プロ野球 鳥谷敬に関するニュース

【プロ野球】バントはお断り?”攻撃型2番打者”が2016年のキーワードに

デイリーニュースオンライン / 2016年01月20日16時00分

しかし、一般的なイメージである「2番打者=小技・小兵」というイメージはどこから生まれたのだろうか…? そんな疑問から、プロ野球創成期の2番打者を調べてみた。 ■大阪の初代2番打者・藤井勇が非公式2冠を獲得 最初に当たってみたのは、日本プロ野球最初の公式戦である1936年春季リーグ戦。東京巨人軍はアメリカ遠征のため参加できず、大阪タイガース、名古屋軍、東京 [全文を読む]

【プロ野球】JFK、スーパーカー、100打点…球史に残るあの”名トリオ”

デイリーニュースオンライン / 2016年01月23日18時00分

チームとしては11年ぶり、プロ野球としては5年ぶりの快挙だった。 1人で30本打つだけでも凄いこの時代に、同一チームで一度に3人が達成するのはまさに神業。過去には本塁打だけでなく、こんな偉業を達成したトリオがいたことをご存じだろうか。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■真弓阪神の得点源 2010年、真弓明信監督時代の阪神か [全文を読む]

【プロ野球】原口文仁、鳥谷敬のコンバートで混迷! 鳥谷「二塁or三塁プラン」で阪神の開幕スタメンを考えてみた

デイリーニュースオンライン / 2017年03月08日17時05分

文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】下剋上ペナント開幕!?波乱含みのスタート。パ・リーグ上位戦線異常あり!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月14日16時05分

文=藤山剣(ふじやま・けん) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】守乱・阪神! 傷口をふさげ!! このままのペースだと年間失策は約380個!?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月10日16時05分

文=藤山剣(ふじやま・けん) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】初めて手にした自由? 完全復活に懸ける鳥谷敬が過ごした「周りに支えられて」のキャンプ

デイリーニュースオンライン / 2017年02月26日16時05分

そういう意味では、プロ野球きっての人気球団ゆえに必要以上に騒がれる阪神にあって、入団以来、初めて自由に自らのペースで調整できる機会を得たのかもしれない。 ■鳥谷を完全復活へと導く福留孝介、そして多くのファン このキャンプでは、鳥谷は福留と行動をともにすることが多い。1年間、鳥谷からキャプテンマークを預かったという福留が、その言動を通して鳥谷の復活を導いて [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

今年も盛況のうちに幕を閉じたプロ野球。セ・リーグ打者では筒香嘉智が本塁打王と打点王の二冠を獲得。パ・リーグではレアードが初の本塁打王に輝く活躍を見せた。 しかし、野球の数字は打率、本塁打、打点、安打数、出塁数、盗塁数といった目立つものだけではない。 タイトルではないスタッツで「裏王者」となった選手たちを紹介しよう。まずは野手編。 ※野球の見方が変わるスマホ [全文を読む]


【プロ野球】チームを引っ張る男たちの活躍は? 12球団“キャプテン”通信簿

デイリーニュースオンライン / 2016年10月18日17時05分

CS、日本シリーズと熱い戦いが続くプロ野球。今季のプロ野球では広島、ヤクルト、オリックスを除く9球団がキャプテン制を採用し、シーズンを戦った。 ポストシーズンはまだまだ続くが、シーズンを通じて、“キャプテン”たちの活躍はどうだったのだろうか? チームを背中で率いる男たちの成績を採点してみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

後半戦に突入したプロ野球。3月の開幕が昨日のよう。季節の移ろいは早いものである。 ところで贔屓球団の開幕スタメンを覚えているだろうか? その時点ではベストメンバーであるはずの開幕スタメンだが、蓋を開けてみれば、ケガや不振などで打線のてこ入れを余儀なくされるのが常だ。 しかし、概ね、「メンバーの固定化」は強いチームによく見られる特徴だと、解説者・評論家などは [全文を読む]

「大不振」阪神・鳥谷敬選手「レーシック手術失敗」か? 急増中の「見逃し三振」と信じられない「エラー連発」の原因に新たな『疑惑』が浮上!

