北米 神話に関するニュース

【試乗記】「これまでとは違うが、ものすごくいいクルマ」新型ジープ「チェロキー」に乗る

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年11月30日17時00分

その後、北米諸国では「リバティ」と名前を変え2世代に渡って作られていたが、2013年、なんと横置きエンジンのFF車「ダッジ・ダート」をベースとするSUVにフルモデルチェンジ(ということは、アルファ ロメオの「ジュリエッタ」とプラットフォームを共有していることになる)。大きく方向転換したにもかかわらず、北米では「チェロキー」の名前が復活した。日本発売に先駆け [全文を読む]

【トロント国際映画祭2013入選】これぞCool Japanの奇跡! 中小企業もやればできる!

PR TIMES / 2013年08月19日16時10分

主演・社長、キャスト・一般人(社員)という素人集団の熱意で創り上げた映画「人間(ningen)」がトロント国際映画祭に入選!北米最大規模の映画祭であるトロント国際映画祭2013の「Contemporary World Cinema」部門に一民間企業が制作した映画「人間(ningen)」(監督:チャーラ・ゼンジルジ&ギョーム・ジョヴァネッティ)が見事ノミネー [全文を読む]

アマゾン、成長神話の限界 5億ドルの損失をEコマースで計上

Forbes JAPAN / 2016年10月31日15時00分

一方で北米におけるコマース事業の営業利益は2億5,500万ドル。アマゾンプライム会員は38%の伸びだが、高コスト体質は変わらず、北米以外のコマース事業は5億4,100万ドルの損失を計上した。AWSは55%の伸びを記録したが、同期間にマイクロソフトのクラウドAzure Cloudは102%の伸びだ。栄枯盛衰は企業の宿命だ。17年前、人々は今後の世界経済をマイ [全文を読む]

ボルボXC90新車情報・購入ガイドスタイリッシュなスカンジナビアンラグジュアリーSUV登場! 【ニュース・トピックス:ボルボ】

CORISM / 2016年02月18日15時45分

元々北米をメインターゲットとしているXC90なので、日本マーケットにはなかなか合わない。最小回転もエントリグレードを除けば6.0mとなっていて、小回りは苦手だ。 ボルボといえば、スタイリッシュな北欧デザインが魅力だ。今回投入された新型ボルボXC90も北欧デザインを踏襲しながらも、かなり先鋭化されている。まず、ひと際存在感を主張しているのがLEDヘッドライト [全文を読む]

ボルテージ、「東京ゲームショウ2014」に出展。恋愛ドラマアプリの世界をリアルに再現!

PR TIMES / 2014年09月03日17時30分

試遊コーナーでは、TVCMでも話題の「上司と秘密の2LDK」やVoltage Entertainment USA, Inc.で企画・開発した北米仕様の恋愛ドラマアプリ「To Love & PROTECT」を含めた全10タイトルを遊んでいただけます。【みどころ】1.イケメンモデルと「リアル“恋アプ”体験」恋愛ドラマアプリの世界観を表現したブースで、イケメン [全文を読む]

「日本は世界一安全」…6割がナシ

NewsCafe / 2014年06月14日12時00分

北米の54%や、西欧の58%には比ぶべくもない。この"日本人の不安"の根底に、警察や報道、政治への不信が影響していることは間違いないだろう。[文・能井丸鴻] [全文を読む]

レクサスLS新車情報・購入ガイド デトロイトショー出展車 11年ぶりのフルモデルチェンジ! 5代目レクサスLS、2017年秋頃日本導入か?【ニュース・トピックス:レクサス】

CORISM / 2017年01月30日06時30分

北米ではレクサスLSとされたが、日本ではトヨタブランドのフラッグシップ、セルシオ として発売された。圧倒的な静粛性とエアサスを装備されたモデルの乗り心地は、メルセデス・ベンツ やBMW などの欧州車にも大きな影響を与えたほどだった。 その後、セルシオの名で3代目まで販売される。そして、2006年にフルモデルチェンジし4代目となったタイミングでレクサスLSへ [全文を読む]

【試乗】“レクサス顔のランクル”じゃない!LXは高級SUVの新選択肢

&GP / 2016年06月07日17時00分

レクサスのメインマーケットである北米では、1990年代半ばに“80系”と呼ばれる先々代ランドクルーザーがモディファイされ、レクサス「LX」としてラインナップに加えられました。以来、ランクル由来のLXが、レクサスブランドのトップSUVとして君臨しているのです(先代LXが、トヨタ「ランドクルーザー シグナス」として売られたことを記憶している人がいるかもしれま [全文を読む]

梅雨シーズンに読みたい! 子どもにも教えたくなる「天気」や「空」の本3選

Woman.excite / 2016年05月29日14時00分

■鳥を追いかけて世界中を冒険してみよう『鳥の不思議な生活』ノア・ストリッカー(著)、片岡夏実(訳)/ 築地書館 北米を代表するバードウオッチャーが執筆した本格的な鳥研究の1冊。ペンギンを観察するために南極へ、野生のシロフクロウを追って北極圏からハワイまで追いかける。鳥を観察するためだけに世界中を旅していきます。熱意にあふれる研究は鳥類のくらしにとどまらず [全文を読む]

ボルボの新世代7人乗りフラッグシップSUV 「新型XC90」を発表

PR TIMES / 2016年01月27日12時55分

・1兆3000億円を超える投資により全てを一新した新世代ボルボの第一弾・新世代プラットフォーム、スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)を初採用・世界初の安全技術「ランオフロード・プロテクション」「インターセクション・サポート」を搭載・7シーターSUV世界初のプラグインハイブリットモデル(PHEV)をラインナップ・北米トラック/SUV・オブ・ザ [全文を読む]

シンプルな美はどこから来るの?森美術館でエルメス・ポンピドゥーの共同展

FASHION HEADLINE / 2014年12月18日14時00分

その外見は一言にシンプルといっても、“ル・コルビュジェが浜辺で拾った石”といったマテリアル、北米先住民族のバード・ストーン、航空力学に触発されたコンスタンティン・ブランクーシのブロンズまで様々。中には、スタンリー・キューブリックの映画『2001年宇宙の旅』に登場した黒いモノリスなども登場し、その造形の美しさだけでなく、カタチに込められた意図、起源、神話など [全文を読む]

オロゴールド、渋谷東急百貨店本店にて期間限定販売

PR TIMES / 2013年12月04日16時26分

日常利用・贈り物として北米を中心に非常に人気があり、 本社では在庫が品切れ状態となっており、日本サイドではなんとか上陸にあわせて確保した商品でございます。数には限りがございますのでお早めにご来店いただければと思います。米国カリフォルニアが本社であるOROGOLDは、24K 99.99%純金を主成分とする基礎化粧品メーカーです。主成分である金には、いつの時代 [全文を読む]

フォーカス