高島彩 生野陽子に関するニュース

生野陽子、高島彩、ゴマキ…高橋尚子だけじゃない「意外なパチンコ好き有名人」

アサ芸プラス / 2016年08月04日17時59分

「フジテレビの生野陽子アナや、フリーアナウンサーの高島彩、テレビ朝日の大木優紀アナなど、パチンコ好きの女子アナって結構多いんですよ」と明かすのは、自身もパチンコが大好きな芸能記者である。「女優だと前田敦子と吉高由里子が大のパチンコ好き。以前、パチンコに没頭している姿を激写された後藤真希は相当な腕の持ち主だとの噂です。あと、意外なパチンコファンとしては、先日 [全文を読む]

「アナウンサーの扱いを軌道修正すべき」 凋落の一途をたどるフジテレビの「パンシリーズ」復活に厳しい声

メンズサイゾー / 2013年09月07日20時00分

これまで、高島彩や加藤綾子などが出演してきたフジテレビの人気番組『◯◯パン』シリーズが10月から復活することが明らかになった。毎回、その年の新人アナウンサーが司会を務め、さまざまなゲストを迎えるトークバラエティの同番組。10月からは三上真奈アナが抜擢され、新番組『ミカパン』がスタートする。 以前は平日の帯番組として放送されていたが、『ミカパン』は毎週木曜の [全文を読む]

小谷真生子、安藤優子、赤江珠緒、膳場貴子の今の実力とは

NEWSポストセブン / 2012年01月17日07時00分

「赤江さんは結婚後ちょっとふっくらしちゃったことで男性ファンが離れたのかも」(テレ朝社員) かつての女王である高島彩が5.5%と後輩たちの後塵を拝しているのは「『ゆず』の北川悠仁との結婚が尾を引いている」(前出・広告代理店社員)と見られている。 上位にひしめく人気者の陰で、潜在視聴率0.1~0.2%あたりをウロウロしている若手女子アナたちはリストラ対象と [全文を読む]

女子アナ“潜在視聴率”ランキング 1位加藤綾子2位生野陽子

NEWSポストセブン / 2012年01月13日07時00分

高島彩(32)退社後、生野陽子(27)とのエース争いが注目されていたが、加藤に軍配が上がった。 フジテレビ社員がいう。 「年末恒例の『好きな女子アナランキング』で1位になったカトパンの人気は社内でも急上昇しています。バラエティ関係者はもちろん、被災地での現場取材もそつなくこなした実績で報道局スタッフからも一目置かれている。そして何よりタレントからの人気がも [全文を読む]

『プレバト!!』『モニタリング』、14%超を記録! TBS絶好調も苦しい「女子アナ」問題

サイゾーウーマン / 2016年09月12日12時45分

例えばフジテレビにはかつて高島彩、そして加藤綾子という2大エースアナがいた。現在も生野陽子、山崎夕貴アナなどがいる。日本テレビには水ト麻美、久野静香、鈴江奈々、小熊美香らがいます。テレビ朝日には『羽鳥慎一モーニングショー』の宇賀なつみ、『マツコ&有吉の怒り心党』の青山愛、『ミュージックステーション』の弘中綾香ら。しかしTBSの女子アナで思い浮かぶ人は誰かい [全文を読む]

高島彩、ギャル時代の「勝負師」っぷりに驚愕! パチスロ・麻雀大好きな意外な女性芸能人が多すぎ

Business Journal / 2016年06月22日14時00分

先月末、フォークデュオ・ゆずの北川悠仁の妻で、フリーアナウンサーの高島彩が第2子となる女児を出産した。夫の音楽界における活躍は言うまでもなく、高島もフリーアナとして、タレントとして、そして最近では『下町ロケット』(TBS系)で女優としても出演するなど、公私ともに絶好調といえる。 ルックスやフジテレビ「朝の顔」だったインパクトはやはり強く、未だにファンも多い [全文を読む]

いまだに生野陽子が中心!?フジテレビ、カトパン退社も「新エース不在」の窮状

アサ芸プラス / 2016年05月22日17時59分

要は加藤の穴を埋められる人材が育っていないということですからね」 フジといえば、最近では高島彩しかり、中野美奈子しかり、加藤しかり、看板アナの退社後には“新エース”が登場し、局を盛り上げてきた。つまり、これまでは世代交代が円滑に進んできたからこそ局内に不安も生じなかったのだが、現状では確かに“ポスト・カトパン”と言われてもパッと名前が浮かんでこない。「最有 [全文を読む]

秋の番組改編でショーパンが『めざましテレビ』を降板する理由とは?

