インテリア 箪笥に関するニュース

【27枚フォトレポート】リニューアルしたIDC大塚家具に行ってみました

TABROOM NEWS / 2017年03月17日22時31分

国内大手の家具・インテリアの専門店・IDC大塚家具のフラッグシップショールームである同店。リニューアル前から「日本最大級のインテリアショールーム」でしたが、リニューアルでどう変わったのでしょうか。 また、同店には「アウトレット&リユース プレミアム 有明」が隣接します。有明本社ショールームのリニューアルと同タイミングで開店した、IDC大塚家具の新業態店で [全文を読む]

階段箪笥をアップデート、日本の知恵で生まれた現代版の座れる箪笥が登場

TABROOM NEWS / 2016年12月26日22時30分

種村建具木工所 新作 箱箪笥 / 建具 デザイン:ナカジマミカ(Design Magicaデザイナー) 製品: NEKOMA:戸の一部が左右に開閉し、ペットの通り道や空気を入れ替える機能を持つ建具 MAMORI:戸の一部が上下に開閉し、お年寄りや赤ちゃんの見守り、ペットの出入りに対応する建具 HAKO-DANCE:収納と階段という機能を持つ「階段箪笥」か [全文を読む]

日本の“古道具”を“モダンインテリアへ”、パスザバトン表参道店で可ナル舎がポップアップを開催

FASHION HEADLINE / 2016年12月20日17時00分

【イベント情報】 可ナル舎「つなぐ ~使いながら受け継ぐモノ~」 会場:パスザバトンギャラリー 住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館地下2階 パスザバトン表参道店内 会期:12月29日~17年1月22日 時間:11:00~21:00(日曜日・祝日は20:00まで) [全文を読む]

大塚家具が新たな家具リユースを本格始動

Forbes JAPAN / 2016年09月16日10時00分

総合インテリア販売の大塚家具が、リユース事業に参入するー。いくらエコやエシカルが昨今のトレンドといえども、高級家具を扱うイメージから、さすがに飛躍しすぎでは? そんな疑問も多かったのではないだろうか。会見が行われた有明本社ショールームにはたくさんのメディアが駆けつけ、登場した大塚久美子社長の発言に注目が集まった。「今回私たちが提案するのは、従来のリサイクル [全文を読む]

“かまくら”ペット用ハウス発売!お部屋になじむナチュラルデザイン、職人手作り、愛犬・愛猫も安心な素材を使用

@Press / 2016年04月28日12時00分

株式会社ナチュラルスロー(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐奈 淳也)は、インテリアに溶け込むペット用デザインハウス「KAMAKURA」を2016年4月28日に販売開始いたしました。 製品詳細: http://www.natural-slow.com/#!kamakura/yzx85 【「KAMAKURA」特長】 <インテリアに溶け込むシンプルなデザイン [全文を読む]

大塚家具、クーデター&崩壊の裏側 父娘が容赦ない潰し合い、創業家内も泥沼紛争

Business Journal / 2015年03月05日06時00分

勝久氏は県立春日部高校を卒業後、69年に25歳で家具・インテリア全般を販売する店として大塚家具センター(78年より大塚家具)を設立、社員24名でスタートした。「つくり手の眼で良質な素材、工場や工房を見極めて、価値ある家具を提供」というコンセプトで、創業当時から問屋などの中間業者を介さずに直接取引できる工場を開拓。大規模な倉庫を持って大量に仕入れをし、スケー [全文を読む]

~日本のものづくりを革新し続ける、世界的工業デザイナー~KEN OKUYAMAギャラリーがオープン

PR TIMES / 2014年10月16日12時06分

奥山清行氏率いるKEN OKUYAMA DESIGNが手掛けた作品を一堂に展示 2014年10月18日(土) IDC大塚家具 有明本社・新宿・大阪南港ショールーム総合インテリア販売の株式会社大塚家具(本社:東京都江東区、代表取締役会長兼社長:大塚 勝久)は、株式会社KEN OKUYAMA DESIGN(本社:山形県山形市、代表:奥山清行)監修のもと、IDC [全文を読む]

