連続ドラマ 下町ロケットに関するニュース

「連続ドラマW 沈まぬ太陽」ギャラクシー賞2016年9月度月間賞を受賞

PR TIMES / 2016年10月20日11時15分

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)が制作した「連続ドラマW 沈まぬ太陽」が、ギャラクシー賞2016年9月度月間賞に選出されました。 「沈まぬ太陽」は、山崎豊子の同名小説を初めてテレビドラマ化した作品で、未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫いて巨大組織に生きる者たちを描いたドラマです。本作は、201 [全文を読む]

第30回ATP賞テレビグランプリ2013で「連続ドラマW レディ・ジョーカー」が優秀賞を受賞 「ノンフィクションW 映画で国境を越える日」は奨励賞を受賞

PR TIMES / 2013年12月04日17時31分

WOWOWのオリジナル番組が第30回ATP賞テレビグランプリ2013において高い評価を受け、2013年3月に放送した「連続ドラマW レディ・ジョーカー」(制作:株式会社東阪企画)がドラマ部門で優秀賞を、同年1月に放送した「ノンフィクションW 映画で国境を越える日~映像作家・ヤン ヨンヒという生き方~」(制作:放送映画製作所)がドキュメンタリー部門で奨励賞を [全文を読む]

【WOWOW】大泉洋・松雪泰子共演!井上由美子が脚本を手掛ける、連続ドラマW「地の塩」放送決定

PR TIMES / 2013年12月02日15時23分

歴史的な大発見、そして凶悪な未解決殺人事件を絡めた新感覚ヒューマンミステ リー、連続ドラマW「地の塩」がWOWOWで2014年2月16日から全4話で放送決定 連続ドラマW「パンドラ」シリーズをはじめ、数々のヒット作を手がけてきた脚本家・井上由美子による、全4話のオリジナルストーリー。ドラマには珍しい考古学を材にとり、捏造問題、未解決事件などが複雑に絡み合う [全文を読む]

WOWOWで放送予定の連続ドラマW「震える牛」 6月放送予定!

PR TIMES / 2013年02月28日09時31分

食品問題を追及した話題作、6月(予定)に連続ドラマWに登場! 食品偽装、狂牛病、大企業の隠蔽をテーマに圧倒的なリアリティで迫る衝撃の社会派サスペンス。 あなたが食べているその食品は、本当に安全なのか――。 食品問題に着眼し、そのタブーに見事に切り込んだ相場英雄の原作「震える牛」が連続ドラマWに登場する。事件を追う刑事と記者、隠蔽しようとする組織との攻防をス [全文を読む]

下町ロケットの続編決定!?「半沢直樹の二の舞に…」関係者が懸念

デイリーニュースオンライン / 2015年12月22日16時00分

阿部寛(51)主演の連続ドラマ『下町ロケット』(TBS系)最終回が、今年放送された連ドラでは最高値となる22.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、有終の美を飾った。そして番組打ち上げでは、早くも番組プロデューサーが続編の制作を示唆するコメントを出すというお祭りムード。だが、過去にTBSは同様のパターンから“大失態”を犯していたという。 半 [全文を読む]

下町ロケット最終回視聴率どこまで伸びる? 他局編成に注目

NEWSポストセブン / 2015年12月19日16時00分

ここまで全話平均18.02%と好調で、8話の視聴率は今年の民放連続ドラマで最高となった。この高視聴率の背景には、ドラマ自体の魅力はもちろんのこと、番組編成や他局の動きも影響を与えているという指摘がある。視聴率事情に詳しい芸能記者が指摘する。「5話は『世界野球プレミア12』が延長されたため、オンエア開始は22時35分からとなりました。視聴率が心配されたものの [全文を読む]

SMAP・香取慎吾、演技は大コケ続き!? 『ギャラクシー街道』酷評もドラマ決定の重圧

サイゾーウーマン / 2015年11月14日09時00分

SMAP・香取慎吾が、来年1月からスタートする連続ドラマ『家族ノカタチ(仮)』(TBS系)で主演を務めることが明らかになった。後輩の山下智久と共演した『MONSTERS』以来、3年ぶりのTBSドラマ主演となるが、近年は主演作が“大コケ”続きの香取だけに、早くもネット上では「視聴率は1ケタコースだろう」と、予想されている。 今作は日曜午後9時の放送で、香取は [全文を読む]

