小説 下町ロケットに関するニュース

朝日新聞、TBS、小学館の3社が異例のコラボ

PR TIMES / 2015年10月02日14時59分

池井戸潤さんの話小説の神様が存在するとしたら、今回は少し背中を押してもらった気がします。別の小説のため、たまたま取材した方との会話から題材が生まれ、ドラマ、新聞連載、単行本の刊行という、当初バラバラだった三つの企画が途中から合流するという大きな幸運にも恵まれました。作者として願うのは、この作品がひとりでも多くの方に出会い、登場する佃たちの言葉に少しだけでも [全文を読む]

「ガウディ計画編」は再生を描いた──『下町ロケット』が掲げた“TBS品質”の矜持

日刊サイゾー / 2015年12月24日19時00分

ドラマ『下町ロケット』は、第1話から第5話までは池井戸潤の小説『下町ロケット』を、第6話から第10話までは同『下町ロケット2 ガウディ計画』を原作としている。全10話のドラマ作品で2冊の小説を原作としているというのも珍しいが、それゆえに毎回密度の濃い内容となった。原作のテーマを換骨奪胎し、絶妙の形で見せていくやり方には、この作品をテレビドラマとして視聴者 [全文を読む]

大企業の不正に立ち向かう中小企業のプライド 池井戸潤“企業物”初挑戦作品『空飛ぶタイヤ』で見せた「人間ドラマ」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月05日11時00分

いまや企業小説のヒットメーカーとして大人気の池井戸 潤だが、その転換点は『空飛ぶタイヤ』(実業之日本社)にある。『果つる底なき』(講談社)で江戸川乱歩賞を受賞して以来、銀行ミステリーを書き続けてきた著者が初めて企業物に挑戦したのが、この『空飛ぶタイヤ』なのだ。 物語は、赤松運送が所有するトレーラーが事故を起こした、という場面で始まる。走行中、タイヤがはずれ [全文を読む]

下町ロケットの続編決定!?「半沢直樹の二の舞に…」関係者が懸念

デイリーニュースオンライン / 2015年12月22日16時00分

半沢直樹は勇み足で続編が白紙に 『下町ロケット』は、いまやドラマには欠かせなくなったヒットメーカー・池井戸潤氏の同名小説が原作。年内だけでも『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)、『民王』(テレビ朝日系)と、テレビ各局から引っ張りだこの状態だが、池井戸氏のメディアミックスの代表作となったのは、やはり空前の大ヒットと [全文を読む]

今年のヒット作か!?根強い人気を誇るロングセラー作品か!?日本最大級の中古ネット書店ブックオフオンラインが独自集計した「2015年 ブックオフオンライン年間ランキング」を発表

@Press / 2015年12月02日15時00分

ブックオフオンラインでも、3月以降、「ミステリー小説」のランキングで1位に輝き続けた圧倒的な人気で、「今年ブックオフオンラインでもっとも売れた本」に輝きました。3位は百田尚樹『永遠の0』。この他、百田作品は『モンスター』『海賊とよばれた男』がランクインしています。この他、池井戸潤、伊坂幸太郎、東野圭吾、湊かなえ、宮部みゆきなどの大人気作家の作品が多数ランク [全文を読む]

【読書と恋愛傾向に関する調査】本を読む男性はレディーファーストでロマンチック

PR TIMES / 2015年03月05日16時09分

調査結果はこちら http://honto.jp/article/dokushodansi[画像: http://prtimes.jp/i/11577/43/resize/d11577-43-225464-0.jpg ]■調査トピック(1)最も読まれているジャンルは、「小説・文学」。ビジネス書よりも趣味の小説を読む人が多い。(2)好きな作家は、「東野圭吾」 [全文を読む]

「下町ロケット」で話題に! 大阪のものづくり現場

マイナビ進学U17 / 2016年05月02日12時03分

■「下町ロケット」で描かれた、ものづくり技術者の「夢」と「技術力の高さ」!「下町ロケット」は小説がベストセラーになり、テレビドラマも大ヒットしましたから、知っている人も多いと思います。佃製作所という中小企業の社長が、「自分で開発したロケットエンジンを搭載したロケットを飛ばしたい」という小さい時からの自分の夢と、中小企業が置かれたシビアな現実の中で悪戦苦闘し [全文を読む]

