原作 下町ロケットに関するニュース

「下町ロケット」、技術者たちの視聴率は38.2%! 技術者として共感できる設定が人気の理由か

PR TIMES / 2015年12月08日12時11分

回答内容を分析していくつかの理由に分類してみたところ、一般層では「出演者の魅力」(19.4%)を視聴理由として挙げる人が多く、次いで「中小企業・町工場の奮闘ぶり」(9.0%)、「原作が好き」「困難・逆境を乗り越えていく展開」(8.2%)となった。・一方、エンジニアが「下町ロケット」を視聴する理由として多く挙げられたのは、「技術者として共感」(10.5%)で [全文を読む]

阿部寛インタビュー「プラス思考ばっかりだと良くない。むしろマイナスを学ぶべき」

Woman Insight / 2015年10月17日11時00分

TBS日曜劇場枠で、10月18日より、池井戸潤氏原作の“すべての働く人たちに向けた感動のエンターテイメント巨編”『下町ロケット』が放送スタート! 主演を務める阿部寛さんにインタビューを行ないました。阿部さんが考える、「下町の雑草魂」やドラマに対する思い。そして、俳優・阿部寛を前編・後編にてお届けします。 今回は、ドラマと阿部さん演じる佃航平について語ってい [全文を読む]

朝日新聞、TBS、小学館の3社が異例のコラボ

PR TIMES / 2015年10月02日14時59分

銀行を舞台にしたシリーズが原作のドラマ「半沢直樹」(堺雅人さん主演)がTBS系で2013年に放映され、最高視聴率42.2%を記録。半沢の決めぜりふ「倍返し」が流行語大賞になりました。ほかの作品には「空飛ぶタイヤ」「ルーズヴェルト・ゲーム」などがあります。池井戸潤さんの話小説の神様が存在するとしたら、今回は少し背中を押してもらった気がします。別の小説のため、 [全文を読む]

「ガウディ計画編」は再生を描いた──『下町ロケット』が掲げた“TBS品質”の矜持

日刊サイゾー / 2015年12月24日19時00分

ドラマ『下町ロケット』は、第1話から第5話までは池井戸潤の小説『下町ロケット』を、第6話から第10話までは同『下町ロケット2 ガウディ計画』を原作としている。全10話のドラマ作品で2冊の小説を原作としているというのも珍しいが、それゆえに毎回密度の濃い内容となった。原作のテーマを換骨奪胎し、絶妙の形で見せていくやり方には、この作品をテレビドラマとして視聴者 [全文を読む]

『下町ロケット』は原作から何を足し、何を引いたか……スピード感を得た“21世紀の『水戸黄門』”像

日刊サイゾー / 2015年11月21日13時00分

原作はご存じ、池井戸潤。『半沢直樹』(同)の大ヒットは記憶に新しいが、ここ最近の地上波だけでも『七つの会議』(NHK総合)、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)、『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)、『民王』(テレビ朝日系)と、ドラマ化が続く。現在の日本のテレビドラマ界は、池井戸なしでは成立し得ないのではないか、 [全文を読む]

『コウノドリ』『掟上今日子の備忘録』『サイレーン』……2015秋“コミック原作”ドラマの勝ち組は!?

おたぽる / 2015年10月30日11時00分

10月も終わろうという今日この頃、遅れて放送を開始した秋ドラマの視聴率もほぼ出揃ったようなので、コミックを原作とする各ドラマの視聴率とネット上の評判を、まるっと紹介してみる。 コミック原作に限らなければ、池井戸潤原作の『下町ロケット』(TBS系)が第1話16.1%、2話が17.8%(ビオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と絶好調。“新相棒”を迎えた『相棒 s [全文を読む]

<ギャラクシー賞受賞「赤めだか」>二宮和也と北野武らによる落語家青春グラフィティ

メディアゴン / 2016年02月27日07時30分

昭和後期の名人、故・立川談志の弟子の立川談春が、2005年から雑誌に連載したエッセイを2008年に単行本化した「赤めだか」が原作だ。17歳で立川談志に弟子入りし、真打になるまでの青春グラフィティである。このうち、ドラマでは二つ目(前座の上、真打の手前)にあがるまでが描かれている。弟子たちに理不尽な注文をくりかえす立川流家元・立川談志と、その師匠の注文にくら [全文を読む]