週プレNEWS / 2014年09月21日06時00分

「今は生野陽子アナと加藤綾子アナがツートップとしてメインキャスターを務めていますが、実は生野アナが番組から降板させられるという話なんです」(フジ関係者) 2010年、フリー転向を発表した高島彩アナに代わり、ショーパンがメインキャスターに抜擢(ばってき)。その2年後に、ニュース担当だったカトパンもメインに昇格し、現在の体制になった。 「当初は放送後に一緒に [全文を読む]

フジ女子アナ事情 カトパン株上昇で生野陽子の存在感希薄に

NEWSポストセブン / 2014年03月24日07時00分

カトパンは1990年代以降、フジで最大派閥を形成した『めざましテレビ』の高島彩アナ(35)、中野美奈子アナ(34)の「めざましツートップ」から派閥を継承した。『ノンストップ!』の山崎夕貴アナ(26)、“ミタパン”こと三田友梨佳アナ(26)が直系に当たる。 「アナウンス能力の高さもさることながら、どんな番組でも全力投球するのがカトパン流。一方で先輩社員や共演 [全文を読む]

加藤綾子 バラエティ対応度と男性人気で高島彩上まわるの評

NEWSポストセブン / 2012年11月27日07時00分

高島彩アナ(33)以来の逸材といわれている加藤アナですが、こういった“下ネタ”への対応力は確実に高島アナより上。それを見せつけましたね。 高島アナだと気を使って周りが下ネタを避けるように配慮する雰囲気があるんですが、加藤アナの場合はどんな下ネタも真っ正面から打ち返し、笑いに変えてしまう。しかもあくまで上品にです。バラエティへの対応度と男性人気では、おそらく [全文を読む]

「視聴率だけでなく女子アナの質も下げ止まらず」とフジ社員

NEWSポストセブン / 2012年09月21日07時00分

「ポストアヤパン(高島彩・33)として誰もが認めるエースになったカトパン(加藤綾子アナ・27)と、課題のアナウンス能力が上達してきたショーパン(生野陽子アナ・28)は安定しているが、全体のレベルは総じて低い。 中野美奈子アナに“カミカミナカミー”なんて悪口いってた時代から考えれば、信じられない有様です」(フジのディレクター) ※週刊ポスト2012年10月 [全文を読む]

フジピンチ、加藤綾子もフリー転身!? 凄惨いじめをアヤパン・ナカミーに相談

メンズサイゾー / 2012年08月04日15時00分

一昨年の年末、高島彩が結婚を機にフリーとなり、今年7月にはアヤパンと双璧の人気を誇った中野美奈子が夫の転勤を理由に退社。さらに『すぽると!』でオジさんたちの夜の癒しとなってきた平井理央までもが、9月に寿退社してしまう。アイドル並みのルックスだけでなく、機転のきく頭脳、大物あしらいのウマさなどを兼ね備えた彼女たちのような人材が外部に流出してしまうと、残るは「 [全文を読む]

すっぴん見せぬ中野美奈子 小倉智昭との共通点指摘する声も

NEWSポストセブン / 2012年06月24日07時00分

テレビ番組ですっぴんを披露したTBSの田中みな実アナをはじめ、フジテレビの加藤綾子アナ、フリーに転じた高島彩アナ、テレビ朝日の市川寛子アナ、日テレの石田エレーヌアナなど、本誌は数多くの女子アナたちの“素顔”を取材した。 しかしフジテレビを6月末に退社する超人気アナ、中野美奈子(32)だけは、どうしても「完全なすっぴん顔」の目撃証言を得られなかった。フジテ [全文を読む]

