舞台 下町ロケットに関するニュース

朝日新聞、TBS、小学館の3社が異例のコラボ

PR TIMES / 2015年10月02日14時59分

銀行を舞台にしたシリーズが原作のドラマ「半沢直樹」(堺雅人さん主演)がTBS系で2013年に放映され、最高視聴率42.2%を記録。半沢の決めぜりふ「倍返し」が流行語大賞になりました。ほかの作品には「空飛ぶタイヤ」「ルーズヴェルト・ゲーム」などがあります。池井戸潤さんの話小説の神様が存在するとしたら、今回は少し背中を押してもらった気がします。別の小説のため、 [全文を読む]

黒柳徹子の語る、昭和のテレビのとっておき秘話 #2

文春オンライン / 2017年07月02日07時00分

そうやって若い頃に鍛えられましたから、生放送でも舞台でもぼんやりしないで、自分がなぜここにいるのか、何をすればいいのかと常に意識します。アクシデントが起きたなら、自分で何とかしようと考える癖がつきました。 「徹子の部屋」は一切編集なし その意味で、思い出深いアクシデントがいっぱいあるのはTBSの「ザ・ベストテン」です。久米宏さんとのコンビで一九七八年にス [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】伊礼彼方と横田栄司の笑顔に「なんか兄弟みたい!?」

TechinsightJapan / 2016年03月01日19時50分

舞台『ピアフ』の合間に撮った伊礼彼方と横田栄司のツーショットに、関係者も「なんか兄弟みたい!?」と驚きを隠せない。両者は6月8日から始まる舞台『あわれ彼女は娼婦』でも共演が決まっており、ますます活躍しそうだ。 大竹しのぶ主演舞台『ピアフ』の2016年公演が開催中だ。2月26日、キャストの伊礼彼方と横田栄司が舞台裏の廊下にて肩を組む姿が『伊礼彼方 kanat [全文を読む]

『下町ロケット』は恐怖だった? 山崎育三郎のドラマ初体験

ananweb / 2017年09月03日12時00分

基本的に舞台の世界だと、2年先、3年先までスケジュールが決まっているのが当たり前ですが、まず映像のために舞台を入れない期間を作ったんです。とはいえ、そこに仕事が本当に入るのかはわからないわけで、それが何より怖かったですね。運良く最初のドラマがヒットして次の作品にも声をかけてもらえたから良かったですが、その時はただただがむしゃらでした。でもそうやってひとつひ [全文を読む]

安倍なつみ結婚で元アイドル同士のママタレ戦争勃発か…ゴマキとのライバル関係再燃も

デイリーニュースオンライン / 2015年12月22日08時00分

出会いは舞台──堀北真希と山本耕史と一緒 ここで二人の出会いや経歴を振り返ってみよう。 安倍と山崎の出会いは、2011年7月に共演した舞台「嵐が丘」である。2人はこの年、8月にはすでに交際の噂が報じられていた。ちなみに舞台「嵐が丘」の共演で結婚したカップルは、2015年に出会い、8月に「交際0日」結婚した堀北真希(29)と山本耕史(38)の夫婦が記憶に新 [全文を読む]

ミュージカル界のプリンス、山崎育三郎が新境地を開く!“コミカルな新感覚ヒーロー”とは?

dmenu映画 / 2017年09月01日17時00分

20代でミュージカルの四大舞台を制覇した王子様 役者・山崎育三郎の原点は、幼い頃に家族で観に行ったミュージカル「アニー」。毎日テーマ曲の「Tomorrow」を歌っていたところ、母親に勧められて小学校3年生から歌のレッスンに通い始めた彼は、12歳でミュージカル「フラワー」の主演オーディションに合格し、3時間に及ぶステージを熱演。客席からの拍手喝采に感動し、 [全文を読む]

『弱ペダ』ドラマは『薄桜鬼SSL』の二の舞に!? 「舞台だけで十分!」実写ドラマ化に批難殺到!

