石川さゆり 津軽海峡冬景色に関するニュース

紅白34回出場の石川さゆりが、渋谷スペイン坂スタジオに初出場!~生きていることは変化!歌に飽きたら明日にでも歌手をやめる~

PR TIMES / 2012年08月30日17時10分

TOKYO FMの番組 『シンクロのシティ』(月-木16:00~18:45)では、8月29日(水)のゲストとして、今年で歌手活動40周年、9月19日にデビュー40周年記念アルバム第2弾『X-Cross-』をリリースする、石川さゆりを迎えました。紅白歌合戦には34回も出場している石川さゆりですが、渋谷スペイン坂スタジオには今回が初出場。スタジオの椅子に座った [全文を読む]

演歌女子ルピナス組、名曲「津軽海峡冬景色」のテクノバージョンをYoutube上に公開

DreamNews / 2015年03月02日09時00分

この度、初めての名曲、石川さゆりの「津軽海峡冬景色」をカバーし、ミュージックビデオ(MV)を作成、YouTubeで公開しました。今回のMVは2.5次元設定となっており、彼女たちの分身イラストが7インチの画面を自由自在に動き回るというもの。楽曲、映像共に演歌の概念を打ち破った、まさに「enka」ワールドを実現しています。 次回はどのような「演歌女子ルピナス組 [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(5)角盈男「巣鴨で会いましょう」をデュエットで

アサ芸プラス / 2013年01月18日10時00分

ただし、石川さゆりさんの『津軽海峡冬景色』のような難易度の高い歌は、歌唱力に自信がないかぎり歌わないほうが無難です。中途半端に歌うと周囲の人がいじることすらできず、場の雰囲気が最悪になるだけです(笑)」 練習を積んだら、林がリクエストやデュエットにも応じてくれるこのサロンで、一度腕試しをしてみてはいかがだろうか。 かつて、プロレス界屈指の美声の持ち主と言わ [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(4)坂本冬美が「また恋」&「夜桜お七」歌唱指導

アサ芸プラス / 2013年01月17日10時00分

自分の曲以外では石川さゆりさんの『津軽海峡冬景色』が好きですね。私は石川さんに憧れてこの世界に入ったので。そして、二葉百合子先生の『岸壁の母~歌謡浪曲~』。これはぜひ若い人にも聴いていただきたいです」 そんな坂本は、新たな企画で今年のシングルの第1弾を飾る。 「ちびまるこちゃんの作者のさくらももこさん作詞、『島唄』で人気の宮沢和史さん作曲の『花はただ咲く』 [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(1)石川さゆりの絶唱「感動で身震いがした」

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

* 数ある演歌の名曲の中で栄えある第1位に選ばれたのが、石川さゆり(54)の歌う「天城越え」だ。 「海外赴任している時、初めて聴いて感動で身震いした」(茨城県・72歳) この言葉どおり、86年に発売されるやカラオケブームとも相まって若い女性の間でも爆発的な大ヒットとなり、この年のレコード大賞を受賞した。 参議院議員で、演歌に造詣の深いジャーナリストの有田 [全文を読む]

巨人・陽岱鋼 演歌に乗ってマルチ 登場曲変更で気分転換

スポニチアネックス / 2017年09月11日07時01分

前日は美空ひばりの「愛燦々」で、この日は石川さゆりの「津軽海峡冬景色」。「演歌いいよね。(曲の)効果があった」と笑顔だった。 ▼巨人・村田(7回の右前適時打など2安打。9日に球団最多となったFA移籍後安打数を748に伸ばす)一打席一打席集中したい。これから上のチームと差を詰めていかないといけない。 [全文を読む]

数字をもってることでは別格の「花の中3トリオ」

NEWSポストセブン / 2017年02月11日07時00分

森昌子と山口百恵はホリプロ所属で、同事務所は石川さゆりを入れてトリオで売り出す算段だったが、『津軽海峡冬景色』以前、ヒット曲に恵まれなかった石川に代わり、サンミュージックに所属した桜田淳子が「花の中3トリオ」となった。 同時期、「新御三家」と呼ばれた郷ひろみ、野口五郎、西城秀樹と「花の中3トリオ」は、『明星』や『平凡』の表紙を飾ったり、歌番組やドラマで共 [全文を読む]

森山良子×関ジャニ∞のセッションに斎藤工がうっとり

Smartザテレビジョン / 2016年04月24日15時00分

また、自身の大ヒット曲「この広い野原いっぱい」や「さとうきび畑」、石川さゆりの「津軽海峡冬景色」、矢野顕子とのユニット・やもりの名義で発表した「風のブランコ」を生歌で披露しながら、自らの音楽人生も振り返っていく。 関ジャニ∞とのジャムセッションの楽曲は「涙そうそう」。アコースティックギターを奏でながら、透明感に満ちた歌声を披露する森山を囲むように、横山裕 [全文を読む]

フォーカス