フジ生野陽子アナ すっぴん出勤に“おい未成年”と言われる

NEWSポストセブン / 2012年06月21日07時00分

※週刊ポスト2012年6月29日号 【関連ニュース】TBS田中みな実アナのすっぴん絶賛にテレ朝D「ウチの方が!」TBS田中みな実のすっぴん絶賛されるも お局「調子のるな」 CMで大胆すっぴん高島彩 素顔にコンプレックスないとの声局内ですっぴん女子アナ “私は素顔でも綺麗”と同性を牽制テレ朝新人久冨アナ 次に報ステ・古館一郎の隣に座るとの噂 [全文を読む]

CMで大胆すっぴん高島彩 素顔にコンプレックスないとの声

NEWSポストセブン / 2012年06月20日07時00分

フジテレビからフリーに転じた人気者・高島彩アナ(33)はすっぴんに関し、ひとつの伝説を持っている。 「洗顔料『ビオレ』のCMでは、“すっぴんをそこまでどアップで撮らせるか!”と話題になった。『めざましテレビ』で早朝局に入るときも顔を隠したことはないし、素顔にコンプレックスなんて感じたことないはず」(フジ関係者) フジで高島と並んで「素顔評価」が高いのが、 [全文を読む]

めざましコメント卒業の大塚範一キャスター 副作用に苦しむ

NEWSポストセブン / 2012年03月08日16時00分

「抗がん剤の副作用が強くて、髪も、眉も抜けて、顔はむくみがすごくて、ぱんぱんに膨らんでいる状態という話です」(テレビ局関係者) 2月25日、かつて同番組へ一緒に出演していた高島彩(33才)の結婚披露宴では、事前に電話で「おめでとう」と伝えるにとどまった。ビデオレターはおろか、手紙に文字を綴ることもできないほどの副作用に苦しんでいるという話もある。医学ジャ [全文を読む]

高島彩が11位 女子アナ潜在視聴率トップ20を発表

NEWSポストセブン / 2012年01月13日07時00分

【1位】加藤綾子(26)フジ 7.3% 【2位】生野陽子(27)フジ 7.1% 【3位】平井理央(29)フジ 6.8% 夏目三久(27)フリー 6.8% 【5位】有働由美子(42)NHK 6.7% 【6位】中野美奈子(32)フジ 6.4% 【7位】山崎夕貴(24)フジ 6.3% 【8位】青木裕子(29)TBS 6.1% 【9位】大橋未歩(33)テレ東 5 [全文を読む]

調整力と展開力抜群の高島彩アナ 若手の中でも別格と専門家

NEWSポストセブン / 2012年01月02日07時00分

「やはり若手の中では、高島彩さんは別格でしょう。番組を見ていても、調整力と展開力が素晴らしい。そのうえ自分の色恋沙汰すら巧みに利用して嫌悪感を持たれないようにする“バランス感覚”に長けています。バラエティから報道までこなす万能型の女子アナとしては、相当な実力者です」 現在、フジでは“ポストアヤパン”の座を、加藤綾子、生野陽子が虎視眈々と狙っている。 ※週 [全文を読む]

フジ女子アナ採用 「役員の好みで…」と佐藤里佳部長疑義

NEWSポストセブン / 2017年04月06日07時00分

古くは河野景子、八木亜希子、有賀さつきの「花の三人娘」、近年はアヤパン(高島彩)、カトパン(加藤綾子)と、女子アナブームを牽引してきたフジテレビには、時代ごとにエースがいた。しかし“女子アナ王国”を築いてきたフジが今、“人材難”に陥っているという。そんな苦境を憂えた同局の元人気アナが、何と局のトップたちを相手に声を上げた。 昨年末、オリコンスタイルが発表し [全文を読む]

フジテレビのお家芸! 今年は“大魔神”佐々木主浩の長男が入社「またコネか」「アホらしい」

日刊サイゾー / 2017年04月06日00時00分

近年も、竜崎勝の長女・高島彩、高橋英樹の長女・高橋真麻、田淵幸一とジャネット八田の長男・田淵裕章、永島昭浩の長女・永島優美、生田斗真の弟・生田竜聖、藤井フミヤの長男・藤井弘輝、陣内孝則の長男など枚挙に暇がない。 「世間の感覚とのズレが“嫌フジ”の原因と言われる中、フジはいまだにコネ採用を続けている。そんな特権階級育ちの社員たちが作った内輪ウケ番組を見せつけ [全文を読む]

フォーカス