冬ドラマは軒並み低調な出足……初回15%超えはテレ朝『スペシャリスト』だけ 日テレはオール2ケタ、TBSは全滅

日刊サイゾー / 2016年01月24日11時00分

☆2016年1月期民放プライム帯連続ドラマ初回視聴率ランキング(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)1位 『スペシャリスト』(テレビ朝日系/木曜午後9時~)17.1%2位 『怪盗 山猫』(日本テレビ系/土曜午後9時~)14.3%3位 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系/月曜午後9時~)11.6%4位 『ヒガンバナ~警視庁捜 [全文を読む]

「画面から伝わる熱量が圧倒的」下町ロケットが作品賞ほか5冠達成!

Smartザテレビジョン / 2016年01月08日12時00分

最終回の平均視聴率22.3%を記録し、民放の連続ドラマで最高視聴率を叩き出した「下町ロケット」(TBS系)が、作品賞のほか、主演男優賞、助演男優賞、脚本賞、監督賞の5冠を達成。ほか、主演女優賞には「5→9~私に恋したお坊さん~」(フジ系)の石原さとみ、助演女優賞には「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」(フジ系)の菜々緒が選出され、ドラマソング賞には「5→9 [全文を読む]

『下町ロケット』『遺産争族』に高視聴率の期待感 好調な出足の秋ドラマ初回総まとめ

日刊サイゾー / 2015年10月28日11時00分

☆2015年10月期民放プライム帯連続ドラマ初回視聴率ランキング(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)1位 『相棒season14』(テレビ朝日系/水谷豊主演/水曜午後9時~)18.4%2位 『下町ロケット』(TBS系/阿部寛主演/日曜午後9時~)16.1%3位 『偽装の夫婦』(日本テレビ系/天海祐希主演/水曜午後10時~)14.7%4位 『遺産争 [全文を読む]

芳根京子、三ツ矢サイダーCM中止にファンの心境は複雑? “土屋太鳳コース”歩みブレークに期待の声

おたぽる / 2017年04月22日12時00分

今月16日から放送開始された連続ドラマ『小さな巨人』(TBS系)では婦警姿を披露して、ファンの目を釘づけにしている。 「同ドラマは、“警察版・半沢直樹”とも称される男臭いドラマなのですが、人事課職員として制服に身を包んだ姿で登場した芳根に対して視聴者からは、『このドラマのオアシス的存在』『香川照之の濃い演技を中和してくれる』などと称賛の声が寄せられています [全文を読む]

トーハン 店頭活性化プロジェクト 雑誌『ダ・ヴィンチ』×「WOWOW」連動フェア&キャンペーン スタート ~第1弾「連続ドラマW 沈まぬ太陽」放送記念「山崎豊子」フェアを開催~

DreamNews / 2016年04月25日16時00分

企画第1弾は「連続ドラマW 沈まぬ太陽」放送記念「山崎豊子」フェアを実施。ドラマの原作となる『沈まぬ太陽』(新潮文庫)は、未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫き巨大組織に生きる人々を描いた、作家・山崎豊子氏の代表作です。本ドラマは、WOWOW開局25周年記念作品で、上川隆也、渡部篤郎など豪華キャストが出演します。またアフリカや中東ロケなどドラマ [全文を読む]

今期ドラマ暫定1位の視聴率を獲得!『99.9‐刑事専門弁護士‐』の松本潤が「かわいすぎる」

messy / 2016年04月18日22時05分

結果、初回の平均視聴率は15.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)となり、今期の連続ドラマの中で暫定1位の数字を記録した。ちなみに24日放送の第二話では、松本と同じジャニーズ事務所の風間俊介がゲスト出演し、松本との初共演を果たすという。 多くの連続ドラマは二話以降、視聴率が低下していく傾向にあるが、評判を呼び最終回に向けてひたすらに上昇していくケースが稀 [全文を読む]

菅田将暉「民王」SPから連ドラには登場したあの大物俳優が消えた!

