小説 西郷隆盛に関するニュース

2018年大河ドラマ「西郷どん!」に期待の声続々!「女2人の視点で描く西郷どんはどんな風になるんだろう!?」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月17日15時00分

読者からは「これを読んで西郷隆盛のファンになった! めちゃドラマチック!」「歴史小説は苦手意識があったけど、林先生の西郷どんは夢中で読んでる!」「今までも西郷隆盛を描いた小説を読んだことはあるけど、また違った視点で描かれていて新鮮!」と大反響を呼んだ。 そんな同作が、ドラマ「ハケンの品格」や「はつ恋」「Doctor-X外科医・大門未知子」といった大ヒット作 [全文を読む]

SMAP・木村拓哉、NHK大河“西郷隆盛”役は無謀!? 地元民に受け入れられない理由

サイゾーウーマン / 2016年10月24日09時00分

原作は『不機嫌な果実』(文藝春秋)などで知られる人気作家・林真理子の小説『西郷どん!』(KADOKAWA「本の旅人」連載中)、脚本は14年の連続テレビ小説『花子とアン』などを手がけた中園ミホが担当するといいますが、主役の“西郷どん”こと薩摩藩の西郷隆盛役は未定。当初、一部では堤真一に内定しているという報道があったものの、堤の所属事務所はこれを否定しています [全文を読む]

'18年大河は「西郷どん」中園ミホが脚本

Smartザテレビジョン / 2016年09月08日18時35分

林真理子が「本の旅人」(KADOKAWA)に連載する小説「西郷(せご)どん!」を原作に、明治維新の立役者・西郷隆盛の生涯を描く。 貧しい下級武士の家に生まれながら、困った人を見ると放っておけない男は、薩摩藩主・島津斉彬に認められ、薩摩のキーパーソンへと成長。やがて、勝海舟や坂本竜馬といった盟友と出会い、“革命家”として覚醒していく。 林は「以前、最後の将 [全文を読む]

2018年の大河ドラマ 「西郷隆盛」に内定との情報

NEWSポストセブン / 2016年08月29日16時00分

「最近になって、佐藤賢一さんの『遺訓』や葉室麟さんの『大獄』、林真理子さん『西郷どん!』など、直木賞作家がこぞって西郷を題材に小説を書いているのは、現代人の興味に合致するからでしょう。時代考証の依頼? まだきていませんが、手伝えることがあるならやらせてもらいたい」(原口氏) そうした声がある一方で、西郷内定情報の裏には「官邸と明治維新の呪縛があるのでは」 [全文を読む]

18年NHK大河ドラマ『西郷どん』主役は、鈴木亮平で大丈夫? 不安視される松山ケンイチの二の舞い

日刊サイゾー / 2016年11月04日11時00分

転機となったのは、14年前期のNHK連続ドラマ小説『花子とアン』への出演。同作で、鈴木は主人公・花子(吉高由里子)の夫・村岡英治役を演じてブレーク。その後、『天皇の料理番』(TBS系/15年4月期)で、主人公・秋山篤蔵(佐藤健)の兄・周太郎役、『結婚式の前日に』(同/同年10月期)で、主人公・芹沢ひとみ(香里奈)の婚約者・園田悠一役などを演じた。その演技力 [全文を読む]

鈴木亮平が'18年大河主演 西郷役で裸身も!?

Smartザテレビジョン / 2016年11月02日11時40分

同作は、林真理子が「本の旅人」(KADOKAWA)に連載している小説「西郷(せご)どん!」を原作に、明治維新の立役者・西郷隆盛の生涯を勇気と実行力で時代を切り開いた「愛に溢れたリーダー」として描く。 貧しい下級武士の家に生まれながら、困った人を見ると放っておけない男は、薩摩藩主・島津斉彬に認められ、薩摩のキーパーソンへと成長。やがて、勝海舟や坂本竜馬とい [全文を読む]

<日本の学校に足りないのは「戦争」という授業>アホの巣窟・戦後日本を正すために漫画家になったのだ

メディアゴン / 2015年06月01日07時20分

やはり、漫画や小説やメディアから変えていくしかない。ということで、先生の道から漫画家の道に乗り換えた。今から32年前だ。最初は売れないと話にならないので、売れる為の研究をし始めた。有り難いことに弟子入りした本宮ひろ志先生は他の漫画家の先生より遥かに「売れる」ということを研究して来た先生だった。本宮先生の研究をさらに発展させて、筆者は売れる理論を漫画家デビュ [全文を読む]

『世に棲む日日』『翔ぶが如く』など 司馬遼太郎さんの歴史小説5作品の電子書籍版、11月28日より予約開始!

@Press / 2014年11月28日09時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は12月12日(金)、故・司馬遼太郎さんの歴史小説5作品の電子書籍版を発売するのに先立ち、11月28日(金)より電子書店にて予約を順次開始いたします。今回発売するのは、『世に棲む日日』全4巻、『翔ぶが如く』全10巻、『十一番目の志士』上下巻、『幕末』、『酔って候』(『世に棲む日日』『翔ぶが [全文を読む]

司馬遼太郎の描いた坂本龍馬のウソ・ホント【日本初の新婚旅行はウソだった】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月26日11時30分

しかし、これらは司馬作品の影響を非常に大きく受けており、後の小説やドラマ、アニメなどの龍馬像の原点になっているそうだ。 具体的に、司馬作品と現在史実として判明している事柄を比較してみよう。●船中八策『竜馬がゆく』では、龍馬が後藤象二郎と土佐藩船に乗って、長崎から京都に向かう船中で、幕府亡き後の日本の青写真を語り、長岡謙吉に口述筆記をさせている。史実では、原 [全文を読む]

グランプリ賞金は100万円!歴史小説「幕末を呑みこんだ男」原作の映画脚本 7月31日まで大募集!

@Press / 2014年04月28日18時00分

五代友厚映画実行委員会(代表:鈴木 トシ子、所在地:大阪市中央区)は、幕末の薩摩藩士「五代友厚(ごだい ともあつ)」を主人公とした映画の制作にあたり、歴史小説「幕末を呑みこんだ男 小説 五代友厚」(黒川十蔵 著)を原作本とした映画脚本を募集します。グランプリ賞金は100万円、締切は7月31日まで(消印有効)で、プロアマ問わずどなたでもご応募いただけます。U [全文を読む]

フォーカス