本当 西郷隆盛に関するニュース

日本近代史の謎。西郷隆盛は本当に「征韓論者」だったのか?

まぐまぐニュース! / 2017年03月03日04時30分

私が本当の文明国であるならば、未開の国に対しては慈愛の心をもって接し、懇ろに説き諭して文明化に導くべきであるのに、未開蒙昧の国であればあるほど残忍な仕方で接し、己を利してきた西洋は野蛮であると言った。すると、その人は口をつぼめて何も言い返すことが出来ないと苦笑していた。) 真の文明国とは、このような道義を行う国だ、というのが、西郷の考えだった。朝鮮との戦争 [全文を読む]

お土地柄は人柄から。郷土愛の遺伝子が歴史上の偉人を生み出している

まぐまぐニュース! / 2016年09月14日00時50分

本当の意味の「歴史教育」とは? 郷土愛と恩返しの志 白駒さんは言う。 そして人間は誰しも「郷土愛」を持っていると思いますが、その郷土愛の源泉は「人」であると、つくづく感じます。その土地に誇れる人がいると、郷土愛も強くなるのです。 ふるさとに誇れる先達がいると、自分もいつか自らを育んでくれた地域に恩返しがしたいという気持になるのではないでしょうか。(同 p [全文を読む]

台湾人が提示する、中国が台湾を「日本の一部」と見なしていた証拠

まぐまぐニュース! / 2016年06月15日19時30分

しかし、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄文雄さんは、「中国はかつて、台湾は日本に属する、もしくは自分たちの支配地域ではないという立場を取っていた」としています。メルマガでは日本が台湾に出兵した「牡丹社事件」など歴史的事実を時系列で追いながら、その証拠を白日の下に晒しています。 かつて中国は台湾 [全文を読む]

美しいだけじゃない。「桜」が日本の象徴とされている本当の理由

まぐまぐニュース! / 2016年03月23日19時30分

桜が日本の国花であることはご存知だと思いますが、世界的に見ても、ひとつの花が咲くのを国中でここまで待ち焦がれることはあまり例がないのだとか。無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、平安時代から現代まで続く、桜に魅了され続けて来た日本人の心に迫ります。 桜とともに生きてきた日本人 桜は、古来から様々な名歌に詠まれ、民衆 [全文を読む]

皆が知っているカーネル・サンダース 本当の名前は?

NEWSポストセブン / 2016年03月11日16時00分

※週刊ポスト2016年3月18日号 [全文を読む]

幕末薩摩のちびっこ教育がものすごかったという話

週プレNEWS / 2013年01月28日00時30分

あと、もし今、本当のエリート官僚を選びたいなら、やはり数回のペーパーテストと面接では無理でしょう。選挙もテストも一見公平な方法ですが、リーダーの選び方において今の日本社会は怠けてると僕は思う。もっとしっかり長い時間をかけ、実際の行動のなかから指導者を選んでいくシステムを復活させないと。 ―人材を育てるだけでなく、人材発掘の面でも、今の日本にとってヒントがあ [全文を読む]

21年間の生涯で21人を殺害した伝説の悪童、ビリー・ザ・キッドの写真が話題!

tocana / 2015年10月24日08時30分

このたび、彼の写真が発見されたのだが、そのあまりの価値(値段)に「これが本当の掘り出し物」と、驚きの声が上がっている。 【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/10/post_7657.html】 21歳という短い生涯で、21人を殺したと言われる、無法者・ビリー(本名:ウィリアム・ヘンリー・マッカーティ・ジュニア)。同年代を生き [全文を読む]

フォーカス