大学 中国電力に関するニュース

上司こそ学べ! 原晋監督はなぜ学生の心を掴むことができるのか

プレジデントオンライン / 2017年03月26日11時15分

今年のレースでは青山学院大学(以下、青学)が圧倒的な強さで優勝し、見事3連覇を達成しました。そんな青学を率いる原晋監督の指導方法は、体育会系部活動に残る旧態依然とした練習内容とは一線を画しています。 原監督は10年間ほどサラリーマンの経験があり、「伝説の営業マン」と呼ばれるほどの成功をおさめた人物。その経験を駅伝に活かしており、「ビジネスも駅伝も同じ」と言 [全文を読む]

箱根駅伝ランナー、将来マラソンで通用するのは誰だ?

週プレNEWS / 2013年01月12日12時00分

日本体育大学が“下克上V”を飾った東京箱根間往復大学駅伝競走(1月2、3日)。今年も学生ランナーたちが熱いドラマを見せて日本のお正月を沸かせたが、その中に、低迷する日本男子マラソンの救世主となる選手はいるのか? 昨年のロンドン五輪・男子マラソンで、日本勢は中本健太郎(安川電機)が粘りの走りで6位入賞を果たし、2008年北京五輪の惨敗からわずかに前進した。 [全文を読む]

新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ500 2017年最新版!「新卒3年後定着率」の全貌

東洋経済オンライン / 2017年04月21日08時00分

厚生労働省の調査によると、新入社員が入社3年以内に辞めてしまう比率は、直近2013年入社者のデータで大学卒が31.9%、高校卒で40.9%に達している。新人の側からすれば、厳しい就活を乗り越えて入社したのに……、会社側から見れば、コストをかけてせっかく優秀な(と思われる)人材を採用したのに……と、数字だけ見れば双方ともに残念な結果ではある。個別企業の状況は [全文を読む]

青学の陸上・原監督、脱「上下関係」管理術…なぜ20~30代前半の能力を最大限発揮?

Business Journal / 2017年02月01日06時00分

●スポーツの世界と、企業経営の世界 今年の箱根駅伝で3年連続優勝とともに大学駅伝の3冠を達成した青山学院大学の原晋監督、そしてプロ野球・北海道日本ハムファイターズの監督として昨年日本一に輝いた栗山英樹監督。今、日本のスポーツ界で最も注目を浴びている監督といえば、この2人ではないだろうか。この2人の監督はともに、それまでの業界の常識とされてきた人材育成や戦い [全文を読む]

特別インタビュー“青山学院大・原晋監督”「ハッピー指数大作戦で箱根を連覇する!」(2)ビジョンどおりの進出ぶり

アサ芸プラス / 2016年01月02日17時56分

大学卒業後は、中国電力に陸上部の1期生として入社。しかし、1年目に右足首を痛めるとそのケガを引きずり、わずか5年で部をクビになっている。27歳の時だった。 大きな挫折を味わい、陸上界を追われてからは、自分よりも年下の社員らとともに一から中国電力の営業マンとしてスタートを切った。陸上しか知らなかった男は肩身の狭い思いをし、「あれほどストレスがたまったことはな [全文を読む]

箱根連覇狙う青学・原監督 9区エース起用は誰のアイデアか

NEWSポストセブン / 2015年12月31日07時00分

正月の国民的関心事となった箱根駅伝で、優勝を狙う大学が勝負どころと考えるのが復路の8区と9区だ。繰り上げスタートやシード入り争いなど、ドラマティックな場面が多い8区と9区の、マニアならではの見どころはどこなのか? 日本で最もマニアックな陸上長距離専門ウェブメディア「駅伝ニュース」の主宰者・公園橋博士が、日本テレビ系列での放送予想時刻とともに8区と9区の見ど [全文を読む]

フォーカス