彼女 岡本夏美に関するニュース

この際、清水富美加のことは置いておいて映画『暗黒女子』について語ってみよう

おたぽる / 2017年04月06日21時00分

当然、あれだけ騒がれたのだから、映画を見ていてまったく彼女のことを考えない、というのは無理だ。ただ、一方でこの映画は、気鋭の若手女優が多く出演しており、アイドル好きとしても見逃せない作品となっている。 ここはひとつ、彼女の騒動のことは置いておいて、映画の見どころと魅力を語ってみることにする。 私立の名門女子高「聖母マリア女子高等学院」。ここには選ばれた人 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】指原莉乃は“巨乳”で“3億稼ぐ、いじわる女” 山科ティナの妄想漫画に「全然違う!」

TechinsightJapan / 2017年03月26日20時45分

そんな彼女も“仕事のできる女 指原莉乃”というキャラクターで漫画に登場する。それを見た指原は「嬉しいっ、すごいおっぱいが大きい!」と声をあげるが、岡本について「ふふふ、売れたいならコメント力もないと~」「いやだー、あのこ全然だめじゃん」というセリフには「うわ、いじわる女設定」「そんなこと言わないよ」と訴える。 さらに岡本のキャラが「きっと松本さんも仕事ので [全文を読む]

岡本夏美主演!“麻雀界のアイドル”波瀾万丈の人生を熱演

Smartザテレビジョン / 2017年03月24日07時00分

彼女の瞳からあふれる活力が、そう僕を確信させました。若干18歳。春には高校を卒業する彼女が、女流麻雀士二階堂亜樹の激動の10代を演じ、今しかできない女流闘牌伝を作り上げます。 麻雀は孤独な旅のようです。akiが作ったその軌跡を、岡本さんがどのようにたどっていくか、闘っていくか。その神秘こそ映画体験で、皆さまにお届けしたいです。また麻雀の素晴らしさが少しでも [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『スカッとジャパン』岡本夏美の学ラン姿に反響「久しぶりにキュン死」

TechinsightJapan / 2016年05月18日11時10分

2015年から『Seventeen』の専属モデルとして活躍する彼女は、情報番組『ワイドナショー』への出演でも注目を集めている。 『痛快TV スカッとジャパン』の人気シリーズ“胸キュンスカッと”は、学生時代の恋愛模様を描いた再現ドラマである。16日の放送回で岡本夏美が演じたのは、応援団の紅一点として日々練習に励む高校1年生の女の子。もうすぐ引退する応援団長に [全文を読む]

岡本夏美 主演映画『女流闘牌伝aki-アキ-』の予告映像公開 麻雀に生きる少女の凛々しい表情が

GirlsNews / 2017年04月27日09時00分

彼女が求めたのは、自分の力だけで勝ち取る“本物の人生”だった。大都会の厳しさに打ちひしがれながらも、自身が持つ唯一の武器「麻雀」によって生きることを決意する亜樹。しかし、その前に立ち塞がる汚い大人たちと大都会の現実。だが、少女雀士・ひまわりと、ミスター麻雀・小島武夫との出会いが、彼女の人生と麻雀を大きく変えていくこととなる…。 岡本さんは、ファッション雑誌 [全文を読む]

「ワイドナ女子高生」岡本夏美、おはガール時代の水着ショットが可愛すぎると話題に

メンズサイゾー / 2016年11月21日17時00分

そんな彼女が画面に登場するたびに、ネット上の男性視聴者から大きな歓声が。約2カ月ぶりの出演とあって、楽しみにしていた人が多いようだ。 女子高生らしい制服衣装の彼女には、「この透明感がたまらない!」「まさに美少女」「天使のようだ」「眩しすぎる」といった絶賛コメントが続出。放送中から画像がアップされ、番組終了後にも「可愛すぎる女子高生」とSNSなどで拡散されて [全文を読む]

おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!「岡本夏美」に振り回されたい~みきちゅのドルオタコラム第3回

