逸話 上杉謙信に関するニュース

11/25(金)eラーニング『戦国武将に学ぶ相続(遺言)事業承継シリーズ「戦国武将に学ぶ相続、遺言」 「戦国武将に学ぶ事業承継」』開講!

DreamNews / 2016年11月25日15時00分

戦国武将の遺言や相続に関する逸話を紹介し、その中から現代の相続への教訓やヒントを会得できる講座です。株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 中村央理雄)は、11/25(金)、eラーニング『戦国武将に学ぶ相続(遺言)事業承継シリーズ 「戦国武将に学ぶ相続、遺言」 「戦国武将に学ぶ事業承継」』を開講しました。 戦国武将の遺言や相続に関する [全文を読む]

【独占インタビュー】東村アキコの新境地…待望の新作は3/6創刊の『ヒバナ』にて連載決定!

Woman Insight / 2015年02月27日17時45分

頼られたら助けちゃう、母性本能丸出しの逸話も多かったですね。他にも、死因がどうみても婦人病とか、生理痛を思わせるエピソードとかもあったり。あとは、これは作品の中でも言っていますが、肖像画が象徴的でした。 WI そちらに関しては、マンガを読んでいただくとして。 東 当時は女の城主ってたくさんいたので、女であっても全然不思議はないんです。ただ歴史って、死後の領 [全文を読む]

真の敵は酒中にあり!? 戦国武将と酒をめぐる喫驚エピソード4つ

サライ.jp / 2017年06月11日17時00分

居城や上杉本陣での飲酒はもちろんのこと、敵の城の前で悠々と盃を傾けたという逸話も存在する。その上、彼の酒の肴はいつも梅干しか味噌だった。戦国時代当時、塩は金にも値した。現代でも熱中症予防には「水と塩」と盛んに言われているが、戦場で身体を動かす者にとって塩は欠かせない。武田信玄は内陸国の太守であるが故に、いつも塩の確保について頭を悩ませていたという。だがそれ [全文を読む]

「綺麗な甘み」が際立つ酒!池田屋酒造『謙信 純米吟醸・五百万石』【今宵の一献 第14回】

サライ.jp / 2016年10月22日17時00分

この塩の道をめぐる有名な戦国時代の逸話が伝えられています。 永禄10年(1567)、甲斐の武田信玄、相模の北条氏康、駿河の今川義元の三者によって結ばれていた和平協定が崩壊します。義元が桶狭間で織田信長に討たれたことで三国の勢力バランスが崩れたのがきっかけでした。 義元亡き後、天下の覇権をねらって動き出した信玄に対して、今川氏真は太平洋側からの塩の輸送をと [全文を読む]

400年の美。なぜ狩野派だけが、天下人の心を捉えたか?

まぐまぐニュース! / 2015年12月20日19時00分

この場所に来たらこの説明して、この逸話を話してなど将来の思いを巡らせながら過去を旅しています。 京都には多くの人に案内したい、その魅力を一緒に訪ねて伝えたいものがいくつもあります。京都は日本人の知識と教養の宝庫です。これからもそのほんの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。 image by: Wikimedia Commons 『おもしろい京都案 [全文を読む]

武田信玄の武勇伝、上杉謙信の美談は嘘だった?謙信、“利益のない”戦いをひたすら続けた謎

Business Journal / 2015年07月08日23時00分

信玄・謙信の両ファンには申し訳ないところですが、両者の戦いに関する数多くの逸話は、虚構ではないですが、かなり誇張して描かれています。実際、2人の合戦史料の多くは江戸時代、しかも吉宗時代である18世紀に記されたものが多いのです。 [全文を読む]

【写真たっぷり】戦国系イケメンにときめく♡舞台「天下統一恋の乱LoveBallad~序章~」ゲネプロレポ

Woman Insight / 2016年10月14日20時10分

それぞれの戦国武将の個性や逸話に合わせた殺陣の演出も、見逃せません! 見所いっぱい、何度見てもまた見たくなる、夢のようなこの舞台。あなたもぜひ、劇場で体感してみてくださいね! ★舞台公式サイトはこちら→ http://www.banchoboys5-stage.com 【あわせて読みたい】 ※イケメン16人大集結!熱すぎる「イケメン付箋」開発裏話を直撃 [全文を読む]

【真田丸】板部岡江雪斎って何て読む?戦国武将の珍名6選

しらべぇ / 2016年06月05日16時15分

半身不随で、その理由は「雷を斬ったため」という勇猛な逸話も伝わる。(5)暴走族の落書き?怒留湯融泉(ぬるゆ・ゆうせん 生没年不詳)戸次鑑連(立花道雪)と同時代の、同じく大友家臣。北九州をめぐる毛利家・大友家の戦いで活躍した。今でも熊本県阿蘇郡に「奴留湯(ぬるゆ)温泉」という共同浴場が残っている。(6)「正解」がない超難問明石全登(あかし・てるずみ/たけのり [全文を読む]

40代男性と行きたい。日本紅葉の名所100選に選ばれたスポット【関東編】

clicccar / 2015年11月10日14時33分

戦国時代の名将でもある上杉謙信がこの景色を見たという逸話があり、そこから名前の由来がきています。 ■長瀞 場所は埼玉県秩父市です。見頃時期は11月中旬~11月下旬。ライン下りと同時に紅葉を楽しめることができ、水面に映る紅葉の景色も魅力的なポイントでもあります。アウトドア派の人にはオススメです。11月14日~29日までは紅葉まつりが開催されているため、紅葉ム [全文を読む]

11/5は「いい男の日」!土方、幸村…歴史上のモテ男から学ぶ『いい男』とは【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年11月05日12時55分

≪モテエピソード≫「生涯を通じて3,733人の女性と交わった」という逸話の持ち主。貴族の女性だけでなく、町娘から91歳の女性まで相手にしたと言われています。彼のエピソードとして有名なのが、藤原氏が天皇に嫁がせるため、文字通り「箱入り娘」として育てていた高子をものにしたこと。他にも、女性の中で最も高貴な人物とされた伊勢神宮の斎王(天皇の代わりに伊勢神宮に仕え [全文を読む]

鬼を殺した刀、長すぎる刀…オタク垂涎あの名刀の仰天伝説!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月30日11時30分

“波泳ぎ”という異名を持つこの刀がなぜマンガやアニメにピッタリかというと、ある逸話があるから。この刀は、相手が斬られたことに気づかないほど鋭い斬撃を放つので、「この刀で斬られた者が川に飛び込んで逃げ、しばらく泳いだあとに首が落ちた、または真っ二つになった」と言われている。このことから、波泳ぎと呼ばれるようになったのだ。嘘のような話だが、戦前は国定教科書にも [全文を読む]

フォーカス