嵐・相葉雅紀の主演ドラマも低迷……そろそろ映像化作品がなくなりそうな池井戸潤の原作

日刊サイゾー / 2015年05月17日09時00分

同作は直木賞作家・池井戸潤氏原作のホームドラマ。平凡な一家がストーカー被害に巻き込まれるというサスペンスタッチのストーリーだが、初回視聴率は13.0%。地上波民放で放送された池井戸氏原作の連ドラの中でワーストスタートとなってしまったが、4日放送の第4話は10.0%と1ケタ陥落寸前だった。 「ドラマは相葉が演じる倉田健太が主役だが、原作の主役は寺尾聰が演じ [全文を読む]

阿部寛、「下町ロケット」でアノ人と共演!「今から興奮してる」

Woman Insight / 2015年10月18日11時00分

TBS日曜劇場枠にて、10月18日より池井戸潤氏原作の“すべての働く人たちに向けた感動のエンターテイメント巨編”『下町ロケット』が放送スタート! 主演を務める阿部寛さんにインタビューの後編です。前編では、阿部さんが考える、ドラマに対する思いや「下町の雑草魂」をお伝えしましたが、後編では阿部さんのロマンや阿部さんの人生の生き方など語っていただきました。 ★イ [全文を読む]

下町ロケットの続編決定!?「半沢直樹の二の舞に…」関係者が懸念

デイリーニュースオンライン / 2015年12月22日16時00分

半沢直樹は勇み足で続編が白紙に 『下町ロケット』は、いまやドラマには欠かせなくなったヒットメーカー・池井戸潤氏の同名小説が原作。年内だけでも『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)、『民王』(テレビ朝日系)と、テレビ各局から引っ張りだこの状態だが、池井戸氏のメディアミックスの代表作となったのは、やはり空前の大ヒットと [全文を読む]

池井戸潤作品の絶対的な“ブランド力”に、テレビ各局による争奪戦の過熱必至

messy / 2015年10月21日18時00分

池井戸氏の原作ドラマといえば、やはりなんといっても、13年7月期に放送された『半沢直樹』(堺雅人主演/TBS系)は忘れることができない作品だ。同ドラマ(全10話)は初回こそ、19.4%で大台に乗らなかったが、第2話以降、20%超え。第7話以降に30%を超えると、最終回は42.2%の驚異的な視聴率をマーク。全話平均は28.7%で、空前の大ヒットとなった。 [全文を読む]

エクスペンダブルズかよ!TBS系ドラマ『下町ロケット』吉川晃司、ピーター、春風亭昇太ら個性派キャストが大量投入されすぎてスゴい

AOLニュース / 2015年10月19日12時00分

ちなみに、同ドラマの原作を手掛けるのは、あの『半沢直樹』シリーズを手掛けた人気作家・池井戸潤。今秋期待の秀作として注目される本作だけに、今後もその内容に期待したいところだ。 今朝は吉川晃司さん演じる財前の車のシーンの撮影でした!AD宮崎が、車のナンバープレートにある仕掛けを。実はこのナンバー、吉川さんのお誕生日なのです!それにいち早く吉川さんが気づいてくだ [全文を読む]

阿部寛、土屋太鳳のコメント到着!池井戸潤「下町ロケット」ドラマに

Woman Insight / 2015年08月19日06時00分

池井戸潤原作のエンターテインメント巨編『下町ロケット』が、10月スタートのTBS日曜劇場枠でドラマ化! 原作は第145回直木三十五賞を受賞した池井戸潤の同名小説『下町ロケット』。受賞時には「人々の希望を繋ぐ爽快な作品」と評され、文庫版を含め累計127万部を超えるベストセラーを記録。『オレたちバブル入行組』をはじめとする半沢直樹シリーズや『空飛ぶタイヤ』、『 [全文を読む]

WOWOWで放送予定の連続ドラマW「震える牛」 6月放送予定!