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』が3部門で1位を獲得! 「honto月間ランキング」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月10日17時30分

ハイブリッド型書店サービス「honto(ホント)」における「honto月間ランキング」(集計期間:2015年10月1日~10月31日)が11月6日(金)に発表となり、伊坂幸太郎の人気シリーズ最新作が「総合ランキング」ほか「ネットストアランキング」、「ジャンル別ランキング(小説・文学)」で1位を獲得する結果となった。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュース [全文を読む]

電子書籍サービス「BOOKSMART」~『半沢直樹』シリーズ最新作(第4弾)~『銀翼のイカロス』を配信開始!

DreamNews / 2014年08月01日15時00分

『銀翼のイカロス』は、『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞した池井戸潤の人気小説で、堺雅人主演でドラマ化されて 大ヒットした『半沢直樹』シリーズの最新作(第4弾)となります。逆境にさらされるバブル入行組の男たちの意地と挑戦が 鮮やかに描かれ、「やられたら倍返し!」の精神を持つ半沢の痛快な戦いっぷりが大人気となっています。最新作(第4弾)では、 国営航 [全文を読む]

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計書籍の最新動向を解説『2015年honto11月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2015年12月08日12時11分

■honto総合ランキング1位: 下町ロケット 2 ガウディ計画 /池井戸 潤 /小学館2位: 置かれた場所で咲きなさい /渡辺 和子 /幻冬舎3位: 新・人間革命 第27巻 /池田 大作 /聖教新聞社4位: 魔法科高校の劣等生 18 師族会議編 中 (電撃文庫) /佐島 勤 /KADOKAWA5位: 下町ロケット (小学館文庫) /池井戸 潤 /小学館6 [全文を読む]

『下町ロケット』は原作から何を足し、何を引いたか……スピード感を得た“21世紀の『水戸黄門』”像

日刊サイゾー / 2015年11月21日13時00分

『下町ロケット』に限らず、小説原作をテレビドラマにする際はある程度の脚色が必要となる。それではこの作品では、原作にどのような脚色が加えられているのか。そして、テレビドラマとしての『下町ロケット』は、その脚色においてどのような成功を収めているのか。第1話から第5話までの「ロケット篇」を振り返り、検証してみたい。<原作を削るのではなく、原作に足すという手法> [全文を読む]

「下町ロケット」は理系プロデューサーが作る“理系☓文系”のハイブリッドドラマ【前編】

Smartザテレビジョン / 2015年11月21日00時37分

この制作チームを率いるのは、2013年の大ヒット作「半沢直樹」、2014年の「ルーズヴェルト・ゲーム」(共にTBS系)に続き、池井戸潤の小説を三たびドラマ化したTBSの伊與田英徳プロデューサー(P)。「下町ロケット」も今年最大のヒット作となることはほぼ確実で、周囲の期待にみごと応えた伊與田Pに制作秘話を聞いた。「今回、数字が良い理由を聞かれても、正直、僕に [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2015年11月1日~2015年11月7日)

PR TIMES / 2015年11月10日09時46分

[画像: http://prtimes.jp/i/11577/108/resize/d11577-108-700332-1.jpg ]■hontoランキングhttp://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『置かれた場所で咲きなさい』渡辺 和子 幻冬舎(http://honto.jp/netstore/pd-book_03 [全文を読む]

限定商品など『下町ロケット』をさらに楽しむ5つの仕掛け

NEWSポストセブン / 2015年11月08日07時00分

池井戸潤さんによる小説『下町ロケット2 ガウディ計画』(11月5日発売)が、ドラマに先がけて朝日新聞で連載をスタートさせていた。10月3日付朝刊の広告特集で2ページにわたって展開されたのを皮切りに、その後は原則1ページ、毎週土曜と日曜付の紙面に掲載されているのだ。その分量は1回あたり原稿用紙7枚以上に相当。物語の一部とはいえ、読み応えは充分だ! 2つめの [全文を読む]

