西郷隆盛 勝海舟に関するニュース

日本近代史の謎。西郷隆盛は本当に「征韓論者」だったのか?

まぐまぐニュース! / 2017年03月03日04時30分

2018年の大河ドラマの主人公にも決定している西郷隆盛。インパクトのある風貌は今でも「西郷どん」と親しまれていますが、後半生は謎に包まれています。その一つが、西南戦争を起こした理由。日本という国を愛していた西郷が無謀とも言える内戦を起こした理由は、どこにあったのでしょうか。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では [全文を読む]

「Brilliant60s=輝ける60代」 2,000人に聞いた「シニアのリアル調査2016」結果より 第三弾 今どきシニア、今年のお年玉相場は昨年から微減。関東のお年玉は大幅減少

PR TIMES / 2016年12月12日16時58分

3.シニアにとっての「一万円札」は、今も昔も「聖徳太子」! ~一万円札に相応しい歴史上の人物は、2位「坂本龍馬」、3位「徳川家康」と男女同一の人気~★全体の4位以降は、4位「織田信長」、5位「田中角栄」、6位「豊臣秀吉」、7位「杉原千畝」、8位「卑弥呼」、9位「勝海舟」、「湯川秀樹」、「西郷隆盛」★男性の4位以降は、4位「織田信長」、5位「田中角栄」、6位 [全文を読む]

【無料版】【66%オフ】映画『幕末高校生』をより楽しむ!『幕末志士伝シリーズ』無料ダイジェスト版&『佐幕の志士たち』セール!

PR TIMES / 2014年07月11日13時24分

【第1巻】龍馬と同志たち 【第2巻】新選組 【第3巻】倒幕の志士たち 【第4巻】佐幕の志士たち 【第5巻】剣豪たち 『幕末志士伝シリーズ』商品ページ http://bit.ly/1zoq35F ■無料配信タイトル タイトル:『幕末志士伝 無料ダイジェスト版 全史跡マップナビ付き』 著者:四條たか子/ブルボンクリエイション 発行:ブックビヨンド 販売価格: [全文を読む]

沸々と湧く「西郷待望論」 驚くほど今日的な存在と手島龍一氏

NEWSポストセブン / 2012年12月11日07時00分

そのなかで上位にランクされた西郷隆盛について、外交ジャーナリストの手島龍一氏が解説する。 * * * もう何年も宰相の不作が続いている平成のニッポンでは「西郷待望論」が沸々と湧きおこっている。政治は二流でも経済が一流なら大丈夫――こううそぶいていた当の財界人が「強力な政治なくして経済の飛躍なし」などと言っている昨今である。 いまや誰しもが国家を束ねる強力な [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

西郷隆盛(1828年1月23日-1877年9月24日) 1868年、40歳の西郷さんは誕生日の4日後から戊辰戦争に突入。で、大勝利。 ◎桂小五郎=木戸孝允(1833年8月11日-1877年5月26日) 木戸孝允の40歳、1873年は、岩倉使節団の全権副使として欧米を回り帰国した年です。翌年、台湾出兵の決定に反対して参議を辞職しています。 ◎大久保利通( [全文を読む]

西郷隆盛はぽっちゃり好き!? 幕末志士たちの性癖、あだ名、趣味…

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月23日11時30分

近藤勇のように斬首されたものや西南戦争で自刃した西郷隆盛は有名だが、病死や老衰以外の死因だった人もたくさんいる。新撰組の隊士で、剣の腕もかなりのものだった永倉新八は「酒に酔うとふんどし一丁になって傷を一つひとつ見せながら自慢する癖」があった。だが、そんな彼の死因が虫歯の悪化で敗血症をこじらせ、病死したからなんて驚き。他にも、風呂上がりにブランデーを一気飲み [全文を読む]

'18年大河は「西郷どん」中園ミホが脚本

Smartザテレビジョン / 2016年09月08日18時35分

林真理子が「本の旅人」(KADOKAWA)に連載する小説「西郷(せご)どん!」を原作に、明治維新の立役者・西郷隆盛の生涯を描く。 貧しい下級武士の家に生まれながら、困った人を見ると放っておけない男は、薩摩藩主・島津斉彬に認められ、薩摩のキーパーソンへと成長。やがて、勝海舟や坂本竜馬といった盟友と出会い、“革命家”として覚醒していく。 林は「以前、最後の将 [全文を読む]

忠臣蔵、白虎隊、五稜郭!懐かしの年末番組『年末時代劇スペシャル』を振り返る!

日本タレント名鑑 / 2016年01月16日09時55分

西郷隆盛の生涯を描いた1987年『田原坂』、土方歳三と共に五稜郭で戦った榎本武揚の生き方を描いた1988年『五稜郭』。どちらもやはり年末は幕末です。『五稜郭』では盟友の土方歳三役に渡哲也さんなど、重厚なキャスティングも見ものでした。 1989年の『奇兵隊』は、幕末の動乱の中、信念を持ち病と闘い、日本の成長のためにも闘った高杉晋作を松平健さんが演じました。 [全文を読む]

遺体確認の決め手は肥大化した陰嚢!? 糖尿病にも苦しんだ西郷隆盛の最期

ヘルスプレス / 2015年09月24日21時02分

「西郷(せご)どん」こと西郷隆盛と坂本龍馬だ。 今回は、西郷隆盛の傑物ぶり、その生と死の真実に肉薄してみよう。ケンカの重傷で武芸の道を断念!ひたすら勉学した少年時代 大久保利通、木戸孝允と並ぶ「維新の三傑」と評価される西郷だが、幕末から明治を跨ぐ天地動乱の荒波をもろに冠った51年の生涯だった。 1828(文政10)年、西郷吉之助隆盛は、鹿児島市加治屋町に下 [全文を読む]