PR TIMES / 2013年02月28日09時31分

食品問題に着眼し、そのタブーに見事に切り込んだ相場英雄の原作「震える牛」が連続ドラマWに登場する。事件を追う刑事と記者、隠蔽しようとする組織との攻防をスリリングに描く衝撃の社会派ヒューマン・サスペンス。 事件を追う刑事を演じるのは、2011年の連続ドラマW「下町ロケット」での熱き社長役が好評だった三上博史。「下町ロケット」の主演及び監督、プロデューサーが [全文を読む]

池井戸潤作品 初の映画化 主演の長瀬智也は「いつも通り本気でやるだけ」

dwango.jp news / 2017年03月06日12時08分

累計120万部突破の大ベストセラー、池井戸潤 原作「空飛ぶタイヤ」(講談社文庫、実業之日本社刊)の映画化が決定した。 主演は、TOKIOのメンバーとして活躍する一方、映画「TOO YOUNG TO DIE 若くして死ぬ」やドラマ「フラジャイル」等、数々の話題作に主演し続ける長瀬智也。巨大企業と戦う、運送会社の社長・赤松徳郎を、熱く演じる。 原作は「下町ロケ [全文を読む]

2015年に初めて知った、注目IPランキング。~エンタメ消費者動向の定期サービス『eb-i Xpress』発表~

PR TIMES / 2015年12月18日11時08分

池井戸潤原作の直木賞受賞作で、現在同名タイトルの連続ドラマが放送中となっています。原作・ドラマともに評判が高いこともあり、全世代で注目度が3位以内にランクイン。広く認知されているIPであることがうかがえます。注目度第2位は、アニメ「おそ松さん」です。深夜のテレビ放送ほか、各動画配信サイトでも配信が行われています。赤塚不二夫原作「おそ松くん」のテイストを残し [全文を読む]

『下町ロケット』人気を支える“理系女子” 土屋太鳳と朝倉あきのポジションを読む

リアルサウンド / 2015年12月13日07時10分

大ヒットとなった『半沢直樹』から続く、この枠での池井戸原作の快進撃は言うまでもなく、またしても福澤克雄が演出ということもあり、いくら期待をかけてもその何倍ものクオリティで返してくれる安心感があるのだ。以前このサイトでも紹介された通りの必勝パターンで、今期の民放ドラマ枠でひとり勝ちしていると言っても過言ではない。(参照:『下町ロケット』は“現代の時代劇”だ [全文を読む]

<実写化の迫力>「図書館戦争」が放つメディアミックスの魅力

メディアゴン / 2015年10月20日11時02分

この図書館戦争シリーズのもうひとつの外せない要素=登場人物たちの恋愛も丁寧に描かれており、堂上と笠原の歯がゆくもまっすぐな恋愛も原作の通り。本の雑誌「ダ・ヴィンチ」の読者投票で、この俳優にやって欲しいランキングで第1位になったという岡田准一と榮倉奈々のキャスティングもはまっており、パラレルワールドたる、もうひとつのあったかもしれない世界がすんなりと飲みこめ [全文を読む]

新ドラマ『ROOSEVELT GAME(ルーズヴェルト・ゲーム)』原作など池井戸潤氏5作品が3月14日(金)より配信開始

PR TIMES / 2014年03月06日12時48分

今回配信開始するのは、4月から放送される新ドラマ『ROOSEVELT GAME(ルーズヴェルト・ゲーム)』の原作で3月14日(金)に文庫版が発売される『ルーズヴェルト・ゲーム』や、新ドラマ『花咲舞が黙ってない』の原作である『新装版 不祥事』『新装版 銀行総務特命』など、計5作品です。Reader Store では、明日3月7日(金)からこれらの作品の予約 [全文を読む]

黒木華、主演ドラマの大コケの原因は異例のスキャンダル対策!?

Business Journal / 2016年04月25日17時00分

ドラマの原作は、漫画誌「月刊!スピリッツ」で連載され、2014年には日本経済新聞の「仕事マンガランキング」で第1位を獲得したほどの人気コミック。原作漫画の人気の高さも期待される要因の一つだったわけだが、思ったほどの結果が出ていないのが実状だ。 視聴率が低迷する中、主演の黒木サイドと原作漫画を発行する大手出版社との意外な不協和音を極秘キャッチした。 今作の [全文を読む]

フォーカス