ドラマ「下町ロケット」の神谷弁護士にはモデルがいた!? 池井戸潤が恵俊彰とラジオで初対談

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月03日09時00分

同ラジオでは、小説の書き方や、11月5日(木)発売の『下町ロケット2 ガウディ計画』の話も。放映中のドラマ6話以降の原作となる『下町ロケット2 ガウディ計画』は、「ドラマもあるから、『下町ロケット2』は20日で書きましたよ(笑)」と短期間で書き上げたという裏話が。また、本を書くときはいつも挑戦という池井戸は、「普段どのように小説を書いているのか?」という [全文を読む]

『半沢直樹』も好調! 今読まれている池井戸潤本 ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月22日13時00分

小説を原作とし、バブル期入社の型破り銀行員の闘いを描いているが、生みの親である小説家・池井戸潤をご存知だろうか? 過去にも、『空飛ぶタイヤ』や『下町ロケット』が映像化され、直木賞の受賞経歴もある実力派の小説家なのだ。しかも著者自身、銀行員だったという経歴をもつ。 というワケで、企業小説のヒットメーカーでもある池井戸潤の売れ筋小説ベスト5を紹介しよう。(※ラ [全文を読む]

池井戸潤「“発掘”された小説『アキラとあきら』が、早速のドラマ化」

文春オンライン / 2017年07月07日07時00分

苦難に耐え、試練に打ち勝ち、大逆転へ至る――日々の仕事に追われる人々にとって、池井戸潤さんの小説がもたらすカタルシスは何物にも代えがたい。話題の新刊『アキラとあきら』(徳間文庫)もまた、池井戸エッセンスが詰まっている。主人公は同じ名前を持つ2人の青年。生まれも育ちも違う2人は同じ銀行の行員として相見(あいまみ)え……と期待が高まるストーリーだが、実は刊行ま [全文を読む]

池井戸潤が最新作「アキラとあきら」を語り尽くした!(1)物語は著者の半生にちなんだキーワードが関わる

アサ芸プラス / 2017年05月30日05時54分

すでに7月放送のドラマ化が決定したばかりか、池井戸氏としては珍しい青春小説を彷彿(ほうふつ)させるストーリーが注目を集めている。その傑作の舞台裏を著者が語り尽くした。 父の経営する町工場の倒産を見て育った息子、山崎瑛(あきら)。名門海運企業・東海郵船の創業家に生まれ、英才教育を受けて育った御曹司、階堂彬(あきら)。対照的な星の下に生まれた二人は、奇しくも同 [全文を読む]

「連続ドラマW 沈まぬ太陽」ギャラクシー賞2016年9月度月間賞を受賞

PR TIMES / 2016年10月20日11時15分

「沈まぬ太陽」は、山崎豊子の同名小説を初めてテレビドラマ化した作品で、未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫いて巨大組織に生きる者たちを描いたドラマです。本作は、2016年に開局25周年を迎えたWOWOWの25周年記念番組として、連続ドラマWでは過去最長となる全20話で構成し、アフリカ・中東での海外ロケなどかつてない規模での製作に挑みました。 主 [全文を読む]

ドラマ化不可能とされてきた山崎豊子の傑作小説『沈まぬ太陽』が上川隆也主演で遂にTVドラマ化!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月06日17時30分

長年テレビドラマ化不可能とされてきた、山崎豊子の傑作小説『沈まぬ太陽』が遂にテレビドラマ化されることが決定した。WOWOW開局25周年記念として、2016年5月8日(日)から「連続ドラマW沈まぬ太陽」が放送される。 【人気連載マンガ】アニマルサラリーマンたちの、シュールで、世知辛い、資本主義会社員デイズなショートコメディ♪ 原作『沈まぬ太陽』は、単行本・文 [全文を読む]

フォーカス