エンタメNEXT / 2015年05月08日16時00分

こちらが勝手に妄想していただけなのに、可愛い年下の彼女に自分が振り回されてるような感覚になっていたのです。なんとおめでたい脳をもったアイドルオタクなのでしょうか。(大切なことなので2回言いました) そんなこんなで、去年の夏からずっと夏美さんを応援しています! 先日、彼女がイメージモデルを務める人気子供服ブランドのイベントがあり(※私は22歳です)、500 [全文を読む]

岡本夏美、共演の増田有華に最初恐怖心!? 「役のイメージで有華ちゃんを見てしまって しかも関西弁…」

GirlsNews / 2017年06月03日13時12分

彼女が求めたのは、自分の力だけで勝ち取る“本物の人生”だった。大都会の厳しさに打ちひしがれながらも、自身が持つ唯一の武器「麻雀」によって生きることを決意する亜樹。しかし、その前に立ち塞がる汚い大人たちと大都会の現実。だが、少女雀士・ひまわりと、ミスター麻雀・小島武夫との出会いが、彼女の人生と麻雀を大きく変えていくこととなる…。 岡本さんは演じるにあたって、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『ワイドナショー』妄想胸キュン漫画 原作者・山科ティナが全ページ公開!

TechinsightJapan / 2017年03月29日12時02分

同番組に“ワイドナ高校生”として出演した岡本夏美の卒業記念に、山科ティナさんに依頼して彼女をヒロインに描き下ろしてもらったオリジナル漫画である。ストーリーは右も左も分からず初出演した『ワイドナショー』で気の利いたコメント一つ言えず落ち込む岡本に、優しい言葉をかけてくれた松本人志に惹かれていく過程が柱となっている。またしばしば登場する“岡本夏美フィルター”を [全文を読む]

[Alexandros]、話題のCM曲「SNOW SOUND」のMVを公開

okmusic UP's / 2017年01月17日13時30分

ある日女性が鞄に付けていたキャラクターグッズを男性が拾い上げ、手渡すと彼女は既に泣いており、初対面なのに一生懸命彼女を励ます男性。そこから恋が始まる。寂しかった2人の心に芽生えた恋心、最後は雪山で2人手を繋ぎ、2人の上に積もりゆく雪。一体二人はどうなってしまうのか? …… [Alexandros]初の冬のラブソングに乗せて、冬という季節だから表現できる切な [全文を読む]

18歳女優・岡本夏美が同年代と“仕事の流儀”を学ぶ

Smartザテレビジョン / 2016年11月26日18時52分

女優として、また雑誌「Seventeen」の専属モデルとして活躍する彼女は、弟子入りする若者たちと同年代の18歳。そんな岡本が、自身の考える“プロの仕事”、そして10代の胸の内を明かしてくれた。――まずは、同世代の奮闘を描く今回の番組で、楽しみにしていることを教えてください。それこそ同い年の子もいて、同じような不安や悩みを持っていると思うので、共感できると [全文を読む]

甲子園にも学校にも新聞投稿欄にも… 日本女性の息苦しさ

NEWSポストセブン / 2016年08月30日16時00分

彼女は一生懸命がんばってきたので、グラウンドに立たせてあげようと思って…。本当に申し訳ありません」 この一件が大きな物議をかもしている。元五輪選手の為末大氏(38才)は「世の中ともっともずれてる競技になりつつある」と批判。脳科学者の茂木健一郎氏(53才)も「『丸刈り』を含め謎の様式美、禁則が多すぎますね」とツイートした。 この一件を、同年代の女性はどう見て [全文を読む]

山崎、菅田、土屋…今旬の俳優&女優たち かつては学園ドラマの生徒の一人だった

日本タレント名鑑 / 2016年05月19日13時55分

その演技力を見せつけ、彼女にとって女優としての評価を上げる作品となりました。ほか、Seventeenの人気モデルで女優としても注目度上昇中の三吉彩花さん、松井愛莉さん、岡本夏美さん、のちにNHK連続テレビ小説『あさが来た』の千代役で注目される小芝風花さん、モデルやグラビアでも人気の久松郁実さんらが顔をそろえています。 未来の人気俳優を育てるには学園ドラマは [全文を読む]