アサ芸プラス / 2016年03月28日17時59分

同作品は、昨年の夏に放送されていた連続ドラマの続編となる。「『民王』は、『半沢直樹』『下町ロケット』(共にTBS系)など次々とヒットを飛ばす小説家・池井戸潤の原作を『SPEC』などの西荻弓絵が脚本を務め、ドラマ化されました。そして放送後は、ドラマアワードやギャラクシー賞を総ナメし、視聴者からも高評価を得たことで、続編となるSPが決定したようです」(テレビ誌 [全文を読む]

小泉孝太郎に密着 「役者15年目の開眼」生んだ意識変革語る

NEWSポストセブン / 2016年01月25日11時00分

『警視庁ゼロ係』は連続ドラマ4本目の主演作となる。 順風満帆に見える小泉だが、「役者になったばかりの頃は自信なんてまったくなかった」という。「20代の頃は、『主演なんてオレ、一生できない』と思ってましたもん。最初の頃はたったワンシーンの数行の台詞がうまくいえずに、落ち込んでばかりでした。だけど、中学、高校と野球部だったからなのか、生まれも育ちも違う人たちが [全文を読む]

「下町ロケット」が作品賞ほか5冠達成!第87回「ザテレビジョンドラマアカデミー賞」発表

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月11日15時00分

テレビ情報誌『週刊ザテレビジョン』とWebサイト「Smartザテレビジョン」では、2015年10~12月にかけて放送されたドラマを対象に、部門別に地上波連続ドラマのNO.1を決定する第87回「ザテレビジョンドラマアカデミー賞」全8部門を発表した。さっそく各部門に輝いたドラマを見ていこう!<作品賞> 「下町ロケット」(TBS系)「日本人男性がドラマに求めるも [全文を読む]

二股疑惑の沈静化まで辛抱強く待っていた? 安倍なつみ・山崎育三郎の『嵐が丘』婚

messy / 2015年12月22日20時00分

いまなら、今年の民放連続ドラマで最高となる平均視聴率22・3%(関東地区)を記録した大ヒットドラマ『下町ロケット』(TBS系)に真野賢作役で出演していたあの彼、特に後半の<ガウディ計画編>で大活躍していたあの彼、と言えば「あーーあの目鼻立ちのはっきりした……」とわかる人も多いのではないだろうか。真野役はドラマのキーマンとも言える重要な役柄であり、山崎は『下 [全文を読む]

最終回目前!“ガウディチーム”堀井新太が明かす「下町ロケット」現場ウラ

Smartザテレビジョン / 2015年12月20日09時00分

初回16.1%の平均視聴率でスタートし、12月6日放送の第8話では20.4%という、ことしの民放連続ドラマで最高の視聴率を叩き出したドラマ「下町ロケット」(TBS系)が、いよいよ12月20日(日)に最終回を迎える。同作の第6話の「ガウディ編」から、心臓人工弁開発チームの一員・鈴木健児役で出演する注目の若手俳優、堀井新太にドラマ「下町ロケット」に対する気持ち [全文を読む]

2015年に初めて知った、注目IPランキング。~エンタメ消費者動向の定期サービス『eb-i Xpress』発表~

PR TIMES / 2015年12月18日11時08分

池井戸潤原作の直木賞受賞作で、現在同名タイトルの連続ドラマが放送中となっています。原作・ドラマともに評判が高いこともあり、全世代で注目度が3位以内にランクイン。広く認知されているIPであることがうかがえます。注目度第2位は、アニメ「おそ松さん」です。深夜のテレビ放送ほか、各動画配信サイトでも配信が行われています。赤塚不二夫原作「おそ松くん」のテイストを残し [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安田顕、“佃製作所”技術開発部オフショットに「良い写真だなあ」

TechinsightJapan / 2015年12月14日12時16分

現在放送中の民放連続ドラマで、一際高い視聴率を記録し注目を集めているTBSの日曜劇場『下町ロケット』。父親の経営する下町の工場を継いだ元宇宙開発研究者の主人公が、理不尽な経営難に陥りながらも高い技術力で成功を収めていく様子を描いた同ドラマは、社員一同の強い絆が印象的だ。俳優・安田顕がInstagramに製作所社員との集合写真を投稿し、3か月という短い撮影期 [全文を読む]

フォーカス