おたぽる / 2016年05月26日21時00分

2012年に舞台化、これまでに2度のアニメ化もされた。さらに先日15日には、スピンオフシリーズ『弱虫ペダル SPARE BIKE』のアニメ化や、今年9月に映画館で行う2週間限定の特別上映を発表。あわせて、来年1月からのTVアニメ第3期の放送が発表されており、ファンの期待も高まっている。 そんな『弱ペダ』のドラマ化だが、公式サイトによると監督を務めるのは、T [全文を読む]

ミュージカル連続出演の成河「話をいただいて、一番びっくりしたのは自分」

anan NEWS / 2016年04月01日15時00分

ドラマ『マッサン』や『下町ロケット』、映画『脳内ポイズンベリー』、さらには野田秀樹さんや栗山民也さん、ジョン・ケアードさんなど国内外の超一流演出家の舞台に数多く出演するなど、演劇ファンにはお馴染みの成河さん。 4月開幕のミュージカル『グランドホテル』と6月開幕の『エリザベート』にかける意気込みを語ってくれた。 * * * 「最初に映像をやり始めた時には、こ [全文を読む]

『下町ロケット』『真田丸』出演俳優・平岳大が肩組みデート

NEWSポストセブン / 2016年02月03日16時00分

2002年のデビュー舞台は離婚した両親と共演とあって注目が集まりましたね」(ベテラン芸能記者) 1月31日。舞台『書く女』の東京公演・千秋楽を終えた平はひとり都内のビストロへ向かった。 「お店ではすごくきれいなアラサー女性と待ち合わせていました。白ワインを飲みながら、豚肉のリエットやチーズの盛り合わせをつまんでいました。“この前の撮影は…”とか、“あの舞台 [全文を読む]

山崎育三郎は“押尾学系統”!?安倍なつみがこのタイミングで結婚した理由

アサ芸プラス / 2015年12月23日17時59分

「2人は2011年の舞台『嵐が丘』での共演をキッカケに交際をスタートさせました。『嵐が丘』といえば、今年大きな話題となった堀北真希と山本耕史も同舞台をキッカケに結婚しています。そのため、この舞台で共演した男女は結ばれるというイメージがつき、出演する役者のファンの心配を煽ることとなるので、役者側から出演を敬遠されるのではと一部で言われています」(舞台関係者) [全文を読む]

二股疑惑の沈静化まで辛抱強く待っていた? 安倍なつみ・山崎育三郎の『嵐が丘』婚

messy / 2015年12月22日20時00分

安倍と山崎が知り合ったのも、やはり舞台で共演したことがきっかけであった。2011年7月に東京と大阪で公演した舞台『嵐が丘』で、夫婦役を演じた彼ら。ちなみにヒースクリフ役は河村隆一、安倍の演じたキャサリンは平野綾とダブルキャスト、山崎はエドガー役を演じていた。大阪梅田芸術劇場にて7月31日まで公演は行われたが、8月にはもう女性週刊誌で熱愛が報じられたのだか [全文を読む]

限定商品など『下町ロケット』をさらに楽しむ5つの仕掛け

NEWSポストセブン / 2015年11月08日07時00分

今田が舞台で見せた親しみやすさにプロデューサーが一目惚れし、キャスティングが決定したというから、その魅力を生かした演技がたっぷり見られそうだ。役どころはまだ明かされていないが、物語の鍵を握るかなりの重要人物のようなので、本を読んで予想するのも一興だ。 ちなみに今田は、今回が約7年ぶりの連ドラ出演となる。千原ジュニアら芸人仲間のおめでたニュース続きにもかかわ [全文を読む]

ドラマ「弱虫ペダル」主演の小越勇輝「汗と熱を感じて」

Smartザテレビジョン / 2016年07月06日08時12分

累計発行部数1,500万部を突破している人気漫画が原作で、これまでアニメ化、2.5次元舞台化されており、いよいよ連続ドラマ化。監督は「半沢直樹」「下町ロケット」などの演出を担当した棚澤孝義が務める。主人公・小野田坂道役を演じる小越勇輝をはじめとする舞台キャストが数多くドラマに起用されたほか、舞台版にはいなかった新メンバーや女性陣も加わり、ドラマではさらなる [全文を読む]