Business Journal / 2016年07月24日08時00分

プロ野球・阪神タイガースの“ドロ沼”は底なしなのか……。23日の広島戦。阪神・岩崎‐広島・黒田という先発予告を見た時点で敗色濃厚と思っていたが、案の定岩崎投手は3回持たず7失点KO。打線も黒田投手の前にいつも通り翻弄され、散発6安打0点。日米通算200勝目を献上した。これでオールスター明けの後半戦は、勝ちなしの5連敗。首位を快走する広島戦に限っては、手も足 [全文を読む]

【プロ野球】"超変革"の明暗…金本・阪神の前半戦を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年06月27日17時05分

【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】金本監督こそ最大の理解者?阪神・鳥谷敬は完全復活できるのか

デイリーニュースオンライン / 2016年05月27日16時04分

【関連記事】 [全文を読む]

阪神のレジェンド鳥谷、年俸4億円のお荷物化…ミス尽くしで高校生以下でもスタメン外せず

Business Journal / 2016年05月20日07時00分

プロ野球・阪神タイガースの鳥谷敬選手が窮地に陥っている。 鳥谷の現在(5月18日時点/以下同)の成績は、打率.248、本塁打2、打点18。開幕直後には25打席連続ノーヒットで自己ワースト記録を更新し、併殺打8は読売ジャイアンツの村田修一選手と並んでセントラル・リーグのトップである。 これまで、打順は1番や3番が定位置だったが、今季は一時7番に降格するなど、 [全文を読む]

プロ野球阪神・鳥谷敬の海外FAで、安田大サーカス・団長安田の“モノマネ特需”はどうなる!?

日刊サイゾー / 2014年11月16日09時00分

メジャーに移籍して鳥谷選手の注目度が上がれば、仕事面では大きなプラスですが……」(テレビ局関係者) 団長安田の命運は、鳥谷選手の動向にかかっている!? [全文を読む]


【日本ハム】吉川光夫に抱いた複雑な感情と、鳥谷敬に送った拍手と

文春オンライン / 2017年06月09日11時00分

23時からの『プロ野球ニュース』(フジテレビONE)を見る。それは想像していた何倍も衝撃的なシーンだった。顔に行っている。鳥谷はその場に倒れ、しばらく動かなかった。吉川は口を一文字に結び、顔色を失っている。全身をこわばらせて棒立ちだ。そのどうしていいのかわからない感じが事態の深刻さを物語っていた。球審とトレーナーが声をかけ、阪神・金本知憲監督が駆け寄る。し [全文を読む]

【プロ野球】虎の真のチームリーダー・鳥谷敬(阪神)の背中が雄弁に物語ること。一つひとつを積み重ねる誇り。

デイリーニュースオンライン / 2017年06月04日16時05分

鼻骨骨折後に鳥谷の胸の内にあったのは、果たしてそんな思いだったのだろうか? 鳥谷は「プロ野球選手である以上、グラウンドに出てプレーしてこそ価値がある。試合には首脳陣の判断に従って出続けたい」と常々口にしている。 鳥谷が激しい痛みに耐えてまで出場した意味は、記録更新が目的ではないことはここからも読み取れよう。 毎日一つひとつのことを着実にやり続けることは難 [全文を読む]

ホームに響く「35億」 中日逆襲のキーマン・京田陽太

ベースボールキング / 2017年05月23日12時00分

◆ ナゴヤドーム名物になるか 「35億」――! 長いプロ野球の歴史でも、こんな声援が送られる選手はこの男だけだろう。中日のルーキー・京田陽太だ。 ホームゲームで京田が打席に入る際に流れる登場曲が、オースティン・マホーンの『Dirty Work』。この曲自体は2015年に発売された楽曲であるが、日本ではお笑い芸人・ブルゾンちえみのネタに使われる楽曲として一気 [全文を読む]

好調チームに共通点? プロ野球「ベンチ裏の愛憎劇」

日刊大衆 / 2017年05月21日11時05分

思い入れは他の選手より強いはず」(ベテラン野球記者) [全文を読む]

フォーカス