Sexy Zone・菊池風磨のイケメン男子高校生ぶりに女性ファンから歓喜の声 「こういう男の子大好き」「青春っていう感じ」

AOLニュース / 2015年12月22日12時00分

しかしそうした中で訪れたクリスマスの日、菊池演じる徹は、落ち込んだ様子で街角にたたずむ彼女の前に現れると、彼女が友人に奪われたキーホルダーを、自分の手で取り戻したことを告げて「ごめんな...俺がキーホルダーなんかあげたせいで」と謝った上で抱き寄せ、「前から気になってたから」と突然の愛の告白。しかもその際に、今度はお揃いのキーホルダーをプレゼントするというさ [全文を読む]

元おはガール・岡本夏美の可愛すぎる制服姿がネット上で絶賛の嵐

AOLニュース / 2015年08月10日12時15分

今後も、彼女の成長に期待が高まりそうだ。 文・福原優也 https://youtu.be/a-YjD58iwtQ <関連動画はこちら> ■参照リンク 『ワイドナショー』公式サイト(毎週日曜あさ10時から放送中!) [全文を読む]

【サキドリ制服女優】マルチな才能を発揮する女優界の“メディアミックス”! 岡本夏美

週プレNEWS / 2014年09月05日06時00分

今でも撮影中はモニタで他のかたの演技を見て勉強しています」 女優にモデル、そして歌と、多方面で経験を積んできた彼女。これからやっていきたいのは? 「う~ん、決められないです! どのお仕事でも、そのときやってることが一番楽しいと思っちゃうので(笑)。今は、自分の“近くのもの”に集中しながら、『これだ!』と思えるお仕事を見つけていきたいです」 ●岡本夏美(おか [全文を読む]

岡本夏美、葵わかな、広瀬すず…「98年度生まれ」はなぜ豊作なのか

アサジョ / 2017年06月06日10時14分

そんな彼女にはほかにも同級生のライバルがいるというのだ。いま注目が集まる98年度生まれの女優について芸能ライターが語る。「10月スタートの連続テレビ小説『わろてんか』でヒロインを務める葵わかなは、岡本らと同時期にアイドルグループ『乙女新党』で活動。また“まいんちゃん”こと福原遥は『キラキラ☆プリキュアアラモード』に出演中で、少女から大人の女性に正当進化を果 [全文を読む]

「きちんと原作に近づけようという心意気が素晴らしい!」ドラマ&映画「咲-Saki-」のキャストがドハマりで期待の声続出中

おたぽる / 2016年11月13日13時00分

これまで、主人公・咲と彼女が通う「清澄高校」麻雀部のメンバーや、全国高校麻雀県大会で対戦する「龍門渕高校」、「風越女子高校」、「鶴賀学園」のキャストが発表されている。主人公・咲役にはドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』(フジテレビ系)のめんま役で知られる浜辺美波。「清澄高校」の部員であり、咲の親友・原村和役を「1000年に一度の童顔巨乳」とま [全文を読む]

椎木里佳さん「クールジャパン担当大臣が60代はおかしい」

NEWSポストセブン / 2016年07月01日07時00分

6月に政治家らとの対談を収めた書籍『大人たちには任せておけない!政治のこと』(マガジンハウス刊)を刊行した彼女は、気にとめて、考えるようになり、疑問も出てきた。 「クールジャパンの戦略担当大臣が60代っておかしくないですか?“カワイイ”ってどういうことか、ちゃんとわかっているんですかね。でも、担当大臣の年齢を気にせずに過ごしていた私たちもヤバいんじゃないか [全文を読む]

美女の顔がゆがむ!?旬な女優たちが見せる怖がり顔20連発!

Movie Walker / 2016年06月18日13時24分

貞子、伽椰子が立て続けに登場するシーンでは、2人そろって目をひん剥き、大絶叫!無防備な姿でもやっぱり可愛い彼女たちの絶叫顔は、恐怖を忘れて見とれてしまいそう。 ■ ちょっぴりエッチなシーンの後に… 『呪怨』シリーズの清水崇監督が手がけた『雨女』(公開中)には、アクションから大胆なヌードまでこなし、幅広く活躍中の清野菜名が出演。シャワーを浴びている最中に背後 [全文を読む]

フォーカス