旦那 千秋に関するニュース

千秋の衝撃発言「離婚は浮気よりも健全」から読み解く、人妻とシングルマザーの恋の実態

ハピズム / 2013年07月29日09時00分

しかし今、旦那への愛は冷めているのに、離婚できず不倫に陥る人妻たちが増えている。「いけないとはわかっているんですが……」「夫はもう生理的にだめ」「女を忘れたくなくて、つい不倫に……」そんな会話が、ママ友同士の間で、は密かに交わされているらしい。 そんな妻たちのリアルな声をひっさげて千秋がゲスト出演した7月23日の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系) [全文を読む]

フット後藤、“妻への対処法”で好感度急上昇!?

日刊大衆 / 2017年06月06日16時05分

「後藤のリアクションに、ネット上では“こんなんされたら許すわ”“うちの旦那にもこの番組を見てもらいたかった”などといった称賛のコメントが、既婚女性から相次いで寄せられていました。後藤が2013年に結婚した奥さんとは、いい夫婦関係のようなんですが、もしかするとこうしたスキンシップを欠かさないからなのかもしれませんね」(芸能誌記者)――かなり好感度が上がった [全文を読む]

千秋「妻の3割は不倫してる」「相思相愛の夫婦は1割しかいない」ママ友を貶め続けるのはなぜ?

messy / 2016年03月28日22時00分

3割は浮気していないけど旦那は好きじゃない。本当にラブラブな人は1割しかいない」とのこと。さらに「ママ友同士でそういう話をしても、全員が旦那さんにはバレていない。旦那さんが浮気した話は全部こっちに入ってくる」と、妻の浮気は夫にバレないが、夫の浮気は妻のみならずママ友にまで筒抜けだと明かした。その後、あまりにも赤裸々に話し過ぎたと思ったのか、「これは私のママ [全文を読む]

ママ友の不貞を暴露ツイートした千秋に「嫌味?」「えげつない」と批判殺到

アサジョ / 2016年08月18日17時59分

今度は8月16日のツイッターで知人女性の不貞事情について「昔、旦那に不貞されてその相手と結婚したいから離婚してくれと泣きながら懇願されて、両親巻き込んで大騒ぎされて、泣きたくなるのはこっちと思いながら子どものために絶対離婚しなかった専業主婦の知り合いの今の楽しみは旦那じゃない好きな人との週一のデートというんだからひとの人生はわからん」と書いた。 これに対 [全文を読む]

千秋、ママ友浮気を暴露のワケ

NewsCafe / 2016年09月01日12時05分

友人は『昔、旦那に浮気され、その浮気相手と結婚したいから離婚してくれと泣きながら夫に懇願された主婦』と書かれていて、しかもそのママ友は離婚しないまま週1で好きな男とつき合っていることまで暴露したんです」 えっ、そんなにヒントがあれば、周りの人は絶対にわかるでしょう? 「おそらく千秋はこのママ友との縁を切ってもいいと考え、告発しているとしか思えません。千秋は [全文を読む]

ママタレを飛び越え、姑の域へ!? タレント千秋がテレビに起用され続けるワケ

日刊サイゾー / 2015年08月14日22時00分

旦那様がうんぬん」とテンション低め。普段なら真っ先に自分が言うことを千秋に言われ、完璧に姑ポジションを奪われた形だ。そのほかのコーナーでもダメポジが安田で、バッサリ切るのが千秋。節子、存在感なし。 別のテレビ番組でも、千秋は独特な「正しいかもしれないけど怖い」持論を繰り広げ、もはやママの域から脱し、小言多めの姑の域に入っている。普通“ママ”時代から“姑”時 [全文を読む]

嫁は「もらっていただいた」「借り腹」と主張する、和泉節子級の姑はザラにいる?

messy / 2014年07月26日12時00分

旦那の方(実家への帰省)が先じゃないと絶対ダメなんですか?」と坂上忍が尋ねると「絶対ダメ。(嫁に)もらっていただいたんだから」と発言。ここから和泉の姑論が展開される。 “もらっていただいた”という言い方に対し「モノじゃないんだから!」と反論する坂上に「モノではないけれども、嫁は籍を抜いてまで相手の旦那の家族に迎え入れられるもの」と語り、「めんどくせぇな~ [全文を読む]

「僕は考え方が江戸時代」炎上中・栗田貫一の“毒舌タレントデビュー”が好感触、坂上忍に続くか

日刊サイゾー / 2015年03月13日17時00分

さらに、バレンタインデーにチョコをあげた子どもの母親から、「ホワイトデーのお返しがなくて、うちの子が泣いてる」と怒りの電話がかかってきたという視聴者のお悩みが紹介されると、栗田は「旦那に電話させて、男同士でしゃべるね。『お前は女房に、なんて教育してるんだ!』って」と発言し、千秋から「大ごとになる!」と反論されていた。 このほかにも、「僕は、考え方が江戸時代 [全文を読む]

江角マキコ 落書き騒動で真っ先に謝った夫と「今も週4回」発言

NEWSポストセブン / 2014年12月13日07時00分

“落書き事件”の発覚後、長嶋宅にまっ先に謝りに行ったのも旦那さんですし、江角さんは彼の支えがあったからこそ、今でも芸能生活が続けられるという感謝の気持ちが大きいんですよね。そんな旦那さんへの愛が溢れて、ああいう発言をしちゃったのかもしれません」(江角の知人) ※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号 [全文を読む]

あなたを本当に幸せにしてくれる男性のパターン

恋学 / 2014年11月06日06時59分

あなたの周りに、もしそんな人がいたら、これからは未来の旦那様候補としてしっかり大事にしていきましょう。まるで、ドラマ「最後から二番目の恋」の和平と千秋の様な二人ですね。 あなたが描く理想の結婚生活を全て守ってくれる男性結婚に一歩近づく為には、結婚の具体的なイメージを持つ事が大事だとよく言われます。そして「結婚に夢を持つ」ことも大事な要素だと筆者は考えます [全文を読む]

フォーカス