なん 西郷隆盛に関するニュース

坂本・西郷・土方と一夜をともにするなら!?抱かれてもいい偉人ランキング

しらべぇ / 2015年10月02日06時00分

なんでだろう...」ヤスエ「やっぱり、犬連れてる印象が強すぎんじゃない?」マユミ「どゆこと?」ヤスエ「着物で犬連れてるとさ、なんか家庭的な安心感出ちゃうじゃない? 日曜日のお父さんみたいな」ナギサ「たしかに」ヤスエ「家庭的な雰囲気出されちゃうと、エッチなこと考えられなくない?」マユミ「そうかも! 私より家族を大事にして...ってなっちゃう」ナギサ「え!? [全文を読む]

【書評】検閲を逃れる為の言葉にみる並々ならぬ時代センス

NEWSポストセブン / 2016年11月11日16時00分

おなじみの「みやさんみやさん、御馬の前でチラチラするのはなんヂヤイナ」。日本近代化の始まりに歌われた「宮さん」(一八六八年)の囃し言葉はトコ・トン・ヤレ・トンヤレナと思いこんでいたが、それはまちがい。 正しくは「トコトン、ヤレ、トンヤレナ」。徹底してやれ、やっつけろ。「にしきの御旗」を手にした連中の勇み立ちぶりが見てとれる。作者は長州人品川弥二郎。「なん[全文を読む]

悪魔も思わず最敬礼。戦時の雰囲気を今に残す「軍国酒場」で何を想う?

まぐまぐニュース! / 2016年04月30日02時00分

「ガッハッハッハッハッハ!! ココが鹿児島市か! なんだか都会だな。ガッハッハッハッハッハ!!」 そこはニンゲンの群れでごった返す大きな街だった。ママチャリの行く手を阻む人ごみに、我輩は思わず苛立ってしまう。 「ちっ! なかなか進めぬ。邪魔だ!! これでは征服できぬではないか!!」 心の中でそう叫びながら、我輩は「ちょっと通りまーす。すみませーん」と、鹿 [全文を読む]

西郷隆盛はぽっちゃり好き!? 幕末志士たちの性癖、あだ名、趣味…

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月23日11時30分

だが、そんな彼の死因が虫歯の悪化で敗血症をこじらせ、病死したからなんて驚き。他にも、風呂上がりにブランデーを一気飲みして脳溢血を起こした勝海舟や、糖尿病にかかっても酒を飲み続け、尿毒症になって死んだ明治天皇など、酒や自分の体調管理ができなくて病死した人も多かったようだ。 さらに、意外なエピソードを知れるのもこの本の醍醐味。あの坂本龍馬を育てた姉が、坂本乙女 [全文を読む]

鈴木亮平は「イチゴ柄」芸能人の“勝負下着”とは!?

日刊大衆 / 2017年05月07日16時05分

なんでも妻夫木の勝負下着は、お尻の部分にサメのジョーズが描かれているもので、これには「上手に何でもできるように」というダジャレの意味が込められているそうだ。さらに「あまりにはきすぎて穴が空いたので、つい先日、自分で縫いました」なんてエピソードまで披露。破れてもはき続けるとは、妻夫木の勝負下着愛は相当なものといえるだろう。 勝負下着というとデートで着用するも [全文を読む]

話題沸騰「性の喜びおじさん」とは一体何者? ネット人気有名人が、TV出演でブレイク

もぐもぐニュース / 2017年02月01日13時16分

一体この言葉、というか人物はなんなのか? 「おじさん」は実在の人物で、インターネット上に投稿された動画により注目を集めた男性。それがバラエティ番組「BAZOOKA!!!」(BSスカパー!)に出演したことで、ネット民たちが騒然としているのだ。 黒いTシャツにクロスのアクセサリー、西郷隆盛風の中年イケメン男性で、渋谷や京王井の頭線などで頻繁に目撃され、「性の喜 [全文を読む]

「金正恩とISが手を組んだ」? 今、情報筋から流れる“すごく怖い情報”とは…

週プレNEWS / 2016年06月16日06時00分

でも実際、一番儲けているのは土木技術なんです。どんな土木かというと、地下を掘って、トンネル張り巡らして地下都市を造る技術です。 今までの実績でいうと、リビアでカダフィ大佐のために地下都市を造っているし、イスラエルが空爆したシリアの核基地も地下に造っていた。地下に都市や基地を造れば、人工衛星に映らない。アメリカがドローン攻撃しても、地下に標的がいれば狙えない [全文を読む]

信長・秀吉・家康と一夜をともにするなら!?抱かれてもいい偉人ランキング

しらべぇ / 2015年09月12日06時00分

大返し」ヤスエ「つーか、2人とも歴史好きすぎだから!」■抱かれてもいい偉人ランキング戦国編 第2位 德川家康 4.8%マユミ「あ〜、秀吉と僅差!」ナギサ「家康ってセックスの時、全然動かなそうじゃない? なんか、デーンって寝てるだけとか」マユミ「分かる! ホトトギスも鳴くまで待つからね! 受け身!」ヤスエ「え〜、私、好きだけどな、家康」マユミ「マジ? 鳴くま [全文を読む]

フォーカス