福沢諭吉 西郷隆盛に関するニュース

「Brilliant60s=輝ける60代」 2,000人に聞いた「シニアのリアル調査2016」結果より 第三弾 今どきシニア、今年のお年玉相場は昨年から微減。関東のお年玉は大幅減少

PR TIMES / 2016年12月12日16時58分

3.シニアにとっての「一万円札」は、今も昔も「聖徳太子」! ~一万円札に相応しい歴史上の人物は、2位「坂本龍馬」、3位「徳川家康」と男女同一の人気~★全体の4位以降は、4位「織田信長」、5位「田中角栄」、6位「豊臣秀吉」、7位「杉原千畝」、8位「卑弥呼」、9位「勝海舟」、「湯川秀樹」、「西郷隆盛」★男性の4位以降は、4位「織田信長」、5位「田中角栄」、6位 [全文を読む]

福沢諭吉の知られざる姿

Japan In-depth / 2016年08月16日18時00分

古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授)「古森義久の内外透視」福沢諭吉は欧化主義者として知られるが、実は日本の伝統や価値観を重んじるナショナリストだった――こんな斬新な福沢論を展開する書が新たに刊行された。著者は「現代の日本は福沢のナショナリズムの精神からいまこそ学ぶべきだ」と強調する。この書は「士魂―福沢諭吉の真実」(海竜社刊)と題され、アジア [全文を読む]

西郷隆盛はぽっちゃり好き!? 幕末志士たちの性癖、あだ名、趣味…

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月23日11時30分

他にも、福沢諭吉が幼少の頃からお酒を飲んでいたとか、西郷隆盛はデブ専で料理屋で一目惚れした仲居には「豚姫」というニックネームをつけた。近藤勇は尊敬する加藤清正を真似して「げんこつを口のなかに出し入れする芸」を持っていたこと。現在放送されている大河ドラマ『八重の桜』の主人公である新島八重(旧姓:山本八重)にも、「14歳のときには4斗俵(およそ60キロ)を肩の [全文を読む]

いまもっとも人気の高い評伝作家がおくる最新刊『叛骨の宰相 岸信介』。「昭和の妖怪」とよばれた岸信介の知られざる実像と多大な功績に迫る!

PR TIMES / 2014年01月20日12時08分

『白洲次郎 占領を背負った男』(第14回山本七平賞受賞)『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』『吉田茂 ポピュリズムに背を向けて』(以上、講談社)、『陰徳を積む 銀行王・安田善次郎伝』(新潮社)、『同行二人 松下幸之助と歩む旅』(PHP研究所)、『日本を創った男たち』(到知出版社)、『西郷隆盛 命もいらず名もいらず』(WAC)など著書多数。 【商品情報】 著 [全文を読む]

4月から初めて「歴史」を学び始める全国の小学生6年生に 歴史好きになってもらいたい…と、 進研ゼミ小学講座が「しゃべる巻物型 歴史教材」を投入

PR TIMES / 2013年03月14日09時20分

人物の声は、「聖徳太子」「紫式部」「平清盛」「源義経」「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」「ペリー」「坂本竜馬」「福沢諭吉」「西郷隆盛」の11名の人物について、日本音響研究所(東京都渋谷区)の協力のもと、編集部独自に声の再現に取り組み、上記の「しゃべる歴史巻物年表」が完成しました。 この「しゃべる歴史巻物年表」は、進研ゼミ小学講座「チャレンジ6年生」受講生 [全文を読む]

フォーカス