ニュース 菊池桃子に関するニュース

政界に吹き荒れる"パンツ騒動"の気持ち悪さ|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2015年11月01日20時00分

「床に穴開け浴室侵入、女性店主に恋した51歳男逮捕」(日刊スポーツ10月29日)というニュースがあった。容疑者の男は、まず被害者のマンションの真上の部屋に引っ越しをした。そして自室のユニットバスの床部分に穴を開け、女性宅の浴室天井にある点検孔から侵入したという。仰天する気持ちの悪さ。でも、この記事はどこかで既視感があった。「パンツ大臣」である。 ●とにかく [全文を読む]

シリーズ累計93万部突破の大ヒット作『さよならドビュッシー』実写ドラマ化! 特別先行試写会の開催決定

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月02日17時30分

【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ <「さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵岬洋介~」先行試写会実施日程> 日時:2016年3月12日(土)、13日(日) 両日13:00~、16:30~の2回(所要時間 2時間半程度) 場所:都内 ※交通費は自己負担 人数:各25名 ※抽選(当選者には3月4日(金)21:00までにDMが届く) 応募方法:番組公式 [全文を読む]

菊池桃子 結婚式延期のショックでコップ1杯分吐血した過去

NEWSポストセブン / 2012年02月03日07時00分

※女性セブン2012年2月16日号 【関連ニュース】菊池桃子離婚は子供守るため 夫借金で自宅差し押さえ危機に菊池桃子と離婚のプロゴルファー西川哲 7年間で賞金90万円 「太っちゃった」と他人事的に言うのはダメ、自分が太らせた黒田アーサー 大橋未歩似の17才年下新妻の似顔絵を披露“ゴルフ界の松嶋菜々子”森美穂 18歳の美脚と今後に期待大 [全文を読む]

【ストレスチェック・メンタルヘルス】労働環境を考える!コラム「一億総活躍社会とソーシャル・インクルージョン」を公開しました。

PR TIMES / 2015年11月13日09時31分

コラムサイトURL: http://www.otsuka-shokai.co.jp/erpnavi/topics/column/shem-mk/socialinclusion.html?02=01_ptsi151112a[画像1: http://prtimes.jp/i/9712/666/resize/d9712-666-240127-1.jpg ]当コラ [全文を読む]

離婚報道の次は"完治困難な病"...... 菊池桃子に同情の声

サイゾーウーマン / 2012年03月03日12時00分

結婚生活17年目での突然の離婚発表から日も経たずに、またもや菊池に関する衝撃的なニュースが舞い込んできた。 「シェーグレン症候群」とは原因不明の難病で、40~60歳の中年女性に多く発症する病。別名"乾燥症候群"と呼ばれ、目や口が乾燥し、関節が痛むなど全身に症状が表れるという。同誌が病気の事実関係について菊池の所属事務所に確認すると「確かに桃子の病名はシェー [全文を読む]

菊池桃子 離婚のウラに元夫・西川の周りにちらつく「女の影」

NEWSポストセブン / 2012年02月07日07時00分

※週刊ポスト2012年2月17日号 【関連ニュース】菊池桃子離婚は子供守るため 夫借金で自宅差し押さえ危機に菊池桃子 結婚式延期のショックでコップ1杯分吐血した過去上杉隆氏 深夜のゴルフ場に忍び込んで「泥棒ゴルフ」の過去菊池桃子と離婚のプロゴルファー西川哲 7年間で賞金90万円「美人すぎるゴルファー」「巨乳プロ」ツアー出場権逃す [全文を読む]

菊池桃子離婚は子供守るため 夫借金で自宅差し押さえ危機に

NEWSポストセブン / 2012年02月04日07時00分

そういったことは万が一にでもあってはいけないと考え、子供たちを守るために離婚を決意したようです」 ※女性セブン2012年2月16日号 【関連ニュース】上杉隆氏 深夜のゴルフ場に忍び込んで「泥棒ゴルフ」の過去菊池桃子と離婚のプロゴルファー西川哲 7年間で賞金90万円菊池桃子 結婚式延期のショックでコップ1杯分吐血した過去上杉隆・モテゴルフ10箇条に「彼女のバ [全文を読む]

菊池桃子と離婚のプロゴルファー西川哲 7年間で賞金90万円

NEWSポストセブン / 2012年02月02日16時00分

※女性セブン2012年2月16日号 【関連ニュース】上杉隆氏 深夜のゴルフ場に忍び込んで「泥棒ゴルフ」の過去菊池桃子離婚は子供守るため 夫借金で自宅差し押さえ危機に菊池桃子 結婚式延期のショックでコップ1杯分吐血した過去「美人すぎるゴルファー」「巨乳プロ」ツアー出場権逃す女子ゴルフ界若手の「賞金は寄付しよう」にベテラン勢猛反発 [全文を読む]

24時間テレビのジャニーズギャラ数千万円は高いのか問題への反論|平本淳也のジャニーズ社会学

デイリーニュースオンライン / 2017年08月23日20時30分

思うに今後、このメインを他社の誰れが受けるときが訪れたら、事情を知る人間にとっては事件レベルのニュースである。 ちなみに募金の最高額は関ジャニ∞がメインとなった第34回(2011年)の約20億円で、ジャニーズがレギュラーになった後の最低額は東山紀之がサポーターを務めた第27回の2004年で7億2千万と三倍近くの差が開いた。平均視聴率も同様に17.1%と11 [全文を読む]

