?」と思われるかもしれないが、こっそりと豊臣家、そして真田家にとってもでかいフラグ(伏線ともいう)が乱立。息抜きどころか、息を潜めたくなるようなエピソードが展開した [全文を読む]

「真田丸」謎の美女・吉野太夫を直撃!

Smartザテレビジョン / 2016年06月28日05時00分

作中、その妖艶さで豊臣秀吉(小日向文世)や真田昌幸(草刈正雄)をとりこにした吉野太夫は、過去2回の登場ながら存在感を放ち、元宝塚の娘役スターという中島自身の経歴と共に注目を集めている。イベント終了後、長野、小栗と共に、沼田市で開催中の「上州沼田真田丸展」を視察した中島を直撃し、イベントの感想や「真田丸」本編への再登場について聞いた。――まずは「真田丸」展の [全文を読む]

大人気声優を起用「真田十勇士(作:小前亮)」第2弾配信開始!銀河英雄伝説やアルスラーン戦記の朗読化をしているキクボンがオーディオブック化! 長野を中心に地縁のある豪華声優陣で制作!真田幸村は羽多野渉!

DreamNews / 2016年06月15日16時00分

その後のはげしい後継者争いには、豊臣秀吉が勝ち残った。秀吉は信長の 意志を継ぎ、天正十八年、北条氏をくだして、日本全国を統一した。戦乱の世は終わり、平和がやってきたかに思えた。だが、それは見せかけの平和であった。 豊臣家の支配がつづくのか、新たな覇者があらわれるのか、天下の行く末はまだわからない。これはそうした時代にはじまる物語である―。■原作者 小前亮( [全文を読む]

フォーカス