電力自由化 中国電力に関するニュース

電力自由化で激変!ためるべきポイント、カードとは?電力選びのサポートマガジン【ENERGYeye/エナジーアイ】最新6月号発売!

@Press / 2016年06月01日11時00分

電力選びのサポートマガジン【ENERGYeye/エナジーアイ】 URL: http://www.energyeye.jp 身近な生活をより快適にするために“必要な情報”から、電力スイッチングに欠かせない“本物の知識”まで、幅広くカバーした専門誌【ENERGYeye/エナジーアイ】Vol.006(June)号では、電力自由化によって激変した、3大共通ポイン [全文を読む]

東電の口利きで電気料金格安になると大企業の関係者証言

NEWSポストセブン / 2012年04月05日16時00分

1990年代の電力自由化によって、大口事業者向けは「自由化部門」とされ、電気料金は電力会社と顧客企業との相対契約となった。問題は、東電と各企業との契約である。その内容はまったく公にされていないが、東電と“親密な関係”にある大手企業だけが優遇され、電気料金も格安になっているというのである。 大手企業は一般家庭の30~40%程度の料金で電気を使用しているとの試 [全文を読む]

電気の切替えはお済ですか?これから切替える人も、もう切替えた人もお得になる。「電力自由化2年目キャンペーン」&「つなが~る割」スタート

PR TIMES / 2017年03月29日09時44分

~東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力管内のご家庭のお客さまが対象~株式会社洸陽電機(本社:兵庫県神戸市東灘区、代表取締役社長:乾正博、以下、当社)は、電力小売完全自由化から1年となる4月1日より、ご家庭の電気を対象とした「電力自由化2年目キャンペーン」を行います。また、本キャンペーンの開始に併せて、業界初の新しい割引サービ [全文を読む]

2016年4月1日 電力自由化スタート 緊急レポート 【タイナビ総研】電力会社切り替えを検討したユーザー動向調査を実施 電力自由化最激戦区、首都圏がプラン診断実施数トップ!~新電力会社参入数が少ない北陸圏に垣間見える、異色の傾向とは?~

@Press / 2016年04月18日12時00分

電力会社切り替えを検討したユーザー動向調査http://www.tainavi-soken.com/research/electricity/20160418.html■調査概要<地域別電気料金切り替えユーザー動向調査>有効回答 : 電力会社の切り替えを検討した全国のユーザー32,616名調査方法 : インターネットによる回答調査期間 : 2016年2月1 [全文を読む]

【今日のインサイト】本日は「電気記念日」…電力の小売りが自由化されるって知ってました!?

Woman Insight / 2015年03月25日06時00分

そこで、『電気を選ぶ.JP』のサイトから、それらを研究していきます! ●「電力自由化」のカギとなるのは、“新電力”! 「電力小売り全面自由化」とは、簡単にいうと、電力会社を企業や個人が自由に選べるようにするための一連の改革のこと。 現在、既存の大手電力会社として一般電気事業者10社(北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四 [全文を読む]

アメリカの成功していない先行事例をお手本に強行する経産省「電力自由化」の愚

メディアゴン / 2014年12月07日04時06分

米国の電力自由化は、連邦政府ではなく、州ごとに判断が委ねられている。結論から言うと、米国の電力自由化は、「成功した先行例」とは決して言えない。米国エネルギー情報局が示した資料を見ると、米国の電力市場は自由化への進捗が芳しくないことが一目でわかる。[出典:米国エネルギー情報局:http://www.eia.gov/electricity/policies/r [全文を読む]

東京ガスの豹変 何を“企んで”いるのか?

Business Journal / 2015年06月18日06時00分

電力自由化の動きが本格化している。2016年4月に電力小売りの全面自由化、18~20年に電力会社の送電部門分離が計画されている。こうした動きをにらみ、全国でさまざまな業種から市場参入が相次いでいる。地域独占にあぐらをかいてきた、各地域の大手電力会社も挑戦者として他の地域へ進出を図る。主戦場は巨大市場である首都圏。石炭火力発電所の建設計画が目白押しだ。各社が [全文を読む]

東電管内への越境売電で色めき立つ電力業界〜新電力、完全自由化加速は視界不良

Business Journal / 2013年10月28日06時00分

2000年代から進む電力自由化にもかかわらず、電力市場では地域独占が続いてきた。ここにきて、中部電力、関西電力が最大の市場である東電管内の首都圏に参入するのは、東京電力福島第1原発事故に背中を押されたからだ。 原発事故後、国の認可を受けて電気料金を本格値上げしたのは東京電力、関西電力、九州電力、東北電力、四国電力、北海道電力の計6社。特に、関西電力、九州 [全文を読む]

フォーカス