PTA不要論に現役会長「退会者のタダ飯感覚は理解できない」

NEWSポストセブン / 2017年05月30日07時00分

案の定、うちの小学校や近隣校でも、このニュースが流れた直後から「PTAは任意団体だから今年度から会費は払わない。活動もいっさい協力しない」という保護者が現れ始めました。 PTAが任意団体であることは事実ですし、入退会や会費の支払いについて強制力はありません。ただし、これはあくまで建前上の話。公立の小中学校では、PTAへの入会が「暗黙のルール」となっている [全文を読む]

芸能美女「お宝カット」“高騰・下落”最新調査!(2)市川紗椰のモデル時代のお宝写真集

アサ芸プラス / 2017年02月18日17時57分

まさかその翌年に夜ニュースのキャスターになって、毎日見られるようになるとは誰も想像できなかったはずです」(鎌田氏) 98年の「月刊永作博美」から始まった「月刊〇〇」シリーズは1冊まるごと1人の女優を取り上げ、しかも他で見られないような過激な中身が人気を呼び、大ヒットした。芸能評論家の織田祐二氏が熱く語る。「雑誌スタイルのため発売時間が短く、気づいた時には入 [全文を読む]

菊池桃子「PTA任意加入」発言に警鐘。ゆとり教育の二の舞を懸念

まぐまぐニュース! / 2016年06月28日05時01分

出典元:まぐまぐニュース[全文を読む]

今井絵里子選挙出馬にドッチラケ、狩野英孝と不倫・加藤紗里がモンスター?、清原ノリピー高部あい……週末芸能ニュース雑話

日刊サイゾー / 2016年02月06日13時00分

でも、核弾頭級のニュースに紛れて「マジ?」って話もいくらかあるよ。ダンスボーカルグループ・SPEEDの元メンバーの今井絵里子を、自民党が参議院選挙に擁立するんだって。記者Y ああそれですか。びっくりしたというより「なんで?」ってなりましたね。デスクT 今井絵里子がどうってわけじゃなくて、なんで明らかに政治の素人である芸能人を選挙に出そうとするのかね。そりゃ [全文を読む]

2015年下半期 輝く!“有名人スキャンダル大賞”!「馳浩の大臣主任に蝶野が言っていたこと」

アサ芸プラス / 2015年12月31日17時57分

ホント、こんなに長時間にわたって怒り狂ったニュースは他になかったですね。社会問題だっていうの。こんなの許されない!ずっと拒絶しまくってたのが最後の最後で大逆転。映画でこんな筋書き書いたら怒られますからね。水 下半期の大賞は総合してチャーリー・シーンということで。2015年は岡田斗司夫とチャーリー・シーンの2大性豪の年だった。来年ゲストに来てもらう?吉 チャ [全文を読む]

介護と少子化問題に対する政策「三世代同居」 女性が案外支持

NEWSポストセブン / 2015年12月07日11時00分

自民党の中からも、“担当大臣にならなくてよかった”という声が聞こえてくるほどです」(大手新聞紙政治部記者) それでも、このニュースを知って、「税が優遇されるなら同居を前向きに考えたい」と話すのは、佐賀県に住む会社員女性(50才)だ。 「娘が結婚して、孫と私と三世代で一緒に住めればいいですね。私も孫の面倒を見てあげられるし、年を取っても娘が一緒だと安心ですよ [全文を読む]

交際報道の紗栄子に見る「地獄のフラット理論」|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年10月27日19時00分

この話題をニュースショーでやったとき、気のせいか、スタジオにいる女性タレントたちの顔が「無」になるのを感じた。見て見ぬふりをするしかない。粛々と感情をゼロにする。少し落ち着いてから微笑してみせる。スタジオのタレントたちから「アンチの正しい対応」を勝手に感じた。 紗栄子のこの「やり手」ぶり。紗栄子自身も実業家として成功している。味方にしたらずいぶんと頼もしい [全文を読む]

小林麻耶、馬場典子も危うい! テレビから消えた“売れっ子”女子アナの現在

サイゾーウーマン / 2014年04月23日13時00分

また『サンデー毎日』(毎日新聞社)で2年前から『すみきちのぶっちゃけ堂』という著名人との対談コーナーを連載していたのですが3月末で終わってしまいました」(芸能ライター) 鳴り物入りでフリーになったはずの彼女、一体どうしてこうも寂しい状況になってしまったのだろうか? 「テレビマンはとにかくニュース性がある人に触手を伸ばしたい人種なので、フリーになった住吉アナ [全文を読む]

大河ドラマ主人公に抜擢で関心を集め新たな資料や事実発見も

NEWSポストセブン / 2013年06月15日16時00分

当時、新聞・TVなどでも紹介され、濃姫役を演じる菊池桃子らがこの墓に詣でたこともニュースになった。ちなみに、この発見が縁で、岡田さんは「信長」の時代考証に参加している。大河ドラマの人気が歴史研究にも影響を及ぼすことがありうるという、顕著な事例だ。 2008年の〈篤姫〉の場合も、大奥を彩る女性たちについての「発見」があった。篤姫の時代、大奥の重役・御年寄を務 [全文を読む]

離婚した菊地桃子 元姑の五月みどりに相談も援助拒否される

NEWSポストセブン / 2012年08月03日16時00分

※女性セブン2012年8月16日号 【関連ニュース】ダルビッシュの父 紗栄子ブログに「息子を利用した」と抗議故・尾崎紀世彦 看取りを拒否した前妻の遺産要求に遺族困惑大津いじめ加害少年の1人 転校後不登校状態で家で歌の練習高嶋政伸と離婚裁判中の美元 有名建築デザイナーに寄り添う木村拓哉 ラジオでいじめ相談「いじりといじめは一字違い」 [全文を読む]

フォーカス