心地よさに囲まれて生きる、上質なくらしを愉しむ人にオススメしたいスポット【お出掛けまとめ/大人の街ぶら編】

FASHION HEADLINE / 2017年01月10日12時00分

■日本の“古道具”を“モダンインテリアへ”、パスザバトン表参道店で可ナル舎がポップアップを開催 日本の古道具を取扱う“可ナル舎”によるポップアップイベント「つなぐ ~使いながら受け継ぐモノ~」が、1月22日まで表参道ヒルズ内のパスザバトンギャラリー(PASS THE BATON GALLERY)にて開催中。箪笥や蔵戸、猪口や赤絵皿などレトロな小道具を展開 [全文を読む]

都心の一等地で寛ぐひととき「東京ドームホテル」エクセレンシィフロア

IGNITE / 2016年09月04日10時00分

部屋の天井を高く取り、ハイグレードなインテリアで落ち着いた寛ぎの空間。 広いウォークインクローゼットには加湿器やズボンプレッサー、箪笥などがあり長期滞在にも適している。 バスルームはバスタブとは別に、シャワーブースがあるのが嬉しい。 ベッドにはエアウィーブを使用し、快適な眠りを約束している。 窓からは都内を一望。特に夕刻から夜にかけて素晴らしい景色が広が [全文を読む]

美しい佇まいで涼を演出する「夏のくらしの道具展」が銀座三越で開催

FASHION HEADLINE / 2016年07月12日15時00分

その他、藍染による子供用甚平(1万5,000円)、和柄が映える銘仙ラウンドバッグ(2万円)、技と素材が生む端正な山ぶどうバッグ(7万5,000円)、エッジの効いたモダンなデザインが特徴の会津桐下駄(2万7,000円)、手のひらにすっぽり収まる立体文字「願字玉」(1文字/3,300円、2文字/6,600円)、桐箪笥と高蔵染とのコラボレーションによる「二本松 [全文を読む]

何面体!?不思議な形のペット用デザインハウス 夏も湿気のこもりにくい桐素材で職人が手作り 5月13日発売!

@Press / 2016年05月12日12時00分

製品URL: http://www.natural-slow.com/【デザインハウス「NEGURA」「HOKORA」「KAMAKURA」の特長】<インテリアに溶け込むデザイン>職人さんの手でひとつひとつ丁寧に作られたメイドインジャパンのペット用デザインハウスです。ペット用品で主流のポップカラーではなく、素材をそのままに、木のぬくもりを感じるナチュラルなデ [全文を読む]

【幸運アップ?】いま数多の女性たちをトリコにする「こけし」の縁起物パワーとは?

ANGIE / 2016年04月21日19時00分

インテリアの場合も、木材が多く使われると、落ち着きや安心感が得られるといわれますが、木の小物を手にとったり、眺めるだけでも、癒し効果は絶大ですよ。 また、ヨーロッパでは昔からいいことがあると、「Knock on wood」といって、「この幸せが長く続きますように」と木の精霊にお願いをして、近くにある木に触れるというおまじないがあるそうです。 もともとこけ [全文を読む]

本気で欲しいキャンピングカーを選んでみた!「ジャパンキャンピングカーショー」

&GP / 2016年02月28日11時00分

インテリアを豪華にしたものから価格にこだわったものまで様々なので、予算に応じて選ぶことができるのも特徴。 ANNEX「COMPOSER with FAMILY」 ANNEX「COMPOSER with FAMILY」 日産NV350キャラバンの標準ボディをベースにしたコンポーザーシリーズ。ワイドボディにしなかったのは田舎道での利便性を考慮したからとのこと。 [全文を読む]

日本の伝統的なアイテムを特集 京都の老舗“紫織庵”とコラボした“浴衣”や 手仕事が生み出す日本の工芸品など 『DAMA CASA(ダーマ カーサ)2012〔夏号〕』6月1日発行

PR TIMES / 2012年05月24日17時55分

http://www.dinos.co.jp/guide/info/pdf/20120524.pdf【 DAMA CASA(ダーマ カーサ)2012〔夏号〕 発行概要 】■発行日:2012年6月1日 ※年2回(6月・11月)発行■発行部数:36万部 ■総ページ数:168ページ■取扱商品:リラックスウェア、インテリア、家庭用品、キッチンアイテム 食品を中心に [全文を読む]

フォーカス