山崎育三郎「ミュージカル俳優以外、考えたことない」

Smartザテレビジョン / 2016年05月26日13時04分

山崎:初めて舞台に立ったときは、開放的になりました。拍手をいただいて、一生これをやっていきたい!!と思ったのを覚えています。変声期などでお休みしましたが、ミュージカル俳優以外の道というのは考えたことはありません。休んでいるときも、絶対に戻ろう!!という気持ちでいっぱいでした。 ――ミュージカル始めるまでは野球に全力投球だっという少年時代。しかし、大好きな [全文を読む]

安倍なつみ夫・山崎育三郎、絶好調の秘密は“激安ギャラ”「1話15~20万円」

日刊サイゾー / 2016年05月16日23時30分

おむつ替えやお風呂入れといった“予行演習”もしっかりして、『自分の子が生まれたときも問題ない!』って楽しそうに話してましたね」(ドラマスタッフ) 仕事面でも『下町ロケット』から3クール続けて連続ドラマにキャスティングされるなど、本業の舞台以外でもその実力を遺憾なく発揮している山崎だが、実はキャスティングする側にとっても、かなり“お買い得”俳優なのだという。 [全文を読む]

山崎育三郎「人の声を聞いて勝手に妄想しています」!?

WEB女性自身 / 2016年05月12日06時00分

「今まで、舞台では演じてこなかった個性的で振り切った役をいただくようになって、自分でも、こんな表現ができるんだ、こんな声が出せるんだ、という新しい発見がありますね」 こう語るのは、ミュージカル界のプリンスとして女性のハートをキュンキュンさせてきた山崎育三郎(30)。彼はテレビ界でもブレークの兆し。高視聴率ドラマ『下町ロケット』では若手技術者・真野賢作役を、 [全文を読む]

脚本とキャスティングの勝利!?『下町ロケット』の魅力とは?

日本タレント名鑑 / 2016年02月08日14時55分

さらに、舞台好きにはたまらない、TEAM NACSの安田顕さん、戸次重幸さん、大人計画の近藤公園さん、元劇団☆新感線の橋本さとしさん。他にも新井浩文さんや木下ほうかさんなど、話題にのぼる実力派を起用。 杉良太郎さん、吉川晃司さん、世良公則さんなど、一時代を築いたスターもいれば、お笑い芸人さんや、金剛地武志さんなどの知る人ぞ知る俳優さん、舞台で話題の山崎育 [全文を読む]

中途半端な“暴露キャラ”安倍なつみ結婚へ! 押尾学・櫻井翔との関係や「整形」は……

日刊サイゾー / 2015年12月21日17時00分

2011年の舞台『嵐が丘』での共演をきっかけに交際をスタートさせた。『嵐が丘』といえば、俳優の山本耕史と堀北真希の結婚のきっかけにもなっており、なんとも縁起のよろしい舞台といえるだろう。 安倍はモーニング娘。のブームが終了した後、ソロ歌手や女優業を中心に活動していたものの、前向きな話題は決して多くなかった。むしろマイナスの情報が多かった印象である。 「最近 [全文を読む]

「視聴決定!」アニメ「僕だけがいない街」土屋太鳳&満島真之介W主演にファンの反応は?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月09日17時30分

三部けいでは、人間を異形の怪物に変えてしまう伝染病(奇病)・カミヤドリが蔓延するシティを舞台に、巨大な“鋏”で怪物を狩る男・ジラルドのゴシックパンクアクション『カミヤドリ』を描き、瓦敬助名義では、昭和の木造校舎が懐かしい某高校を舞台に、健康男子・瓦くんとクラスメイトの無防備油断娘・菜々子さんが織り成す笑いあり、ラッキースケベありの日常系漫画『菜々子さん的な [全文を読む]

「下町ロケット」公式本、緊急発売決定!!

Smartザテレビジョン / 2015年11月30日12時03分

現在は、ロケットから医療機器へ舞台を移し、“ガウディ計画”が進行中。 最高視聴率20.1%(第5話)を記録(11月30日現在)。本書では原作者・池井戸潤、出演者をはじめ、伊與田英徳プロデューサー、福澤克雄監督らスタッフへのインタビューを掲載する他、ドラマの名ぜりふ名場面、舞台裏リポート、識者による論考、公式Twitterで募集したファンの声、第5話のシナリ [全文を読む]

フォーカス