勝海舟は妾5人! 秀吉は側室20人!! 伊藤博文には13歳の愛人!? 時代で変わる“性の規範“

ヘルスプレス / 2015年06月26日19時54分

1868年には官軍の攻撃前に西郷隆盛と会談して江戸城を開城し、江戸を戦火から救った。時代が明治に移ってからも、政府に請われて海軍卿などを務めた。 その勝海舟が大変な漁色家だったとは意外な気もする。30代の頃、長崎海軍伝習所で学んでいたときに愛人ができたのを皮切りに、お糸、おかね、お久、お米、おふさ、おなか......と妾を持ち続け、少なくとも5人の妾に計9 [全文を読む]

映画「幕末高校生」公開記念 幕末高校生×夢庵 特別コラボメニュー「幕末盛り」をご提供

PR TIMES / 2014年07月09日14時28分

今回のコラボレーションは映画劇中で、玉木宏演じる勝海舟と佐藤浩市演じる西郷隆盛が、蕎麦屋で心意気を確認するシーンが印象的に描かれていることから実現いたしました。夢庵不動の人気アイテムである天ぷらと、「せいろそば」、または「せいろうどん」を4玉までお好きな組み合わせでお好きな量をお選びいただくことが可能で、大変ボリュームのあるお得なセットになっております。 [全文を読む]

【書評】手紙や証言を吟味、着実な手続きで龍馬の志に推参

NEWSポストセブン / 2017年02月17日07時00分

吉田松陰や西郷隆盛といった幕末の「志士」、勝海舟や横井小楠といった「開明派」からの影響を確認しながら、龍馬の行動力と構想力が明らかにされる。 龍馬の手紙や同時代の証言など、重要史料を巧みな現代語訳で紹介し、証拠をひとつひとつ吟味していく(巻末には五十八にも及ぶ重要史料の原文も掲載し、本格的である)。着実な手続きで、龍馬の「志」に推参しようとする。 坂本家は [全文を読む]

鈴木亮平が'18年大河主演 西郷役で裸身も!?

Smartザテレビジョン / 2016年11月02日11時40分

同作は、林真理子が「本の旅人」(KADOKAWA)に連載している小説「西郷(せご)どん!」を原作に、明治維新の立役者・西郷隆盛の生涯を勇気と実行力で時代を切り開いた「愛に溢れたリーダー」として描く。 貧しい下級武士の家に生まれながら、困った人を見ると放っておけない男は、薩摩藩主・島津斉彬に認められ、薩摩のキーパーソンへと成長。やがて、勝海舟や坂本竜馬とい [全文を読む]

福沢諭吉の知られざる姿

Japan In-depth / 2016年08月16日18時00分

「日本の近代史や思想史を研究する人々にとっては、左翼リベラリズムの汪溢した戦後日本において、自分の思想の淵源を福沢という権威に求めたいという願望――意識化されたものであるかどうかは別にして――があり、そういう願望が偏りをもった福沢像を生み出した要因なのだろう」そのうえで渡辺氏は福沢諭吉があくまで日本の伝統的な価値観をも尊重していた証拠として西郷隆盛の明治政 [全文を読む]

史上最強の“飛脚”が、坂本龍馬と幕末を駆け抜ける!【30代男性におすすめ】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月15日11時00分

年代でいうと坂本龍馬の江戸遊学から江戸無血開城であり、龍馬のほか勝海舟や西郷隆盛といった実在の人物が多数登場する。筋立ても龍馬の活躍を中心に描いた幕末の動乱というものだが、時代小説として新しいのは、主人公の熊八が飛脚という点だ。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 幼少期に江戸の大火に巻き込まれた熊八は、白狐の姿をした神様に命を救われ、代わりに江戸を [全文を読む]

風雲児たちガイドブック「解体新書」刊行のお知らせ

@Press / 2015年01月29日15時45分

登場人物は、徳川家康・徳川秀忠・保科正之・杉田玄白・前野良沢・平賀源内・小田野直武・高山彦九郎・林子平・田沼意次・松平定信・大黒屋光太夫・最上徳内・伊能忠敬・間宮林蔵・シーボルト・高野長英・渡辺崋山・大塩平八郎・江川太郎左衛門・阿部正弘・ジョン万次郎・佐久間象山・吉田松陰・ペリー・プチャーチン・勝海舟・坂本竜馬・西郷隆盛・大村益次郎。いずれも劣らぬ歴史的 [全文を読む]

木村拓哉、夫婦で激怒…

NewsCafe / 2014年08月05日18時00分

経営の神様・松下電器(現パナソニック)創業者の松下幸之助(享年94)に始まり、勝海舟(享年76)や西郷隆盛(享年49)など歴史的偉人まで…霊界にいる彼らの言葉をまとめた「霊言本」を出版している幸福の科学総裁・大川隆法氏(58)が、SMAP・木村拓哉(41)の霊言本「俺が時代を創る理由」を発売した。 これについて、「キムタクは非常に怒っている」と言うのは芸能 [全文を読む]

今度は巨乳に縄を食い込ませる!? “エロキャラ”が定着しつつある石原さとみ

メンズサイゾー / 2014年04月04日10時00分

ダブル主演の玉木宏が勝海舟を演じ、佐藤浩市が演じる西郷隆盛との和平交渉を成立させるべく奔走する内容となっている。 現在発売中の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)では、同作の“緊縛シーン”が見どころだと伝えている。江戸の町に登場した石原は、現代人の格好をしていたため怪しまれて役人に捕縛されてしまう。「助けてください」と泣き叫ぶものの、後ろ手に縛られ胸元にガッ [全文を読む]

フォーカス